オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

ニュース

「最強パスポートランキング2018」が発表日本は世界1位!意外にも北朝鮮40カ国のビザ免除

投稿日:

ビザなしで渡航可能な国をランク付けした『最強パスポートランキング』の最新版が公開され、日本のパスポートが世界最強ナンバーワンに輝きました!過去四年間の順位と今年1位になった理由は?


Sponsored Link

日本とシンガポールが第1位

日本とシンガポールのパスポートは、ビザなしで渡航できる国がそれぞれ180カ国と最も多く、2位のドイツの179カ国を抜いてトップに立ちました。

ランキングは市民権や永住権の取得支援を手掛けるヘンリー&パートナーズがパスポートインデックスというタイトルのリポートでまとめもので、日本がNO.1になったのは今年の2月版の報告書です。

日本の戦績(過去4年間)

2014年から2017までの過去4年間、日本は3,4,5位を上下していました。そして、一位は、フィンランドやドイツ、イギリスなどのヨーロッパ勢

「2014年」日本は4位

  1. フィンランド、スウェーデン、イギリス(173カ国)
  2. デンマーク、ドイツ、アメリカ合衆国、ルクセンブルグ(172カ国)
  3. ベルギー、イタリア、オランダ(171カ国)
  4. カナダ、フランス、アイルランド、日本、ノルウェー、ポルトガル、スペイン(170カ国)

「2015年」日本は3位

  1. フィンランド、ドイツ、スウェーデン、アメリカ合衆国、イギリス(174カ国)
  2. デンマーク、カナダ(173カ国)
  3. ベルギー、フランス、イタリア、日本、韓国、ルクセンブルグ、オランダ、ポルトガル、スペイン(172カ国)

「2016年」日本は5位

  1. ドイツ、スウェーデン(158カ国)
  2. フィンランド、フランス、スイス、スペイン、英国(157カ国)
  3. デンマーク、イタリア、オランダ、ベルギー、大韓民国、ノルウェー(156カ国)
  4. シンガポール、ルクセンブルク、オーストリア、ポルトガル、アメリカ合衆国(155カ国)
  5. ギリシャ、アイルランド、日本(154カ国)

「2017」日本は4位

第1位: シンガポール(159カ国)
第2位: ドイツ(158カ国)
第3位: スウェーデン、韓国(157カ国)
第4位: デンマーク、フィンランド、イタリア、フランス、スペイン、ノルウェイ、日本、イギリス(156カ国)

 

日本が1位になった理由

日本が世界NO.1になった理由は、ウズベキスタンが2月初旬、日本人とシンガポール人に対してビザなしの渡航を認めたことによります。本来、日本が単独一位だったのですが、シンガポールは、昨年パラグアイの渡航ビザが免除になり、日本と一位を分け合う形になりました。

専門家の分析

日本とシンガポールというアジアの裕福な2カ国のランキングが上昇した背景について、

シンガポール国立大学のパラグ・カーンナ氏は、
国民が主にビジネスと投資活動に関心をもつ、平和的な商業大国と見なされている

気になる他の国の順位

3位は韓国、デンマーク、フィンランド、フランス、イタリア、スペイン、スウェーデンが並でいます。
ビザなしで渡航できる国は178カ国。

マレーシアも169カ国のビザ免除で11位に上昇している。米国は176カ国で5位にとどまった。ロシアは3位上昇して45位だった。

中国やアイルランドのビザが免除になったアラブ首長国連邦のほか、ウクライナ(42位)、ジョージア(54位)のランキングも急上昇している。

一方、ランキング最下位はアフガニスタンでビザ免除は24カ国
次いでイラク(27カ国)、シリア、(28カ国)、パキスタン(30カ国)、ソマリア(32カ国)の順だった。

 

Sponsored Link

日本と同じ1位のシンガポール

世界屈指のグローバル都市として知られ、ロンドン・ニューヨーク・香港と並ぶ世界最大規模の金融センターを有するシンガポールは、今後より多くの国とビザなし外交を進めて行く傾向にあるようです。

 北朝鮮ビザなし40か国OK

北朝鮮のパスポートがノービザで2017年の報告より2ヶ国増えて40カ国も使えることは驚きですね。

マレーシアは昨年、クアラルンプール国際空港で起きた金正男氏殺害事件を受けて、北朝鮮国民のビザなし入国を認める措置を取り消しています。

また、シンガポールも2016年に取り消しました。

北朝鮮国民がビザなしで自由に入国できるのは、ミクロネシア、キルギスタン、ハイチなど7カ国渡航、到着時にビザが取得できるのは、カンボジア、イラン、ラオス、モザンビーク、タンザニア、ウガンダなどの40ヶ国です。

まとめ

平昌オリンピックが終わって早々もあってか、世界一という言葉はグッと来ますね。日本は過去4年に渡り3位と4位を言ったり来たりしてましたが、ウズベキスタンがノービザを認めてくれたおかげで一位になれました。

全体の詳しい2018年の順位に興味がある人は、ぜひパスポートランキングをチェックして見てください!

Sponsored Link

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

中国のための「一帯一路」は親中国からの不信感広がり相次いでキャンセル

「札束外交」を展開する中国のあまりの身勝手ぶりに各地でトラブルが頻発し、ここに来て親中国・同盟国も次々と中国を見放し始めているようです。なぜそのような事態に陥ってしまったのでしょうか。 【中国】同盟国 …

【食生活がヤバすぎる】梅田暴走事故運転者の死因は大動脈解離か?

大阪、梅田の繁華街で車が暴走し、11人が死傷した事故で、運転者の会社経営大橋篤さん(51=奈良市)の死因は大動脈解離による心タンポナーデと判明したようです。10キロマラソンを走破し、健康には全く異常が …

1,000万人が僅か88校のエリート大学を目指す中国の壮絶な勉強地獄

冬といえば受験の季節です。毎年、最後の追い込みとなるこの季節にはピリピリした空気が学校や家庭で流れていますが、日本のお隣・中国の受験戦争の過酷さは日本の比ではないようです。 常軌を逸した中国の受験戦争 …

「シェドディフェンダー」犬も喜ぶ7つの効果?着脱動画と具体的購入方法

犬のための全身レオタードが今アメリカで大人気!その意外な7つの効果と具体的な着脱方法の動画と購入したい場合の方法についても調べてみました。   なぜ犬用レオタードを開発したのか? シェッド・ …

マイナス金利の導入って…投資の神様ウォーレンバフェットも先行き不安

1月29日にマイナス金利政策が導入されて一ヶ月が過ぎましたが、何となく分かったようで分からない感じのマイナス金利についてザックリと調べてみました。 Related posts: No related …

Sponsored Link