オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

お金

「税金は取れるときに取っておきたい」という「政治家や官僚の本能」とは?

投稿日:

テレビで御馴染みの武田邦彦先生が、「なぜ政府は国民から税金を騙し取るようになったのか?」と財務省が国民から税金を騙し取る「からくり」について明かしています。

なぜ国民から税金を騙し取るのか?

日本の政府、企業、そして海外には私たちが働いて得たお金が推計で1000兆円もあり、それを「返して」もらえば、私たちの貯金は夫婦で2000万円を越え、もっと豊かな人生を送ることができるはずなのです。

 

Sponsored Link

それが分かっても現在の日本人は

「政治はどうせそんなことをしてくれない」と信じています。

だから、日本人は政治に期待せず、衆議院議員選挙ですら投票率は53%にしか過ぎません。

ヨーロッパとの投票率を比較しても…

  • 日本の投票率53%
  • スウェーデンの投票率83%
  • ドイツの85%

「だれに投票しても、お金は返ってこない」と政治家に対する信頼感が不足しているからです。

地方選挙では京都市長選の16%のように、「ほとんどの市民が投票しない」というところまで来ているのです。

 

なぜ政府は欺したのでしょうか?

政治に対して日本国民があきらめていることが、政治を悪くするし、お金も戻ってこない。

財務省が虚偽を言ってNHKが追従するというようなことを現実にしているのです。

 

本来は国民の味方

政治家も官僚も基本的には国民の公僕ですから、国民のために行動するはずです。

NHKも受信者の受信料で給料をもらっているのですから、本来は国民の味方のはずなのです。

 

第1の理由は、

「税金は取れるときに取っておきたい」という政治家や官僚の本能」です。

脱税や税金逃れが多いとは言っても、日本の国税庁はきわめて優秀で、国民からとるべき税金はかなり正確にとっています。

1990年代に年金の記載間違いが5000万件もあったことと比較すると、当時の社会保険庁と税務署の力の差をしめしたことになりました。

 

物価のスライドに合わせて上がる税金

物価は少しずつ上がるので、税金も少なくとも物価にスライドして上げていきたいし、各省庁から要求されるお金は常に不足気味です。

 

常に「税金を増やしたい」という欲求がある

そのためには「政治家を説得してなんとか誤魔化してでも増税する」というチャンスを伺う必要があります。

 

財務省としては千載一遇のチャンス

「社会福祉と税の一体改革」というまったく意味の無い説明を国民にして増税に成功したのです。

これにNHKがなぜ追従したのかは明らかではありませんが、NHKの予算は政府が決めるので「受信料を払う国民ではなく、予算を決める政府の方を向いたと考えられます。

 

なぜ通貨を発行して国債を解消しないのか?

第2の理由は、

大きな金融政策として、政府の借金国債などを日銀の通貨発行権を使って解消するということに躊躇したからでしょう。

政府(日銀…政府と日銀は親会社と子会社の関係)は通貨発行権を持っています。

たとえば1000兆円の国債を返すのに長期的に同額の通貨を発行して国債の分を元に戻すことができます。

これには日本の経済の状態や外国との関係で円の信頼性が傷つく可能性があり、なかなか踏み切れませんでした。

 

特に、現在の黒田日銀総裁までは

日銀は通貨量を制限することでインフレを避け正常な経済発展を可能にすることができるとしていました。

 

Sponsored Link

成熟した日本社会

しかし現在の状態を見ると、日本がまだ発展途上で国民が「よりよい生活をしたい」と必死に働くような環境ならば有効です。

すでに成熟した日本社会では、民間の発展の力が弱ったときや、物に対する欲求が低くなって設備投資が少なくなったときには有効ではなかったのです。

 

奇妙な現象」の理由

国民の努力によって社会的な価値の蓄積は増えているのに通貨は増えないのです。

歪んだ社会になります。

それが高度成長の時の日本とまったく違い、社長と臨時社員の給料の差がものすごく開いたり、失業率が低くても賃金が上がらないなどの「奇妙な現象」となって表れたのです。

ゆえに

仕事は忙しく残業も増え、電車も以前に増して満員…

でも、その対価としての幸福感や将来に対する明るい気落ちになれないの実感となっているようです。

Sponsored Link

-お金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本の現状で借金をなくすなら消費税は13%!?日本を厳しい現実が待っている

「アベノミクスで日本経済を成長させ、財政を立て直し、2020年までの黒字化を目指すという政府の目論見は夢と消えたようです。「日本の借金は膨らむ一方で、現状で借金をなくすとしたら消費税は13%ほどになる …

ジム・ロジャーズの未来予想図では韓国と北朝鮮はドイツと東ドイツに似てる

北朝鮮がミサイル発射や核実験を強行し、日本を含む周辺国への挑発行為を続けています。一方、冒険投資家のジム・ロジャーズは「今、最も有望な投資先は北朝鮮だ」「数年以内に北朝鮮と韓国は統合する」との意外な主 …

生命保険で「贈与税」を安くする税務署も気付いていない裏ワザ

生命保険で「贈与税」を安くする方法があります。満期になるまでの一定期間には、ほとんど解約返戻金がない生命保険を使うことです。 生命保険は保険金の額が相続税の対象 例えば資産家が自分ではなく、他の誰かを …

成城でも日高屋でないとテナントが入らない?!デフレ加速で日本経済が失速している

ラーメンチェーンの「幸楽苑」が52店舗の大量閉店を発表。これまでデフレ下で出店を加速させてきた幸楽苑。メニューは400円台から500円台が中心です。人件費の上昇や原料高による採算の悪化という理由が、果 …

「見えない税金」の典型こども保険の「拠出金」という名のトリックに騙されるな

小泉進次郎氏ら若手議員らが3月に創設を提言した「こども保険」。すでにかなり高額の子育て支援のための社会保険料を支払わされていると、衝撃の事実を明かしています。 こども保険に騙されるな!! 今年の3月、 …

Sponsored Link