Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マッチョで筋肉質な足をきゃしゃな美脚にする方法

筋肉質な脚痩せライフスタイル

筋肉質な脚痩せ

筋肉質でも細くてきゃしゃな美脚をどうすれば手に入れることが出来るのか調べてみました。
Sponsored Link

マッチョで筋肉質な足をきゃしゃな美脚にする方法

スポーツやブレイクダンスなどの激しい運動をして、筋肉質な足になった後、運動をやめて筋肉太りになって困っている人はいませんか?

筋肉は脂肪を燃焼してくれるので、痩せやすい身体作りという点では、決して悪いことではありません。

筋肉に老廃物や脂肪が付いて固まってしまうと、筋肉太りになります。

スポーツで筋肉がついたなら、速筋を落として遅筋をつけましょう。

速筋とは?

瞬発的な動きをする筋肉で、美脚には不要な筋肉です。

遅筋とは?

ゆっくりとした動きで使われる筋肉で、皮下脂肪の燃焼に必要な筋肉です。

美脚を目指すならば、不要な筋肉を落として、美しい脚を作るのに良い筋肉をつけるエクササイズが必要です。

このゆったりとした動きをする遅筋を育てるには、ヨガやジョギング、縄跳び、ストレッチなどの運動が適しています。

また、筋肉太りを解消するには、半身浴などで身体を温め、浴室内で固まった筋肉をほぐすと効果があります。

お風呂上がりの脚の筋肉が柔らかくなった状態でマッサージをすると、凝り固まった脂肪を、より効果的に燃焼さすことができます。

運動部女子の脚やせトレーニング

運動部女子は脚やせトレーニングをしても、太ももの前側に筋肉がついて、細くてきゃしゃな美しい脚になりにくいですね。

マラソンなどランニングをしている人も、脚の前側の筋肉を主に使うので、筋肉が前に盛り上がったのが目立ちすぎる脚になってしまいます。

それを解消するのが、腿(もも)の裏側を鍛えるトレーニングです。ネットでもよく紹介されているのがワイドスクワットです。

足を外側に開いて、かかとを上げてするワイドスクワットでは、腿の内側を鍛えることができます。

今回は、ネット動画でお勧めの、ゴムボールを使ったトレーニングをご紹介します。

ゴムボールでふくらはぎを鍛える

まっすぐに立って片足を少し前に出し、ゴムボールの上につま先を乗せます。床にかかとをつけたまま、つま先でゴムボールを踏む動作を続けると、ふくらはぎの筋肉が引き締められて、綺麗な形の脚になります。

Sponsored Link

ゴムボールでももの裏側を鍛える

椅子の上に置いたゴムボールに片足を乗せて、上体を前に倒してバランスを取りながらボールをおさえ込み、そしてゆっくりと上体をもとに戻します。

この動作を10回ずつ繰り返します。

膝(ひざ)の角度は直角にならないよう、80度ぐらいにキープして、腿(もも)の裏側の筋肉を鍛えます。この時に、腿の上側の筋肉が柔らかくて、このトレーニングで使われていないことを確認してください。

詳しくは、動画を見ながら、正しい姿勢でトレーニングしてくださいね!

【下半身細く】筋肉質な脚を美脚にする効果的な太腿のエクササイズ

【下半身細く】筋肉質な脚を美脚にする効果的な太腿のエクササイズ

まとめ

今回は、スポーツでしっかりと筋肉をつけたのちに筋肉太りで悩む人に、ゴムボールを使ってする、効果的なふくらはぎのシェイプアップと、腿の裏側を鍛えるトレーニングをご紹介しました。

また、美脚を作るには、スポーツで鍛えた速筋ではなく、有酸素運動で作る遅筋の大切さもわかっていただいたでしょうか。

筋肉質な太ももを、細くてきゃしゃな美脚にする方法を是非試してみてくださいね。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント