Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

科学的に実証された10年長生きする8つの方法

ライフスタイル
Sponsored Link

10年長生きする方法

人生100年時代が当たり前になりつつある現代で、科学的に実証された10年長く生きる8つの方法をご紹介します。

10年長く生きる方法

Sponsored Link

高齢になっても、自立して健康に生活ができる”健康寿命” を延ばすために、今から実行した方がいい8つの習慣。

1.人に会う

老化は10%の遺伝子と90%のライフスタイルで決定すると科学的に実証されています。

そのためにはライフスタイルが若さを保つ秘訣です。

そして一番大切なのは、社交的で何かに打ち込める活動を持つことです。

2.長く働く

研究によると、66歳まで働いた人はそれ以前にリタイアした人に比べ、病気のリスクを11%減らすことが出来ます。

また何らかの病気を抱えている人でさえ、1年間長く働くことで死のリスクが9%減少します。

仕事をすることでアクティブに過ごすことが出来ます。それによって、健康にも好影響をもたらすと考えられています。 

3.入院は最低限にする

イギリスでは2017年7月~翌6月にかけて、7,800名もの高齢者が必要以上の長期入院により亡くなっている、との調査結果が出ています。 

またアメリカでは70歳以上の人の3分の1が、また85歳以上の人の半数以上が患者となり病院を占領しているとの報告もあります。

また、抵抗力の弱い高齢者は、院内感染してしまうリスクもあり、必要最小限度に留める必要があるようです。

4.散歩する 

40歳以上で定期的にウォーキングを人は、家でゴロゴロしている人と比べ、最高で4年も寿命を延ばすことが出来ます。

一日約20分くらいの散歩が目安ですね。

なので、移動する際は出来る限り、車や電車などを使わずにするのがベストですね。

5.セックスする

性生活が週2回ある人は、月に1度の人と比べて死のリスクが50%ほど低いそうです。

また1年間に350回オーガズムに達する男性は、回数がその4分の1の人よりも平均4年長生きするそうです。

セックスするとテロメアが伸びる

定期的にセックスする女性は、健康長寿に深く関わる細胞の中にある染色体構造のテロメアが長いことが判明している。

セックスは幸せホルモンであるオキシトシンやストレスを緩和させるデヒドロエピアンドロステロン、さらに血液中の免疫グロブリンの濃度を上昇させることが出来ると発表されています。

Sponsored Link

6.睡眠を十分にとる 

睡眠が寿命と大きな関連があることは明白です。

毎日の睡眠が6時間以下になると早死にする確率が12%増します。

一方で9時間以上寝ることも30%の割合で死を早めてしまうという。

そうなると…
理想的な睡眠は6時間以上9時間未満ですね。

7時間から8時間の睡眠がベストです。

睡眠不足は肥満、心臓病、高血圧、鬱といった副作用を招くが、あまりに長く眠りすぎることも病気や鬱に関係する場合があり注意が必要です。

まとめ

老化は10%の遺伝子と90%のライフスタイルで決まるとは…
何となく分かっていましたが、「科学的に実証された」というお墨付きが付くと現実味を帯びて来ますね。

年齢を重ねても、社交的で、スポーツやウォーキングを楽しみに、たまにアバンチュールを楽しみ、よく寝る人のイメージは圧倒的に女性が多い感じがします。

男性の場合は、全ての接点である「仕事」を少しでも長く続けることが10年長い生きるする秘訣のような気がします。

Sponsored Link