「見えない税金」の典型こども保険の「拠出金」という名のトリックに騙されるな

公開日: : お金

小泉進次郎氏ら若手議員らが3月に創設を提言した「こども保険」。すでにかなり高額の子育て支援のための社会保険料を支払わされていると、衝撃の事実を明かしています。


こども保険に騙されるな!!

今年の3月、自民党の小泉進次郎衆議院議員を中心とした若手議員たちから「こども保険構想」なるものが発表されました。

この構想は、「年金医療介護には社会保険があるが子育てには社会保険がない」として、子どもが必要な保育や教育などを受けるための新たな社会保険をつくろうということです。

 

具体的には?

当面の案として、

  1. 企業と働く人から賃金の0.1%ずつの保険料を集める。
    国民年金の加入者の場合、月160円を徴収

  2. 「こども保険」によって、およそ3,400億円の財源が確保でき、児童手当に上乗せする場合、子ども1人当たり月5,000円を加算できるということです。
  3. そして、この「こども保険」により、待機児童問題なども解消するということです。

 

しかし、騙されてはいけません

というのも、我々は、この手の論法で、これまで散々、負担を増やされてきたのです。

「年金、医療、介護には社会保険があるが、子育てには社会保険がない」というのは、大嘘です
実は、子育て支援のための社会保険は、すでに払わされています

それも、かなり高額です

 

子供子育て拠出金

現在、サラリーマンは「子供子育て拠出金」という「税金」を払わされています。

この「子供子育て拠出金」は、もともとは児童手当拠出金と言われていたものです。

しかし、2015年に、子供子育て支援法という法律ができて、「子供子育て拠出金」という名称になったのです。

この「子供子育て拠出金」は、日本全国の事業所(会社や個人商店など)で、従業員に賃金を支払う場合に、その賃金の額に応じて拠出するものです。従業員に子供がいようといまいと関係なく徴収されます。

この「子供子育て拠出金」は、事業所が負担するということになっています。

しかし、事業所から見れば、人を雇った時にかかる経費の一部であり、人件費として支払うわけです。

本来、サラリーマンがもらえる分が削られるということです。

実質的にサラリーマンが負担しているのと同様なのです。

 

事業者負担で分からない

「見えない税金

しかし、形式の上では、事業者が負担するということになっています。

ゆえに、サラリーマンは自分がそういうものを間接的に負担していることすら知らないのです。

まさに「見えない税金」といえます。

 

わずか5年でほぼ倍増

しかも、この「子供子育て拠出金」は近年になって、拠出率が急上昇しているのです。

2012年3月以前には、0.13%だったものが、2017年には0.23%になっているのです。

 

つまり、0.1%の「こども保険」を徴収される前に、すでに同様の主旨で0.23%も徴収されているのです。

年収500万円の人は年間1万円以上取られることになります。

「子供子育て拠出金」の拠出率の推移

  • 2012年3月以前:0.13%
  • 2012年4月以降:0.15%
  • 2016年4月以降:0.20%
  • 2017年:0.23%(予定)

 

なぜ、これについて誰も文句を言わないのでしょうか?

そこには徴税側のトリックがあるのです。

「子供子育て拠出金」は税という文言を使う事を巧みに避けています

国民は税という言葉には敏感に反応しますが、税という名称がついてなければ鈍感なところがあります。

 

拠出金というトリック!?

もし「新たに税を年間1万円徴収する」ということになれば、国民は大反発しますが、拠出金という名目にすればスルーしてしまうのです。

しかも、この拠出金は、国民が直接払うのではなく、事業者が負担するという形態になっています。国民からは見えにくく、ほとんど誰も知らないという事態になっているのです。

昨今、こういう負担増が、国民の知らない間に、あちこちで行われています。

社会保険の掛け金も知らぬ前に、増額され、その一部は官僚によってピンハネされています

 

公共料金も世界的に見て異常に高い

まま、下がる気配はありません。
日本は、表面的な税金は決して高くはありませんが、国民のわかりにくいところで、巧妙に負担を増やしているのです。つまり「見えない税金が急増しているのです。

 

見えない税金

しかも、これらの「見えない税金」は、本当に、子育て支援や高齢化社会のために使われているのではありません。これらの見えない税金は、世界的に見ても、相当な負担額なのです。

本来ならば、社会保障、社会福祉は、普通の税収で十分に賄えるはずなのです。

しかし、待機児童問題はまったく解消されませんでした。

近年の日本は、必要な手当てを怠り、財政を極度に悪化させ、少子高齢化の備えもまったくしてきませんでした。そのツケを見えない税金でカバーしようとしているのです。

 

子供子育て拠出金

小泉氏らのグループは、おそらく「子供子育て拠出金」を知らなかったものと思われます

もし知っているのに知らないふりをして、さらにこども保険をつくろうとしているのなら、国民から二重取りしようとしたわけです。

小泉氏はそこまでの悪党ではないようです。

しかし、そういう基本的な知識もない連中が国政を担っているということなのです。

いずれにしろ、日本は深刻な事態にいるのです。

Sponsored Link

関連記事

【孫養子】資産数十億のビートたけしが目を付けた「相続税対策」のカラクリに納得

画像:オフィス北野ビートたけしさんが孫を養子にすることで話題になりましたが、孫を養子にするメリットを

記事を読む

すべては投資で出来ている~カリスマ・ファンドマネージャーが明かす投資術

今、どんな株を買えば儲かるのか、最新の情報を聞きに大手証券会社が開く資産運用フェアに2日間で1万人が

記事を読む

日本経済が破滅すると予想するジム・ロジャーズの最大の理由?!

2016年12月3日、ジム・ロジャーズの講演会が東京ビックサイトでありました。その講演で安部のミ

記事を読む

日本の現状で借金をなくすなら消費税は13%!?日本を厳しい現実が待っている

「アベノミクスで日本経済を成長させ、財政を立て直し、2020年までの黒字化を目指すという政府の目

記事を読む

お金が貯まらない原因は?自分に理由が「資産1億円」を実現するたった1つのこと

もしも「資産1億円を達成しよう」と決意したとき、まず、何をしなければならないと思いますか? 資

記事を読む

ジム・ロジャーズの未来予想図では韓国と北朝鮮はドイツと東ドイツに似てる

北朝鮮がミサイル発射や核実験を強行し、日本を含む周辺国への挑発行為を続けています。一方、冒険投資家の

記事を読む

「税金は取れるときに取っておきたい」という「政治家や官僚の本能」とは?

テレビで御馴染みの武田邦彦先生が、「なぜ政府は国民から税金を騙し取るようになったのか?」と財務省が国

記事を読む

生命保険で「贈与税」を安くする税務署も気付いていない裏ワザ

生命保険で「贈与税」を安くする方法があります。満期になるまでの一定期間には、ほとんど解約返戻金がない

記事を読む

「資産1億円」の正体は2対8の法則。富裕層はマインドセットが強い即断即決型

 米国の一流大学の研究によると、経済的にも精神的にも大成功する「トップ3%」の人たちと、それに続く1

記事を読む

落し物が過去最高「36億円」素直でまじめで貧乏になっている日本人

昨年、都内に落し物として届けられた現金は約36億7,000万円で、バブル期の最高記録35億円を抜きま

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

世界が驚く!日本の創業100年を超える老舗企業の3つの共通点とは?

日本の老舗企業が今なお様々な分野で業界の牽引役となっているのには、理由

次のターゲットは日本!?「水道民営化」を推進するIMFの貧乏人は水を飲むな戦略

IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピン

「見えない税金」の典型こども保険の「拠出金」という名のトリックに騙されるな

小泉進次郎氏ら若手議員らが3月に創設を提言した「こども保険」。すで

「税金は取れるときに取っておきたい」という「政治家や官僚の本能」とは?

テレビで御馴染みの武田邦彦先生が、「なぜ政府は国民から税金を騙し取るよ

ジム・ロジャーズは、体制崩壊後の北朝鮮に何を見ているのか?

北朝鮮と米国の軍事衝突リスクが高まり「外部崩壊」の危機に直面しています

→もっと見る

PAGE TOP ↑