オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

健康

スウェーデンリポート、高齢出産の驚きのメリットとは?ヨーロッパ最新研究結果

投稿日:

こぶたちゃん

高齢出産は、母体と子どもにとっても、リスクが高いと考えられてきましたが、今年の4月に、その説を覆すような「高齢出産のメリット」を証明する研究結果が発表されました。実際メリットとは何なんでしょうか?

Sponsored Link
Sponsored Link

高齢出産のリスク

高齢出産の具体的なリスクとは…
流産、卵子の老化に伴うダウン症、その他の先天異常や、早産、難産など言われていす。

近年、共働きや晩婚化が進むみ、高齢出産を考えている人も多いと思います。

 

肯定的報告、ヨーロッパの研究者によって、

40代以降の高齢の母親から生まれる子どもは、出産適齢期の母親から生まれた子どもよりも、背が高く、健康に育ち、より教育を受ける確率が高い」という研究結果が発表されました。

 

英テレグラフによると、

この研究は、1960年代から1991年までに生まれた150万人のスウェーデンの男女のデータをもとにおこなわれました。例えば、1950年生まれの女性が1970年に20歳で出産し、1990年に40歳で出産すると仮定します。

結果は..

この20年の間におきた環境の変化による影響を受け、後に生まれた子どもが先に生まれた子どもよりもより教育を受ける環境にあり、健康に育つ確率が高いというものです。

 

ユーザーからの反応は?

「私の場合、38歳と40歳の時に子供を産みました。今子供たちは27歳、25歳だけど、元気にやってるよ。今の65歳はとても若いと思う」

 

「子供を若くして産んだ親は一般的に教育を受けていない人が多いと思います。もちろんすべての人がそうではないけど、大部分はそうかも。高齢出産のママたちはより教育を受けている人が多いし、その子供も然り」

 

 「自分の経験から、個人的には29歳でママになるっていうのがちょうどいいかも」

 

たしかに、20歳と40歳では実社会における経験値や、経済力、家庭環境などもかなり異なりそうですね。

こういった観点で考えてみると、高齢出産にはリスクだけでなくポジティブな要素もあると言えるのかもしれません。

「子どもを持ちたいけれど、高齢出産はちょっと心配」と思っている方は、生まれてくる子どもへの先天性の健康のリスクだけでなく、親として後天的に与えられるメリットにも目を向けてみると良いかもしれませんね。

Sponsored Link

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中年からのジョギングでも認知症予防に効果あり【米ボストン大報告】

運動は身体にいいと誰もが思っていると思います。実際にアメリカのボストン大学の研究者の調査により、適度な運動は認知症の予防になると発表がありました。適度の運動とはどのようなものか調べてみました。

最低6時間寝ないと寿命を12%縮める、身体に起こる問題とは?

夜更かしして遅くまで起きてるいる人は考え直さなければならない理由が発表されました。6時間以下の睡眠しかとらないと寿命が12%縮まるそうです。

30年研究して分かった「がん」を防ぐ5つの生活習慣と意外とダメなモノとは?

イスラエルの医療グループが30年に渡り「がん」と生活習慣についての因果関係を調査しました。「がん」を未然に防ぐ5つの予防リストは、日本人なら納得ですが、意外なモノの過剰摂取はマイナス効果があることが分 …

「コーヒーを飲むと長生きできる?」ダイエット効果・三大疾患・認知症・糖尿病・痛風・うつ予防と代謝率UPまで

コーヒーを嫌いと言うか方は少ないと思いますが、これからは積極的に飲んだほうがいいようです。

LPSは免疫ビタミン「自然免疫力」で 病気やウィルスにならない!

服部栄養学校の校長である、服部先生も推薦している。最近、注目されている免疫力を高める大注目の成分のLPSについて調べてみました。

Sponsored Link