三浦雄一郎さんの若さの秘密はヘビーシューズとウォーキング

Sponsored Link
更新日

三浦雄一郎さんの若さの秘密はヘビーシューズとウォーキング

アコンカグアに登頂するために海外遠征に行っている三浦雄一郎さんの若さの秘密はヘビーシューズとウォーキングにあるよです。

膝のすり減った軟骨も増えて来たようです。

その理由と効果について調べてみました。

Sponsored Link

三浦雄一郎の若さの秘密はヘビーウォーキング?!

81歳で野球の始球式に登場

2014年の日本ハムの試合の始球式に三浦雄一郎さんが登場しました。

この時すでに81歳ですが、歩き方、後ろ姿、身体の厚みなど、下手するとプロ野球選手を超えてる体形でした。

「何をすればこんなに若くいられるのか?と疑問に思った方も多いと思います。

何をすれば、ここまで若くいられるのでしょうか?

その秘密はズバリ「ヘビーウォーキング」にあるようですね!

まず、三浦雄一郎さんのプロフィールから見てみましょう。

【プロ野球パ】登山家・三浦雄一郎さんが始球式に登場 2014/05/23 F-DB

三浦雄一郎:プロフィール

三浦 雄一郎さんは、日本のプロスキーヤーで登山家です。

 
生年月日: 1932年10月12日 (年齢 87歳)
生まれ: 青森県 青森市
役職:全国森林レクリエーション協会会長、札幌市手稲区親善大使、青森市5代名誉市民、
   クラーク記念国際高等学校校長
両親: 三浦敬三
学歴: 北海道大学
妻 :三浦朋子
子供: 三浦雄大、三浦豪太、三浦恵美里

三浦雄一郎さんは、大学時代から交際のあったアルペンスキーの選手だった朋子さんと結婚しました。

子供は三人です。

雄一郎さんのお子さんは、皆さんそれぞれ三浦さんのサポートをしていますが、特に次男の豪太さんは、今回、登頂予定のアコンカグアにも参加して距離が近いようですね。

また、豪太さんは冬季オリンピックのスケートの解説者として、そのユニークな語り口で一躍脚光を集めことを覚えている人も多いと思います。

また、長女の三浦恵美里さんは、株式会社『ミウラ・ドルフィンズ』代表取締役として、父親である三浦雄一郎さんの登山のサポートをしています。

さらに、『クラーク記念国際高等学校・横浜青葉キャンパス校長』としても活躍されています。

65歳の時に成人病になる

実は、三浦雄一郎さんは、65歳になった時には肥満と不整脈、高血圧、狭心症、糖尿病などの成人病と言われたそうです。

ご本人曰く、「完全にメタボの体型をしていた」そうです。

Sponsored Link

ヘビーウォーキングとは?

65歳の時に成人病寸前だったことをきっかけにしたトレーニングが「ヘビーウォーキング」です。

ヘビーウォーキングとは、その名の通り重りを身体や足に負荷をかけた状態で歩くことです。

三浦さんのヘビーウォーキングの方法は、マッスルトレーナーという重りが入った靴と足首に巻くアンクルウェート、それに重りが入っているリックを背負って歩いてトレーニングをしています。

↓こんな感じ歩いてトレーニングしています。

出典:Miura Dolphines

マッスルトレーナーは楽天でもアマゾンでも買えるようですが、ちょっと高いな~と思いますよね。


メルカリでも売ってるようです!

より深くマッスルトレーナーの効果について確認したい場合は、マッスルトレーナーのHPに記載してあります。

膝の軟骨も4ミリ増えた?!

三浦さんは以前、TVの取材で、60代の初め頃膝の半月板を痛めて歩くのも辛かったのですが、このヘビーウォーキングをはじめて膝の軟骨も以前に比べて4ミリ程増えたと言ってました。

学術的に証明された訳ではないが、と前置きをして息子の豪太さん曰く、「重りをつけて歩くことで足に筋肉がついたのと、膝からした引っ張られて伸びたことにより良くなった」と持論を展開していました。

引用元:三浦豪太さんのインタビュー

三浦雄一郎氏はこのヘビーウォーキングの内容のことを次のように言ってます。

  • まず歩行する事により、体中の脳が活性化
  • 歩くとは有酸素運動
  • 歩くことにより酸素を25%脳が吸収
  • 重りをつけることでエネルギー効率がUP

三浦さんだけに留まらず健康で長寿を全うした人達や偉業を達成した科学者には歩くことを日課にしている人も多くいます。

三浦さんが若々しく見える秘訣もこの歩くこと「ヘビーウォーキング」にあるのは間違いないようですね。

Sponsored Link

ウォーキングの効果とは?

「なぜ歩くと健康にいいのか?」改めて疑問に思います。

人間の血液の大半は下半身に溜まっています。

なぜなら地球には重力があるからです。

液体である血液は下へ下へと流れて行ってしまいます。

では、私たちは下半身に溜まってしまった血液をどうやって脳に押し上げているのでしょうか?

そうなんです歩くことで足がポンプの役割を担っています。

だから、雄一郎さんも言ってるように、歩くことにより酸素を25%脳が吸収されるですね。

ウォーキングの効果と目安についてもっと知りたいかは、ウォーキングの距離の目安は?ウォーキングの効果とポイント(Feely)を参考にして下さい。

まとめ

三浦雄一郎さんは、65歳になった時には肥満と不整脈、高血圧、狭心症、糖尿病などの成人病と診断されたのをきっかけにヘビーウォーキングをはじめました。

ヘビーウォーキングとは、その名の通り重りを身体や足に負荷をかけた状態で歩くことです。

雄一郎さんのヘビーウォーキングの方法は、マッスルトレーナーという重りが入った靴と足首に巻くアンクルウェート、それに重りが入っているリックを背負って歩くトレーニングをしています。

驚くことに、このヘビーウォーキングによりすり減った膝の軟骨もなんと!4ミリも増えたそうです!!

雄一郎さんが以前、テレビのドキュメンタリーで言っていた「二日酔いでトレーニングをサボっても自分を責めずに大雑把に考えて」と気取りやおごりが全くない自然体の生き方が個人的にはとても好きです。

87歳になっても今なお現役で鍛えている雄一郎さんの姿に勇気をもらっている人は沢山いると思います。

難点をあげるとすればマッスルトレーナーというシューズが15,000円台と少々高いことですが…

メルカリでも売ってるようなのでまずはお試しに買ってみると言うのもありかもですね。

Sponsored Link