Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アーモンドの日 1日23粒が目安 理由と効果は? 食べ方は?

Sponsored Link

アーモンドの日23粒が目安

今日はアーモンドの日です。カリフォルニア・アーモンド協会が2008年に制定した、記念日ですが、なぜ23日かと言うと女性は1日23粒アーモンドを食べると体にいいようです。

Sponsored Link

アーモンド1日23粒

「摂取量」=1日20~23粒くらいが目安だそうですが、なんでそんなにいいと言われるのかアーモンド23粒分の栄養成分を見てみると以下のとおりです。

アーモンド23粒分の栄養成分

  • 食物繊維 玄米200g分
  • カルシウム 牛乳100ml分
  • マグネシウム ホウレンソウ120g分
  • ビタミンE アボカド250g分

身体に良いと言われている食物繊維、牛乳でカルシム補給により骨の強化、マグネシウムで鉄分を摂取して、アボカドでビタミンEが摂取出来るので手軽でとても便利です。

アーモンドは心筋梗塞・メタボ・がん予防にも効果あり

最近の研究で アーモンドは、、ナッツが心筋梗塞などの心疾患やメタボの改善に役立ち、がんを予防する効果もあることが分かって来ました。

アーモンドは脂質を多く含む多脂性食品です。

少量でもカロリーの多い食品ですが、摂取出来る栄養素が下記のように豊富に含まれています。

不飽和脂肪酸、カルシウム、カリウム、マグネシウム、食物繊維ect

アーモンドの具体的効果は?

善玉と悪玉のコレステロールのバランスを改善します。 アーモンドに含まれる抗酸化作用をもつ栄養素やフィトケミカルが、善玉のLDLコレステロールを低下させ、善玉と悪玉のコレステロールのバランスを改善します。

また、アーモンドに含まれるフラボノイド、レスベラトロールなどのフィトケミカルには、血管や細胞を傷つけ、動脈硬化などを引き起す活性酸素を抑える抗酸化作用があると言わています。

 FDA(米国食品医薬品局)は、ナッツ類について「1日に1.5オンス(42g)を食べると、心筋梗塞などの心血管疾患のリスク低下に効果的です」と表示することを認めている。

FDA(米国食品医薬品局)

 ナッツ類を摂取すると、体格指数(BMI)と収縮期血圧が低下し、血糖を下げるインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性が改善し、善玉のHDLコレステロールが上昇するという。

毎日食べてる人と食べない人の違いは?

 アーモンドを日常的に食べている人は、食べていない人に比べ、肥満が25%少なく、腹囲周囲径が高い人が21%減少することが研究者から発表がありました。

さらには、ナッツ類を食べているグループでは食べていないグループに比べ、BMIが0.8kg/m²、腹囲周囲径が2.3cm、収縮期血圧が2.6mmHg、インスリン抵抗性を示すHOMA-IRの値が0.3、それぞれ減少することが明らかになっています。

善玉のHDLコレステロールは1.5mg/dL上昇していた。ナッツ類のがん予防効果

 アーモンドには、がんの予防効果もあるという調査結果を、米国のメイヨークリニックとミネソタ大学の研究チームが発表しました。

 研究チームは、食事とがんや生活習慣病の発症との関連を調べた36件の研究を調査し、3万708人の患者を対象に解析した結果、アーモンドを摂取すると、直腸がん、子宮がん、すい臓がんのリスクが低下することが明らかになりました。

発症リスクは最大で、直腸がんで24%、子宮がんで42%、すい臓がんで32%低下した。

米国のメイヨークリニックとミネソタ大学の研究チーム

Sponsored Link

アーモンドで肥満解消

アーモンドを食べると肥満のリスクが減るのは、食物繊維が含まれいるので、食べるときの咀嚼回数を増えます。

そうすると満腹感を得やすくなり、アーモンドを食べた後で食事の量が減るるのも一つの理由だと考えられている。

 

まとめ

アーモンドを1日23粒食べると体にいいことが分かったと思います。ただし、市販されているナッツ類は食塩を添加してあるものが多いので「無塩」のもを選ぶようにして下さい。T

Sponsored Link