Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日傘の効果 遮光性 UVカット持続年数 超人気のサンバリア100

日傘ライフスタイル

日傘

最近の日傘のUV遮断効果はとても進んでいます。そこで日傘の効果、遮光性、UVカット持続年数などについて調べてみました。
Sponsored Link

美肌は女性の永遠の憧れ

シミやそばかすをエステで綺麗にする前に、紫外線からお肌を守る対策を立てることが大切です。

日傘の効果を再認識し、サンバリアとUVカット、日傘の色とUVカットとの関係、UV加工の効果の持続性など、日傘の基礎知識を身につけて、お肌を守るのにもっとも適した日傘を選びましょう。

日傘の効果とは?

日傘は紫外線から私たちの肌を守り、日焼け防止効果につながります。

日傘の生地には、熱がこもりにくい綿や麻が多く、白のレースが涼しそうで好まれてきました。

UVカット加工がきちんとされていれば、基本的に素材や色にはあまり関係なく、紫外線防止効果があります。

しかし、最近では見た目よりも、紫外線カットの効果が重視されています。

いくら涼しそうに見えても、レースの素材は間から紫外線が入ってきますので、防止には適していません。

UVカット加工の点から言えば、生地は目が詰まっていて厚い方が紫外線の遮断率が高くなります。

白の綿や麻のような日傘を選ぶときは、目の細かいものを選びましょう。

遮光率(サンバリア)と紫外線遮断(UVカット)とは?

遮光率とは?

人の目にも見える、あのカンカン照りのまぶしい日光を、日傘がどのくらい遮断してくれるかの率です。

ラミネートフィルムなどの素材を使って遮光するものもあります。

UVカットとは?

太陽光に含まれる紫外線を遮断することです。

紫外線(UV)は波長によってA,B,Cに分類されます。

UV-Cはオゾン層を通して地上まで届かないため、UV-AUV-Bの遮断が必要になってきます。

UV-AUV-Bの多い時期や、それぞれの健康被害をご存知でしょうか。

UV-Aは紫外線の9割を占め、5月に最も多く、皮膚の奥まで到達してコラーゲン繊維やエラスチン繊維を切断して、シワやたるみの原因を作ります。

UV-B7月に多くなり、日焼けの原因となります。

大量に浴びると皮膚癌や白内障の原因になります。

Sponsored Link

傘の生地の色によって効果はかわる?

白と黒の違いをご存知でしょうか。白は紫外線を反射し、黒は紫外線を吸収します。

どちらも紫外線を防ぐことはできるのですが、黒の方が防止率は高く、日傘としては黒か濃い色がおすすめです。

内側の色も重要

内側の生地の色が白い場合、アスファルトに反射した照り返し紫外線を傘の下で反射して、顔にあててしまいます。

内側もなるべく紫外線を吸収する黒に近い色が好ましいでしょう。

UVカット効果が続く期間は何年くらい?

UV加工は、日傘の生地を染色する時に、UVカットの薬品を混ぜて加工して作られます。

晴雨兼用傘なら雨に打たれて劣化しますし、持ち運びの時には摩擦が起こります。

UVカット加工の効果は2、3年で低下するといわれています。

加工を長持ちさせるには、保管にも注意が必要です。

汚れを取り、きちんと乾燥して、湿度の低い暗い場所で保管しましょう。

ポリエステルは、素材自体が紫外線をカットするため、経年劣化が気になる人には、黒の厚手のポリエステルが合理的です。

まとめ

紫外線は、UV加工の日傘で遮断することができますが、地面の反射光や、空中の乱反射光まで遮ることはできません。

紫外線予防には、手袋や化粧品など、他の防止対策も合わせてすることが大切です。

日傘のUV加工の寿命は23年ですので、経年劣化を考慮すると、おもても裏も黒色の、厚手のポリエステルは効果的です。

また、日傘業界ではサンバリア100が最強だと言われています。

紫外線の季節も考慮し、ファンションに合わせて、その日の気分に合わせて、お気に入りの日傘を見つけてくださいね。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント