オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

健康

最低6時間寝ないと寿命を12%縮める、身体に起こる問題とは?

投稿日:

6時間睡眠

夜更かしして遅くまで起きてるいる人は考え直さなければならない理由が発表されました。6時間以下の睡眠しかとらないと寿命が12%縮まるそうです。また睡眠不足は糖尿病、肥満、そして心臓病の原因を引き起こすとも言われています。
Sponsored Link

イギリス催眠研究所

「睡眠不足は病気の原因を増大させる」とイギリス催眠研究所( the British Sleep Council )のリサ・アルティスさんは言っています。

充分な睡眠をとらないことよる問題を指摘し、人々は睡眠について軽視する傾向にあるそうです。

5種類のフルーツや野菜を採った方が身体にいいと皆さんよく言いますが、それと同じくらい睡眠が大切だとの認識が不足しています。

 

ダイエットスリープ

ダイエットスリープは、色々な問題を引き起こす原因とされており、一般的よりも小さい子供に育ったり、健康的に障害を持つ場合が多い。

たまに寝不足である場合は問題ありませんが、それが慢性的に続くと不整脈や血圧を上げるとの研究が発表されています。

 

睡眠の質を良くするコツ

  • 肉や魚、穀類などの主食や、乳製品、豆類を朝食や昼食にしっかり摂る。
  • 寝る3時間前に食事を済ませ、脂っこいものは控える。
  • 寝る前にアルコール、カフェイン、ニコチンは摂らない。
  • 神経を落ち着かせるカルシウムを含んだホットミルクや豆乳などを飲む。
  • 香りがよく、リラックス効果のあるカフェインレスのハーブティーもお勧め。
  • 入浴は38度のお湯に20分程度浸かり、寝る1時間前までに済ませる。
  • 寝る前に軽くストレッチを行う。
  • テレビやパソコンは早めに消す。
  • 室温は夏26~28℃、冬16~19℃、湿度は通年50~60%が最適。
  • 窓から音や光が入らないよう厚手のカーテンをしっかり閉める。
    参照:http://nurse-web.jp/suimin/shortsleeper0728/
Sponsored Link

寝不足解消キャンペーン

イギリス公共衛生局は、

白髪になって心臓病で倒れる前に睡眠不足を解消しよう!

20%~30%の老化は生物学的な原因であるが、残りは積極的に管理及び予防が出来るとし、特に40歳から60歳の人々は睡眠管理を積極的に導入する必要があるとしている。

まとめ

「昔から寝る子は育つ」と言われているように良質な睡眠をとって健康で元気に長生きしましょう!

Sponsored Link

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

えっハワイ!?ジカ熱ウイルス異常気象でエリア拡大?

熱帯地域特有の伝染病ジカ熱ウイルスが世界的な気候変動の影響で流行エリアを拡大。昨年5月以前はイースター島だけだったウイルスが現在は中南米14カ国に広がっています。このような状況を受けて米国航空会社は、 …

【画像】実際に10才以上若く見える人の身体特徴と生活習慣

見た目が10以上若く見える人達に共通する身体的特徴と日常生活で気をつけてる事とは?

「コーヒーを飲むと長生きできる?」ダイエット効果・三大疾患・認知症・糖尿病・痛風・うつ予防と代謝率UPまで

コーヒーを嫌いと言うか方は少ないと思いますが、これからは積極的に飲んだほうがいいようです。

自閉症は薬で治せる?!東京大学の研究で自閉症の原因とされる遺伝子の特定に成功!

東京大学は3月16日、東京大学分子細胞生物学研究所の中村勉講師らの研究グループが、ヤコブセン症候群患者が発症する自閉症の原因は、脳の神経細胞の活動を抑えるタンパク質「PX-RICS」だと特定したこと発 …

30年研究して分かった「がん」を防ぐ5つの生活習慣と意外とダメなモノとは?

イスラエルの医療グループが30年に渡り「がん」と生活習慣についての因果関係を調査しました。「がん」を未然に防ぐ5つの予防リストは、日本人なら納得ですが、意外なモノの過剰摂取はマイナス効果があることが分 …

Sponsored Link