Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

杉原愛子選手、平均台でE難度の新技つま先立ち2回ターンを成功させる

スポーツ

体操の豊田国際最終日が11日、愛知・スカイホール豊田であり、平均台では、リオ五輪代表の杉原愛子(朝日生命)が国際体操連盟の採点規則に掲載されていない新技を成功させました。
Sponsored Link
Sponsored Link

つま先立ち2回ターン

幅わずか10センチの平均台で杉原選手は左足でつま先立ちをして、右足を顔の前で持った状態で2回ターン、勢い余って少々回りすぎましたが、E難度の大技を見事に決めました。

この杉原選手のオリジナルの技「つま先立ち2回ターン」を日本体操協会はすぐさま国際体操連盟に新技として申請しました。

認められれば、国際大会で初めて成功した選手という勲章を得られるそうです。

男子と違って女子は新技に初成功者の名前がつかない傾向はあるようですが、杉原選手は新技の名前について、自分の名前がつくかについてはあまり気にすることなく「成功してすごくうれしい」とトレードマークの笑顔で語っていました。

17歳という、若いからでしょうが、杉原選手は疲労とは無縁のようで、団体4位に貢献したリオ五輪後も、試合続きの中で技の習得に励んだようです。

この日の平均台は宙返りで落下してしまい4位になりましたが、「それも経験。挑戦したことが収穫」と前向きなコメントを残しています。

伸び盛りの杉原選手にとっては、1年を締めくくる大会が、始まりの一歩となってとても嬉しそうでした。

他の選手の結果

  • 男子の跳馬では、リオデジャネイロ五輪でこの種目の銅メダルに輝いた白井健三(日体大)が2連覇しました。
  • 平行棒はリオ五輪団体総合金メダリストの山室光史(コナミスポーツ)が初優勝しました。
  • リオ五輪で団体、個人総合を制した内村航平さんは残念なことに左肩の故障で欠場しました。
  • 女子はリオ五輪代表の村上茉愛(まい、日体大)が平均台とゆかで優勝しました。
Sponsored Link
Sponsored Link

コメント