Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

1週間の水断食で体はどうなるか? 方法と効果は?

ダイエット
Sponsored Link

1週間水断食の方法と効果

1週間の水断食で体はどうなるか? その方法と効果的な断食の方法について調べてみました。

1週間水断食の方法と効果

Sponsored Link

断食の方法は?

断食の方法は、とても簡単です。

水以外の食べ物や飲み物を食べたり飲んだりしないだけです。

水断食による効果は

  1. 水断食には血圧を下げます。
  2. インスリンやレプチンの働きを良くすることで、糖尿病とともに肥満を改善出来ます。
  3. コレステロールレベルを下げます。
  4. 体重が減ります。

断食の時間経過と体の反応

それでは、断食6時間前後、3日後、そして1週間と時間の経過と体の反応についての流れを見てみましょう。

断食6時間前

断食をしてからの最初の6時間は、 朝食を8時に食べたとして昼食を抜いた位の体の状態のなので、そんなに問題は体には起きません。

断食6時間後

6時間後、血中グルコースの不足により、体が徐々に飢餓状態になり始めます。

約8時間の断食オートファジーが急激に活性化しはじめることが研究で分かっています。

オートファジーとは細胞の自食作用の事ですが、詳細について下記リンクをご確認下さい。

年齢より10才若く見えるオートファジーとサーチュイン遺伝子の活用 芸能人の実践者は?

断食3日後

断食して3日が過ぎると、脳が極限状態に陥ります。

それと同時に、当たり前ですが…

お腹がすいてイライラして来ます。

体のタンパク質を分解し始め、アミノ酸は体が極度に欲しているグルコースに変換されます。

その結果として血糖値を下げる働きがあるようです。

糖(グルコース)は体にとって重要なエネルギー源の一つで、血液中のグルコースの濃度(血糖値)はインスリンやグルカゴンといったホルモンの働きによって調節されています。このうち、インスリンは血液中のグルコースを取り込むようにさまざまな細胞に働きかけ、その結果、血糖値を下げる働きがあります。

出典:糖尿病情報サイト

グルコースがさらに進むとエネルギー源として脂肪を分解します。

これにより脳は喜びますが、体はエネルギー不足により筋肉を破壊する共食い状態になります。

水断食の1つルール

前述したとおり水断食には1つのルールしかありません。

それは水しか飲まないことです。

コップ男性113杯・女性9杯

水分補給は、とても大切です。

水の補給なしでは人の体は4日と持ちません。

目安としては、断食中は男性は毎日コップ113杯の水を飲みましょう。

女性は毎日コップ9杯を目安に飲みます。

そして、睡眠は出来るだけ多くとり、断食の期間中は運動は避けます。

断食1週間

断食して1週間経つと、それまで水しか飲んでいないのでビタミンやミネラルが不足しています。

男女共に骨密度が減少し、性欲は減退傾向にあります。

そして、女性は月経が止まる可能性があります。

その結果として免疫系が非常に弱くなってるので、ウィルスへの対抗するだけの体力が無くなっているで病気にかかりやすくなります。

Sponsored Link

断食後の食事

断食を終えたら、食生活をゆっくりと元に戻します。

最初の2日間はスープ、ジュース、果物のピューレ、白米、マッシュポテトなどの簡単に消化できる食品を選びましょう。

まとめ

最初は週末の土曜日1日からスタートするのはどうでしょうか。

そして、日曜日は少し控えめに食事をします。

このパターンを1カ月ほど続けて様子を見ます。

その後、週末2日間の水断食へと進みます。

週一回の水断食を一カ月続けるだけでも、身体が軽く感じ、月曜日の朝がスッキリした朝を迎えられます。

Sponsored Link