東京オリンピックまで価格が上昇しないかも知れない「将来がちょい危ない街」 とは!?

公開日: : ビジネス

少子高齢化が進む日本では、売るに売れない空き家や老朽化したマンションが増えているようです。2017年はこの動きが加速する傾向にあるとみられています。


 

「今、住宅ローンは1%未満で借りられます。『借りなきゃ損』という風潮がありますが、専門家の意見によると非常に危険のようですね。

 

低金利ローンが危険な理由は?

ローンを組めば、わずかとはいえ金利を払うわけだし、借金もできると考えがちですが、不動産バブル崩壊の予兆がある現在はローンを組むのは危険なようです。

では、具体的にその理由を考えてみましょう。

最近話題になっている高齢者ドライバーの事故ですが、車がないと生活出来ない地方生活者と東京近郊に住んでいるが駅から遠かったり、バスの本数が少なく不便だったりする区域に生活している高齢者がとても多くなっているようです。

「若い頃は何の問題もなく往復出来た駅と家。それが今ではバスに乗らないと億劫になった。
そんな方々が
2020年の東京五輪の前に社会問題化する恐れがあります。

 

『駅から遠く不便な将来が危ない街』

そんな視点で該当する一つが『千葉ニュータウン』のようが大規模開発の地域ではないでしょうか。今も新しいマンションの供給がどんどん続き、住みやすさランキングでも上位に位置していますが、需要と供給のバランスが大幅に崩れるようなよう傾向にあります。

今後、10年から15年後には徒歩数分の駅近物件でも買い手がつかなくなる可能性が専門家らが指摘しています。

なぜならば?

日本はこれから人口減少が急速に進みます。需要と供給のバランスの欠いた地域の住宅価格も家賃もどんどん下がっていく傾向にあります。

都心の利便性の高い地域の家賃が下がり駅に近い物件があれば、片道1時間以上、交通費1000円もかけて東京まで通う理由は見当たらなくなります。

 

多摩ニュータウン、港北ニュータウンは?

上記と同じ理由で多摩ニュータウン、港北ニュータウンなどの将来もバランスが悪くなる恐れがあります。一方で最近、若い世代に人気のある『越谷レイクタウン』や大学の町として有名な『柏の葉国際キャンパスタウン』といった新興系のニュータウンはどうでしょうか?

 

新築3LDKで80㎡駅近3000万円台

近くに映画館や大型ショッピングモールもあり、価格もお手ごろで子育てにやさしい町をスローガンに掲げています。確かに価格や住環境はベストから知れませんが、都心まで通勤に1時間もかかる点は古くからあるニュータウンとやり変わりが一緒です。

今35年ローンで買えば、恐らく20年後、資産価値よりもローン残高が上回る“逆ザヤ状態”になってしまう可能性も否定できません。

新市場移転で注目の豊洲の10年後は?

それならば都内の物件を探せばいいと「手持ちの予算で買えそうだ」と足立区や墨田区の建売等の物件に飛びつくのは少し考慮した方がいいでしょう。人口減少に比べで過剰供給による歪で住宅価格は下がります。安くて便利であれば、今度は一度は住んでみたい待ちを選ぶのが住宅選びの基本パターンです。これらの理由により、北千住や綾瀬は暮らしやすく便利な街ですが、将来、高値で売却できるとは限りません。

街は“ブランドイメージ”も大切です。

ならば、オリンピックで盛り上がるエリアの江東区の湾岸エリアの物件も警戒した方がよさそうです。その理由は、東京五輪開催が決まった直後から始まった局地バブルはハジけつつあります。

とくに交通手段が『ゆりかもめ』しかない有明のタワーマンションは避けた方が無難です。

『ゆりかもめ』は不動産業界では『バス便』扱いです。新市場移転で注目を浴びているお隣の豊洲も、有楽町線がありますが、決して便利な場所ではありませんので10年後はどうなっていることか……。

二子玉川、成城学園、千歳烏山といった“住みたい街”の上位にランクインする街も、駅に近い物件なら狙い目ですが、駅から徒歩15分近く離れた物件は価格がガクンと下がるので注意が必要です。

 

空き家が空き家をよぶ

空き家のある街は、不人気となり、価格が下がり、さらに空き家が増えるという悪循環に陥りやすくなります。不動産の資産価値は9割が立地で決まると言われています。

どの『街』を選ぶかは極めて大切です。

Sponsored Link

関連記事

前はよく聞いていた「石油はあと30年でなくなる」を最近聞かないワケ

「ホンマでっか!?TV」にも出演している中部大学の武田邦彦先生が自身のメルマガで実際に石油などの地下

記事を読む

「資産1億円」の正体は2対8の法則。富裕層はマインドセットが強い即断即決型

 米国の一流大学の研究によると、経済的にも精神的にも大成功する「トップ3%」の人たちと、それに続く1

記事を読む

人間がAIに敗れる最短の世界に訪れるシンギュラリティ(技術的特異点)

人間の能力を凌ぐ人工知能の開発に莫大な資金力を注ぐヘッジファンド業界は、AI開発の最前線の一つとなり

記事を読む

疑似体験?通販番組QVCの女性を虜にするスゴイ売り方!?

デジタル化の進行によりテレビを視聴する人が減少する中で、2014年の売上高は962億円と安定した売り

記事を読む

世界最高の棋士がAIに1勝4敗、人間が唯一勝てるモノとは?

出典:http://www.unilad.co.ukAIのアルファ碁が世界最高の棋士イ・セドル9段を

記事を読む

「情報革命」の次は!?アメリカ進出でソフトバンク孫社長が抱く「カジノ参画」の野望

ソフトバンクグループの孫正義社長が6日、トランプ次期米大統領と電撃会談をし、米国での事業拡大戦略を日

記事を読む

アマゾンのAI食料品店『Amazon Go』は店舗ビジネスのパイオニアになる?!

AIを活用したリアル店舗は、1995年から約10年かかったオンラインショッピングのアマゾンよりも、は

記事を読む

ジム・ロジャーズは、体制崩壊後の北朝鮮に何を見ているのか?

北朝鮮と米国の軍事衝突リスクが高まり「外部崩壊」の危機に直面していますが、世界三大投資家のひとりジム

記事を読む

マイナス金利の導入って…投資の神様ウォーレンバフェットも先行き不安

1月29日にマイナス金利政策が導入されて一ヶ月が過ぎましたが、何となく分かったようで分からない感じの

記事を読む

年収1,000万円でも貧乏生活!高額所得者が陥りやす3つの勘違いとは?

給与所得者の4%が年収1,000万以上と言いわれており、サラリーマンで言えば勝ち組に入りますが...

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

世界が驚く!日本の創業100年を超える老舗企業の3つの共通点とは?

日本の老舗企業が今なお様々な分野で業界の牽引役となっているのには、理由

次のターゲットは日本!?「水道民営化」を推進するIMFの貧乏人は水を飲むな戦略

IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピン

「見えない税金」の典型こども保険の「拠出金」という名のトリックに騙されるな

小泉進次郎氏ら若手議員らが3月に創設を提言した「こども保険」。すで

「税金は取れるときに取っておきたい」という「政治家や官僚の本能」とは?

テレビで御馴染みの武田邦彦先生が、「なぜ政府は国民から税金を騙し取るよ

ジム・ロジャーズは、体制崩壊後の北朝鮮に何を見ているのか?

北朝鮮と米国の軍事衝突リスクが高まり「外部崩壊」の危機に直面しています

→もっと見る

PAGE TOP ↑