Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高値で売れるアルビノ 選挙と呪術に利用 おびえ暮らす子供達

ニュース

アルビノ犠牲者

国際団体に保護された13歳のアルビノの少女が右腕を切断された【写真】。また、ブルンジでも、5歳の少女が自宅から連れ去られ、手足を切断された遺体で見つかった事件がありました。どうしてこのような事件が起きるのか調べてみました。

アルビノは遺伝子疾患

アルビノ(albino 羅”albus;白い + ino” 英: albinism)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患、ならびにその症状を伴う個体のことを指す。出典wiki

 

アルビノ発祥の地タンザニア?

アルビノのルーツはタンザニアと考えられており、
タンザニア人口3500万人のうちアルビノは15万人。
およそ250人に1人という高確率です。

 驚くのが、タンザニア国民の93%が呪術を信じることです。
また、アフリカ19か国の中で抜きんでた割合だったと、
米調査機関ピュー・リサーチ・センターは、
2010年の調査で報告しています。

そんなアルビノは、タンザニア人にとって、
古来より“神聖な力を持った者”
畏怖されていました。

 

 

Sponsored Link

アルビノはアフリカ南東部に集中して生まれる

世界中で20,000人のアルビノ人口の多くが、

アフリカ南東部に集中しています。

タンザニアでは、1400人に1人がアルビノであると
言われています。そうした状況もあり、古くから、
アルビノの誕生は悪運をもたらすと信じられています。

また、呪術師によってその身体の一部を煮出した
ものを幸運を運ぶ秘薬としてしようされており、
襲撃の際に泣き叫ぶ声が大きければ大きいほど、
切断部位に宿る力は強力になると!

普通の常識では、考えらられない
迷信がいまだに信じられているようです。

 

 

Sponsored Link

 「お守り」として高額で取引?

「お守り」として高額で取引される

タンザニアなどアフリカ諸国では、
アルビノの体の一部を使った「お守り」が
幸運と繁栄をもたらすと信じられている
地域が今だにあるそうです。
 

アルビノの身体の部位から作られた秘薬が幸運と繁栄をもたらすと古くから広く信じられており、体の部位が高値で取引されている。出典「白い黒人を食べると幸運になる」アルビノの人身売買が横行! 虐殺と偏見の実態とは?=アフリカ – ライブドアニュース

全身が7万5000ドル(約84万円)

 アルビノの人々の体の一部が600ドル前後、
全身が7万5000ドル前後で「お守り」
などとして売られいるそうですが…

タンザニア人の平均年収が、約30万円から
考えると購入出来るのは資産家か地元の実力者
ではないか。。。
と言われています。

 

アルビノの女性

国連も警告するアルビノ襲撃 

2015年10月25日に大統領選と議会選が行われた時に、
アルビノを狙った襲撃が増加したことを警告しました。

また、タンザニア政府は深刻な事態に呪術師の禁止措置を
とってはいるものの、その被害は今だあとを絶たないそうです。

アルビノの子供02

出典anrel.livejournal.com

まとめ

地方の迷信深い政治家たちがアルビノの人々の身体の部位を高値で取引しています。

また、選挙の勝利を願うために高値で購入する現実は、今も何も変わってないようです。

遠い国話しのような気がしますが、このような話は今も現実に起こっています。

 
Sponsored Link
Sponsored Link

コメント