Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイエットに良い夜の食事メニュー

ダイエット


ダイエットをするのに、夜の食事のメニューで、何を食べて良いのか困っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、ダイエット中でも、美味しく食べれる夜の食事メニューをご紹介しましょう。

ダイエットに良い夜の食事メニュー

Sponsored Link

お肉と野菜のスープ


鍋に油を薄く引き、ニンニクと生姜のみじん切りを炒めて、塩胡椒した、脂身の少ない、お肉(牛・豚・鶏)を炒めます。

お肉に火が通ったら野菜を入れて、しんなりするまで炒めます。

水を入れて、コンソメ、カツオだし、豆乳、トマトジュースなど、好きな味付けを入れます。

糸こんにゃく、春雨などを加えて、柔らかくなったら火を止め、溶き片栗粉を入れてとろみをつけます。

毎日のことですので、お肉の内容は色々と変えて調理するのがおすすめです。

脂身が入っていなければ、肉類のカロリーはあまり高くなりません。

 

 

とうふや納豆などの植物性たんぱく質よりも、肉類のタンパク質の方が吸収率が高く、筋トレなどをしている場合は、タンパク質の補給が必要になってきます。

糖質制限していると、春雨も炭水化物でNGですが、早めの夕食でしたら、少量の炭水化物も寝るまでに消費することができます。

塩や醤油を多く使うと塩分過多で体のむくみの原因になり、また、むくみは肥満の原因にもなります。

ニンニクや生姜、鷹の爪やバジル、シソの葉や柚子胡椒、カレー粉や山椒などの香辛料を使って味にインパクトをつけましょう。

ニンニクや生姜、ミョウガや三つ葉など、みじん切りにしてオイル漬けの瓶詰めにしておくと、調理の時間が短縮できます。

油を一切使わない調理の方が、ダイエットには良いですが、オリーブオイル、ごま油、食用椿油、ココナッツオイルなど、美容に良いオイルを適量使いましょう。

Sponsored Link

魚介類のアクアパッツア

材料ですが、魚介類は、白身魚の鯛、カサゴ、スズキ、皮のついた鮭、カレイ、アサリなどがおすすめです。

その他の材料の、ドライトマト、ブラックオリーブ、イタリアンパセリ、ケッパーは、無ければプチトマトやブラウンマッシュルーム、パセリでもオッケーです。


ドライトマトとブラックオリーブのスライスは、大手食品メーカーから比較的お手頃価格でネット販売されていますので、チェックしてみてください。

まず、ドライトマトをぬるま湯で戻してみじん切りにします。

フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクを炒め、塩胡椒をした魚を皮目から焼きます。

魚を裏返し、アサリ、ブラックオリーブ、ドライトマト、ケッパーを入れ、ドライトマトの戻し汁と白ワインを加え、ふたをして蒸し焼きにし、最後にイタリアンパセリを添えます。

ストイックな糖質制限の方は、スープはお湯で伸ばして翌朝の朝食に飲みましょう。

引き続き、同じ鍋でリゾットを作るときは、そのスープに、ご飯、クスクス、カッペリーニなどを入れて煮込み、パルメザンチーズと生クリームで味を整えます。

このほかにも、『kurashiru [クラシル] | 料理動画(レシピ動画)』で簡単でおいしいダイエットにいいメニューを検索してみましょう。

まとめ

野菜たっぷりスープは作り置きできるので、食べる前に温めて食卓に出しましょう。

魚介類のアクアパッツアは、家庭でも手軽にイタリアンが味わえるメニューですので、ぜひお試しください。

Sponsored Link
Sponsored Link