Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハワイのイースト島が消滅! 巨大化するハリケーンによる被害状況は?

ニュース


ハワイを襲った超大型ハリケーワカラの影響により海洋保護区にあるイースト島が消滅しました。消滅した島の場所とハリケーンによるハワイへの被害はどうだったのか調べてみました。

ハワイ・イースト島消滅

Sponsored Link

消滅した島の場所は?

消滅したのはホノルルから約885キロ北西にある無人島のイースト島です。

10月に島々を襲ったカテゴリー5のハリケーンワラカで高波にのまれ、水没したと複数のメディアで報じられています。

海洋保護区パパハナウモクアケア海洋国立モニュメントのフレンチゲート礁にあります。

このフレンチゲート礁の中では2番目に大きく4.5ヘクタール。

ちなみに、東京ドームが4.7ヘクタールなので、東京ドームの一回り小さいサイズの島が無くなってしまったことになります。

この地域の島々は、海底に沈んだ火山の上に砂が堆積してできています。

なので…

海面が上昇すると消滅してしまいます。

今回のイースト島の消滅は気候変動も一因となっているのではないかと専門家は言っています。

イースト島のBefore/After

ホノルル・シビル・ビートのTwitterだとイースト島のビフォーアフターがよく分かります。

イースト島とは?

この島は、絶滅の危機に瀕しているハワイのアオウミガメとハワイモンクアザラシの生息地でした。

ハワイ大学のチップ・フレッチャー教授によると、

ハワイのアオウミガメはほぼ96%がフレンチゲート礁で繁殖期を迎える。

「7月に同島を訪れた際は、カメの営巣地で足の踏み場もないほどだった」とフレッチャー教授は語り、「幸いなことに、ハリケーンの到来前にほとんどの卵は孵化して子ガメはいなくなっていたと思われる」と指摘する。

一方、野生の個体数が世界でわずか1400頭にまで減少しているハワイモンクアザラシは、年間のほとんどを同島で過ごし、日光浴をしたり海岸に寝そべったりしています。

ハワイモンクアザラシ

Sponsored Link

ハワイへの被害は?

今回のハリケーン・ワラカのハワイでの被害はどうだったのでしょうか?

幸いにも今回のハリケーン・ワラカはハワイ諸島への直接の上陸はなかったことが、下記ハリケーンの進路図より分かります。

オアフなどのハワイの大都市へ直接上陸しなくて本当によかったですね。

今回のハリケーン・ワラカのカテゴリー5とは秒速70メートル以上というとてつもない規模です。

日本の場合「非常に強い台風」で秒速45mですから…

こんな規模のハリケーンが直撃したら…

と考えただけでぞっとします。

まとめ

今年の日本での台風被害でも分かりますが、最近の気候温暖化や海面温度の上昇に伴ってハリケーンはどんどん大型化する傾向にあるようです。

地球規模の温暖化や海水温度の上昇など影響もあるようですが、今後もイースト島のように消滅したりすることもあるかも知れませんが、こればかりは予測がつきません。

こまめに台風情報を見るとか…

この間、吉村昭さんの「漂流」という本を読みました。

漂流 (新潮文庫)

漂流 (新潮文庫)

吉村 昭
810円(11/20 21:34時点)
発売日: 1980/11/27
Amazonの情報を掲載しています

鎖国中の日本で10年以上、鳥島で生活していた日本人の物語ですが、最後は水と火があればなんとかなるのでは!?

と勝手に思ってしまいました。

”備えあれば憂いなし”と昔から言うように万が一の時のために準備しておくのも名案ではないでしょうか。

Sponsored Link
Sponsored Link