Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

お金

生命保険で「贈与税」を安くする税務署も気付いていない裏ワザ

投稿日:2016年11月21日 更新日:

相続税

生命保険で「贈与税」を安くする方法があります。満期になるまでの一定期間には、ほとんど解約返戻金がない生命保険を使うことです。
Sponsored Link
Sponsored Link

生命保険は保険金の額が相続税の対象

例えば資産家が自分ではなく、他の誰かを対象にして保険に加入した場合、
受取人が資産家となっていた場合は、資産家が死亡した時点での
解約返戻金」が相続税の対象となります。

ゆえに、解約返戻金がゼロに近い生命保険を遺産として残しておけば、
相続税はほとんどかからないというのが、この裏技のポイントです。

そして、満期になれば、多額な返戻金がもらえるのです。

しかし、この生命保険には弱点があります。

相続税としての資産価値がゼロに近くなり、含み益が大きくなる期間は、
非常に短い期間しかないというのが、このスキームの弱点です。

加入してすぐのときには、保険の未経過期間が長く、前納した掛け金は
保険の掛け金」ではなく単なる「前払い金」とみなされます。
そうすると資産を小さくすることは出来ず節税出来ません。

保険の満期が来る直前には、90%以上の資産が目減り出来ますが、
満期が来れば返戻金は満額になってしまい節税効果がありません。

 

この欠点を補完する裏ワザもあります。

それは、被相続人が死亡する前に、生命保険を「生前贈与」することです。
つまりは、生命保険の受取人を、資産家から資産家の親族等に変更します。

もちろん、生命保険の譲渡をする際にも、当然、贈与税がかかりますが、
この生命保険は、加入して満期が来るまでの間は、解約返戻金が
非常に低くなります。

ゆえに、解約返戻金が非常に低い時期に贈与すれば
贈与税はほとんどかからなくなります

たとえば、15年満期で掛け金5,000万円の生命保険に加入します。この生命保険は、加入してから14年目くらいまでは、解約返戻金がゼロに近くいので、加入14年目に息子に贈与します。
すると、この生命保険の贈与税の対象となる資産価値はほとんどありませ。ゆえに贈与税はほとんどかかりません

翌年、満期になると、5,000万円の返戻金がもらえます。
つまり、5,000万円をほとんど無税で贈与することが可能です。

なぜ、14年目に贈与するのか?

保険に加入して2~3年目など早い段階で贈与してしまうと、
保険期間未経過の前払い保険料が大きな額となり、
贈与税の対象にまります。

ところが、満期直前であれば、保険期間未経過の前払い保険料もほとんどありません
ゆえに、前述したように満期15年であれば14年目に贈与することにより、相続税など
ほとんど払わなくて済むのです。

もし税務当局が、これに気付けば、対応策を考えるかも知れません。

Sponsored Link

-お金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日本の現状で借金をなくすなら消費税は13%!?日本を厳しい現実が待っている

「アベノミクスで日本経済を成長させ、財政を立て直し、2020年までの黒字化を目指すという政府の目論見は夢と消えたようです。「日本の借金は膨らむ一方で、現状で借金をなくすとしたら消費税は13%ほどになる …

「資産1億円」の正体は2対8の法則。富裕層はマインドセットが強い即断即決型

 米国の一流大学の研究によると、経済的にも精神的にも大成功する「トップ3%」の人たちと、それに続く10%の人たちの間に、性格や資質面で大きな違いはあまりないとのことです。では、いったい何が成功と失敗の …

【孫養子】資産数十億のビートたけしが目を付けた「相続税対策」のカラクリに納得

画像:オフィス北野 ビートたけしさんが孫を養子にすることで話題になりましたが、孫を養子にするメリットを調べてみました。 Related posts: リーマンショックの1.5倍「タンス預金」が急増する …

キーワードはテクノロジー。「国家の転覆」は誰にも止められない

2017年もあと3週間ほど。今年は去年までとはまったく異なる「3つの大きな変化」が起こりました。1つずつ解説しながら、その根底にある共通項を探ります。 去年までとまったく異なる「3つの変化」 早いもの …

ブロックチェーンという次世代型金融イノベーションは核弾頭並みのインパクト

日本人は貯蓄を美徳として、お年玉もボーナスも貯めることが美徳と考え来ましたが、「貯める」=「万が一の時に対処できる」という考え方が根底から覆がるかも知れない状況が待ち受けているようです。 日本人はブロ …

Sponsored Link