Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

有酸素運動 自宅でおすすめ 器具ベスト3

ダイエット

自宅で有酸素運動をする時に3000円以下で買えてるおすすめの器具を紹介します。

ダイエットに効果的な有酸素運動

有酸素運動は、あまり激しくなくて、ゆっくりとした動きが多いですが、じわじわと汗を書き、カロリーを効果的に燃焼することができます。

ところで、人の筋肉は、太ももの筋肉やお腹の筋肉など、どの部位の筋肉もすべて、赤い色の遅筋(ちきん)と白い色の速筋(そっきん)からできています。

走り始めてゆっくりと走っているときは「遅筋」が使われ、短距離走のような瞬発力のいる走りでは「速筋」が使われます。

このゆっくりとした動きで使われる「遅筋」は、酸素を筋肉の中にたくさん取り入れて糖質を分解しカロリーを燃焼してくれます。

そのため、ダイエットには有酸素運動が良いと言われています。

そこで、ダイエットのおさらいですが、ダイエットには、食事療法で摂取カロリーを減らす方法と、運動して消費カロリーを増やす方法があります。

では、ダイエットに効果的な運動には、どのようなものがあるのでしょうか。

ダイエットのための有酸素運動とは?

運動の種類は大きく分けて、有酸素運動と無酸素運動の2種類に分類することができます。

「ダイエットで体重を減らしたいと思うなら、有酸素運動をしなさい」とよく聞きますね。

有酸素運動とは、体内に酸素を取り入れて、糖質や脂肪を燃焼させる運動です。

無酸素運動ってなに?

これに対して無酸素運動とは、筋トレやランニング、サッカーやテニスといった瞬発力を要する運動です。

酸素を必要とせず、短時間で強い負荷をかけて、筋肉量を増やして基礎代謝を高める運動です。

筋トレなどの無酸素運動は、ある程度の知識が入り、少し壁が高いかもしれません。

実は、ダイエットには有酸素運動と、無酸素運動の両方が必要となってきます。

しかし、運動が苦手で、今日からダイエットを始めたい人には、有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動でどのくらい痩せるの?

ジムのランニングマシン(トレッドミル)で、時速8kmで走ると、消費カロリーが出ますね。

「体重60kgの人が、時速8キロで1時間運動した場合」を仮定すると、60 × 8 × 1 = 480キロカロリー」という数値が出ています。参照:http://www.dietcolors.com/running/

ゆっくりとしたジョギングは、ふくらはぎのヒラメ筋という「遅筋」をしっかりと使い、カロリーをたくさん消費してくれるのです。

マラソンの選手や長距離ランナーは、たいていスリムで余計なお肉がなく、筋肉質でスッキリとしたボディですね。

「遅筋」の赤筋を使って有酸素運動をすれば、効率的にカロリーが消費されて、細身の体がゲットできるという証拠でもあります。

代表的な有酸素運動

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • サイクリング
  • 水泳のなど

有酸素運動は時間をかけてゆっくりとした動作で行う運動です。
ヨガやストレッチも有酸素運動に入ります。

ランニングに限らず、有酸素運動の仕方はYouTubeでもたくさん紹介されていますので、自分にあった運動種目を見つけてください。

【28分】ダイエット運動はこれだけでOK!滝汗筋トレ+有酸素運動+ストレッチ! #滝汗の輪 | Muscle Watching

自宅でおすすめ器具ベスト3

ジョギングがいいのは分かっていても冬は寒いし…
屋内用のランニングマシンは高いし…

そこで、手軽に出来て、有酸素運動として効果的で、かつ価格が安い3つの器具を紹介します。

1.エクササイズステップ台

テレビを見ながらなど、自宅で簡単に踏み台昇降運動が出来ます。

高さ調整出来るので、最初は10㎝からスタートして、次に15㎝。
そして、最後に20㎝へ
15分をワンセットとするなら2セット。
30分なら1セットを目安にします。
1時間のウォーキングに匹敵する運動量になります。

2.フラフープ

フラフープを5分間やると、ジョギング1時間もしくは水泳40分に匹敵すると言われています。

直径100㎝と大きくサイズ感があります。

最初は慣れないと回すのも難しいですが、1分からスタートして、3分へ。

最後は5分を1セットとして3セット出来るようになれば効果抜群です。

3.エアー縄跳び

体重、運動時間、飛んだ回数、消費カロリーを表示してくれるので、トレーニングの目安になります。

また、縄なし縄跳びと縄跳び式を切り替えられるので、室内外で使えます。

トレーニングの目安は、最初は1分1セットからスタートして、次に3分。そして最後に5分を1セットにして3セットで下半身が引き締まり、縄を回す運動が二の腕の引き締め効果もあります。

まとめ

運動の種類は大きく分けて、有酸素運動と無酸素運動の2種類に分類することができ、カロリーを効率良く燃焼するには有酸素運動が適しています。

有酸素運動は、体の筋肉の遅筋を使ったゆっくりとした運動ですが、じわじわと汗をかいて、カロリーを燃焼してくれます。

「自宅でおすすめ器具ベスト3」でご紹介した器具を全部買っても1万円以下ですので、安くて手軽に出来ます。

何も考えずにスタート出来ることが有酸素運動を続ける秘訣のようです。