30年研究して分かった「がん」を防ぐ5つの生活習慣と意外とダメなモノとは?

公開日: : 健康

リスト
イスラエルの医療グループが30年に渡り「がん」と生活習慣についての因果関係を調査しました。「がん」を未然に防ぐ5つの予防リストは、日本人なら納得ですが、意外なモノの過剰摂取はマイナス効果があることが分かりました。

Sponsored link

日本人の三大死因は?

日本人の死亡原因1位は「がん」
2位が心疾患、3位が肺炎です。

さらに、がん患者の3人に1人は
うつ病や適応障害の症状が
みられるとのデーターも
あるようです。

 

転ばぬ咲の杖

やっぱり!未然に防いだ方がいい
ですよね!

そこで、生活習慣ががんの罹患率と
どのように関係するのかイスラエルの
グループが30年にわたって調査した
報告書より考察してみましょう。

やっぱり、がんを防ぐには健康的な
生活習慣が一番!

と言われれば「そんなの当たり前じゃん」
てことですよね。

健康的な生活習慣とは具体的には?

イスラエルの医療グループ
(Tel Aviv University)が
がんと栄養の関係を扱う
専門誌(Nutr Cancer誌)に、

報告したリポートの内容を
見て確認してみます。

イスラエル文書(リポート)!?

研究では、30年間にわたって
生活習慣とがん罹患率との
関連を調べたようです。

1982年の研究開始時に、
健康な男女632名(40-70歳)を
対象に、食事調査や身体活動
などの調査、血圧、体重、身長
血液検査が行われました。

その際、1年以内に「がん」と
診断された13名と極端な
摂取カロリーの4名は
除外されています。

 

24年の追跡調査結果は?
その後、平均24年間の
追跡調査したところ146名
(約24%)が、「がん」
だと明らかになりました。

次に、食事内容などの
生活習慣に関する解析を
行ったところ、比較的
よく野菜を摂っている

グループでは、
ほとんど摂らないグループに
比べて、「がん」のリスクが
38%も低いそうです。

興味深いことに、
果物を多く摂るグループは、
逆にリスクの増加が認めた
らようです。

 

やっぱり、糖質が多いから
なんでしょうか?

果物をあまり多く摂るのは
よくないようですが…
日本では果物って、結構
高いので心配ないか~^^

 

「がん」を防ぐ5つのライフスタイル

イスラエルリポートをまとめて
「がん」を防ぐ生活習慣と
ライフスタイルとしては、
以下の5つがあるようです。

  1. BMIが正常範囲

  2. タバコは吸わない

  3. 食物繊維

  4. 野菜の摂取が多い

  5. 運動習慣

     

     

    が重要であることが分かりました。

 

BMI(Body mass index)とは、

身長の二乗に対する体重の比で体格を表す指数です。 このBMIが男女とも22の時に高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能障害等の有病率が最も低くなるということがわかってきました。 そこでBMI=22となる体重を理想としたのが標準体重です。 BMI 25以上を肥満と判定しています。
 

さらにです!! 

この5つのリストにあるような
健康的な生活習慣・ライフスタイルを
行えば、全がんリスクを37%低下
させると結論しています。 

やることが具体的に分かると
とても心強いですね!

やっぱり、がんを防ぐには、
食べ過ぎに気をつけて、
食物繊維の多い食べ物を食べる。
例えば納豆やほうれん草など…

 

それに野菜をたくさん食べて、
タバコを吸わずに、適度に運動する。

そうそう、フルーツの食べすぎには
注意しましょ^~^う

ここまで書いて思ったのですが、
これって日本人の昔の食生活じゃない~?

どうりで、日本人の平均寿命は世界で
一番なんですね。

やっぱ、「ガン」予防には日本食っすね。

 

「シェアー」お願いし^~^す。

参考サイト

http://www.sibakiyokango.net/entry/2015/08/07/141913
http://www.kenko-msnet.jp/mentalsupport.html
www.uemura-clinic.com/dmlecture/bmi.htm
http://www.mag2.com/p/news/173078?utm_medium=email&utm_source=mag_news_9999&utm_campaign=mag_news_0412
Sponsored Link

関連記事

40過ぎたら運動しても痩せない時間帯があるのを知ってますか?

40歳を超えてると、今までどおりトレーニングしてもあmり痩せないと思いませんか?もしかしたら運動する

記事を読む

パン

コメよりパンは大間違い日本のパンはWHOで使用禁止の添加物のオンパレード

「パン食は身体に悪い」という説がありますがはたして本当なのでしょうか? 食生態学者の山田博士(

記事を読む

中年からのジョギングでも認知症予防に効果あり【米ボストン大報告】

運動は身体にいいと誰もが思っていると思います。実際にアメリカのボストン大学の研究者の調査により、適度

記事を読む

最低6時間寝ないと寿命を12%縮める、身体に起こる問題とは?

夜更かしして遅くまで起きてるいる人は考え直さなければならない理由が発表されました。6時間以下の睡眠し

記事を読む

「コーヒーを飲むと長生きできる?」ダイエット効果・三大疾患・認知症・糖尿病・痛風・うつ予防と代謝率UPまで

コーヒーを嫌いと言うか方は少ないと思いますが、これからは積極的に飲んだほうがいいようです。コーヒーは

記事を読む

LPSは免疫ビタミン「自然免疫力」で 病気やウィルスにならない!

服部栄養学校の校長である、服部先生も推薦している。最近、注目されている免疫力を高める大注目の成分のL

記事を読む

ダントツで日本に認知症と寝たきりが多い理由は血圧に関係がある?!

日本の医者がこぞって血圧を下げる薬を処方したことにより、認知症と寝たきりが多いとの持論をテレビで

記事を読む

発売間近か!?世界初のアンチエージング薬品「若返り薬」NMNは日本とアメリカの大学が共同開発

若返り薬など「夢のまた夢」でしたが、どうやら近い将来現実のものとなりそうな雰囲気です。アメリカと日本

記事を読む

スウェーデンリポート、高齢出産の驚きのメリットとは?ヨーロッパ最新研究結果

高齢出産は、母体と子どもにとっても、リスクが高いと考えられてきましたが、今年の4月に、その説を覆すよ

記事を読む

脳梗塞は早期発見で60%は現状回復!気をつけたい「5つのちょっとした兆候」

脳梗塞、早期発見で60%は現状回復出来るそうです。早期発見するためのちょっとした「5つの兆候」が

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ダントツで日本に認知症と寝たきりが多い理由は血圧に関係がある?!

日本の医者がこぞって血圧を下げる薬を処方したことにより、認知症と寝

60歳でパパになる加納竜32歳年下妻と9月に女児が誕生 

映画「愛と誠 完結編」(1976年)などに出演し、イケメン俳優とし

世界が驚く!日本の創業100年を超える老舗企業の3つの共通点とは?

日本の老舗企業が今なお様々な分野で業界の牽引役となっているのには、理由

次のターゲットは日本!?「水道民営化」を推進するIMFの貧乏人は水を飲むな戦略

IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピン

「見えない税金」の典型こども保険の「拠出金」という名のトリックに騙されるな

小泉進次郎氏ら若手議員らが3月に創設を提言した「こども保険」。すで

→もっと見る

PAGE TOP ↑