オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

健康

子供の夏かぜ予防と原因から症状とその治し方

投稿日:

子供の夏風邪にはどのようなものがあるかを知り、早めにその症状に気づいて、適切な対応を取ることが必要ですね。夏風邪の原因から症状、治し方とその予防について調べてみました。

 

Sponsored Link

三大夏風邪の症状

夏に流行する感染症には、「三大夏風邪」と呼ばれる、

  1. 手足口病
  2. ヘルパンギーナ
  3. プール熱(咽頭結膜熱)があります。

それぞれの症状を知り、家族の体調に気を配りながら早めにその症状に気づいて、夏風邪に対処することが大切です。

まず、乳幼児の手足口病の症状は、口の中の粘膜や、手のひら、足の裏、お尻などに水疱性の発疹がでますが、水ぶくれは通常一週間ほどでなくなります。1、2ヶ月後に手足の爪が剥がれることもありますが、すぐに新しい爪が生えてくるので心配ありません。

しかし、口の中の水疱がつぶれて口内炎になると、食事や飲みものを受けつけなくなり、「脱水症状」を起こす心配がありますので注意が必要です。

次に、ヘルパンギーナに感染すると38度を超える高熱が出ることがあります。

熱はだいたい1〜2日で下がるのですが、喉の奥にできた水疱が2〜3日たって破れると黄色い潰瘍になり、喉に強い痛みが伴い食欲もなくなります。

脱水症状に陥らないようペルパンギーナ感染症でも水分補給が大切です。

また、子供たちが公共のプールでうつされることの多い咽頭結膜炎も、プール熱と呼ばれる代表的な夏風邪のひとつです。

喉の痛みのほか、目の充血、目やになどの症状が特徴です。高熱が4、5日続き、頭痛をはじめ、鼻水や咳が止まらず、下痢や嘔吐などの消化器系の症状も出ます。

夏風邪の治し方

これらのウィルス性感染症にすぐ効く特効薬はありません。

熱を下げ、痛みを和らげて自然に治るまで待つしかありません。

乳幼児や子供がぐったりした様子で、水を飲みにくそうにしている時は、高熱が出ていないか調べて、早めに小児科の診察を受けましょう。

お医者さんで脱水症状に陥らないように点滴をしてもらい、解熱剤やシロップなどの飲み薬をいただき、深刻な合併症を起こさないよう早めの治療を受けることが大切です。

痛みを和らげる鎮痛剤や、粘膜保護剤の軟膏なども処方していただくことができます。

高熱などで食欲がなくなると体全体の抵抗力もさらに落ちるため、夏風邪の時の食べ物には工夫が必要です。

柔らかくて刺激の少ない、喉に優しい食べ物を用意しましょう。

お粥やスープ、豆腐やゼリー、プリンなどの口当たりが良く消化にいい、十分なカロリーの補給できるものがいいですね。

特に、イオン水や麦茶、生姜湯などで、脱水症にならないように分補給も欠かさないでください。

 

生姜湯の作り方-レシピ【冷え症・風邪予防に】

 

大人もかかるウイルス菌

夏風邪は、乳幼児や子供たちだけの問題ではありません。

育児や仕事に疲れ体力が落ちている大人にも感染するウィルス性の病気のため、夏場に抵抗力の落ちている家族の全員への注意が必要です。

冷たいものの摂りすぎや、長時間の冷房による身体の冷えは、夏バテの原因になります。

ウィルス菌に対する抵抗力が落ちれば、空気感染で乳幼児のウィルス菌にも感染してしまいます。

ヘルパンギーナなどの感染症は、6歳児以下の乳幼児の病気に限られたことではありません。

この高温多湿を好むコクサッキーウィルスは毎年、梅雨の6月から夏場の8月にかけて、都心で猛威をふるっています。

感染した乳幼児のオシメを変えているときに手についたり、空気中に浮遊するウィルスが鼻や喉の粘膜に付着したり、共通のタオルを使って家族に移ることもあります。

大人にとって38度以上の高熱が出れば、どれだけ大きなダメージになるかは想像できることでしょう。

仕事で忙しいお父さん、育児疲れのお母さん、クーラーの効いた部屋で一日過ごす子供たち、また体力の落ちているおじいちゃん、おばあちゃんをこのウィルス感染から守らなければなりません。

 

Sponsored Link

予防と対策

室内のカビ菌対策はもちろんですが、予防に一番の効果があるは、外出から帰ってきたときの手洗い・うがいです。

米軍が隊員に1日に5回以上手洗いをするよう指導したところ、呼吸器系の感染症が45%も減少したというデータがあります。

外出から戻れば家族全員が、石けんを十分泡立て指の間や手首まで丁寧に洗い、家の中にウィルスを持ち込まないよう注意しましょう。

十分な睡眠とバランスのとれた健康的な食事で、まず夏バテしない身体を作ることが、ウィルス菌への抵抗力を高め、感染を未然に防ぐために大切ですね。

長時間クーラーにあたり身体が冷えている場合は、暖かいお風呂でリラックスして十分な夜の睡眠に備えてください。

また、ウィルス菌は寝具の寝汗に繁殖するので、マットをよく乾燥させてカビ菌の温床にしないことが大切です。皆が使うタオルの洗濯や、室内の換気にも気をつけましょう。

 

まとめ

梅雨の湿度の高い季節には、手足口病、ヘルパンギーナ、プール熱(咽頭結膜熱)などの「三大夏風邪」と呼ばれる夏風邪が流行ります。

これらのウィルス菌は空気感染するため、乳幼児だけでなく、大人も子供もかかります。夏風邪にかかったら、傷んだ喉に優しい栄養価の高い食べ物を用意し、脱水症に陥らないよう水分補給に気をつけましょう。

日頃から、うがい・手洗い、寝具の乾燥、タオルの洗濯をまめに行い、長時間クーラーで身体が冷えて夏バテにならないように注意しましょう。

この夏の楽しいイベントに向けて家族揃って、夏風邪防止に皆さんも頑張ってくださいね。

Sponsored Link

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ダントツで日本に認知症と寝たきりが多い理由は血圧に関係がある?!

日本の医者がこぞって血圧を下げる薬を処方したことにより、認知症と寝たきりが多いとの持論をテレビでお馴染みの武田先生が展開しています。 寝たきりと認知症が多い理由 病院が高血圧治療を始めて30年 温泉に …

歯垢・歯石を削らず痛まずペリソルブとはどん治療法?

歯を失う最も大きな原因は歯周病にあります。歯垢や歯石に含まれる歯周病菌が歯肉や歯槽骨などの歯周組織に感染して、歯ぐきが腫れたり、出血したりします。そして、最終的に歯周組織が破壊され歯が抜けてしまいます …

40過ぎたら運動しても痩せない時間帯があるのを知ってますか?

40歳を超えてると、今までどおりトレーニングしてもあmり痩せないと思いませんか?もしかしたら運動する時間帯を間違えているかも知れません。そこで、いちばん出やすい時間帯について調べてみました。 Rela …

四重焦点レンズ、老眼の女性これで化粧ちゃんとできます!

イギリスから最新の老眼インプラントのご紹介です。 誰でも年をとると近くのモノが見えずらくなります。一番最初に年取ったかな~?と自覚するのが老眼です。40代後半くらいから単行本が夜読みずらくなったり、少 …

簡単!夏バテ防止のドリンクを自宅で作る

近年では、毎年、連続猛暑日の記録が更新されていっているようですね。もし、家族の誰かに夏バテの症状が出たら、早めの対処が必要です。夏バテ防止のドリンクも自家製で作って見ましょう。 夏バテとは? この夏を …

Sponsored Link