Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大坂なおみ コーチ関係解消 3つの解消理由とは?ネットの声は?

Sponsored Link

なおみちゃんコーチ関係解消

女子テニスで世界ランキング1位の大坂なおみ選手がツイッターを更新してサーシャ・バインコーチとのコーチ関係を解消することを明らかにしました。

色々な情報を元にして、考えらる3つの解消理由について調べてみました。

Sponsored Link

大阪なおみ コーチ関係解消

なおみちゃん、「なぜ、なんだい? 」せっかく二人三脚でUSオープンとオーストラリアオープンも優勝したのにサーチャコーチとコーチ関係を解消してしまったの?

大勢の人が思っていると思います。

なおみちゃんのTwitter

まずは告知文を掲載したTwitterをご紹介します。

大坂なおみ選手は英語で「皆さん、サーシャとは今後一緒に活動しません。彼のこれまでの仕事ぶりに感謝し、最高の未来を祈っています」とツイートしています。

サーシャコーチの返信

サーシャコーチも「ありがとう、なおみ」と切り出し、「何という道のりだったんだろう。僕をその仲間に加えてくれて、ありがとう」と大坂への感謝を述べていました。

それでは、なぜコーチ関係を解消したのでしょうか?

コーチ関係解消の理由は?

「人間関係」「マスコミ対応」「契約金・報酬」の3つに分けて見てみたいと思います。

View this post on Instagram

These guys ❤️

Sascha Aleksandar Bajinさん(@bigsascha)がシェアした投稿 –

※2大会連続で優勝した、二週間後に…

人間関係

まずは人間関係からです。

大阪なおみ選手とサーシャコーチの関係はどうだったのでしょうか?

大阪なおみ選手のマネージメントを担当しているIMGの担当者によると、今回のコーチ解消は大阪選手本人の意思だそうです。

すでに、今年に入って、バイン氏との関係は破綻していたという。4大大会2大会連続優勝を果たした今年の全豪では、バイン氏との練習時間が15~20分ほどと短かった。準決勝をセンターコートで戦った24日の同コートでの事前練習では、約10分で終了。

いつも練習後に行うバイン氏のアドバイスも振り切ろうとしたことがあった。また、練習を予約したコートに現れずに、違う場所で練習していたこともある。

すでに、今年に入って、バイン氏との関係は破綻していたという。4大大会2大会連続優勝を果たした今年の全豪では、バイン氏との練習時間が15~20分ほどと短かった。準決勝をセンターコートで戦った24日の同コートでの事前練習では、約10分で終了。

いつも練習後に行うバイン氏のアドバイスも振り切ろうとしたことがあった。また、練習を予約したコートに現れずに、違う場所で練習していたこともある。

Yhoo!ニュース

やはり、外からは分かりませんが、けっこうギクシャクしていたことは否めないようです。

マスコミ対応

次にマスコミ対応です。

サーシャコーチはテレビ出演や単独インタビューに出演しています。

大阪なおみ選手がそうだとは言えませんが、自分のコーチがマスコミに露出するのを極端に嫌う選手も中にいるそうです。

1月20日にテニスチャンネルのライフ放送に出演した時の動画とサーシャコーチのコメントです。

「とても楽しかったですスタジオに招待してくれてありがとう。」

テニス・チャンネルでの単独インタビューです。

もしかしたら…
喋りすぎちゃったのかな~??

契約金・報酬

最後に契約金や報酬についてです。

ちなみに、錦織圭選手のコーチのマイケル・チャンさんに対して臨時コーチ時代には日当50万円×20週間で7000万円ほどコーチ料を支払っていると言われていました。しかも+αとして同行した試合の賞金の10パーセントを支払うというオプション付きです。

そうなるとザックリですが年収1億円は超えていたと思います。

マイケル・チャンさんは現在は臨時ではなく正式なコーチなので現在の報酬は分かりませんが、臨時コーチの時よりは低いとは考えずらいと思います。

サーシャコーチの報酬について公表はされていませんが、選手として活躍し、コーチとしての実績もあるマイケル・チャンコーチと同様の待遇は難しいと思います。

参考:男子・女子テニス賞金ランキング ベスト10

一般的なプロのテニスコーチの平均報酬は、年間平均4万7千ドルドルから7万ドル(約520万~780万円)だと言われています。

articlebio.com/sascha-bajin

となると…

上限いっぱい+αとして優勝した二大大会の賞金の何パーセントかが乗ったとしても1200万~1500万円、Maxでも2000万円位ではないでしょうか?

サーシャコーチとしては、二人三脚でここまで来たのにあまりにも自分の報酬が少ないと思ってもおかしくないと思います。

以上のような「人間関係」「マスコミ対応」「契約金・年俸」などの要素を考えると、今回のコーチ解消の決断は、これら3つの要素が重なり合ってのことではないかと推測されます。

参考:大阪なおみ 初戦敗退 ドバイオープン動画 新コーチに対する3つ要望とは?

Twitterを更新

ドバイオープンでのチーム・なおみ?の布陣でしょうか。

お父さんとお姉さん、それに吉川コーチですね。

Sponsored Link

ネットの声

肯定派

  • え〜ビックリ!精神面での支えがかなりあったと思うから、今後の大阪さんのメンタルが心配。だけど、頑張って!
  • 大坂なおみの今の大躍進は、本人の努力だけで無く、周りのスタッフの力も大きかったと思います。
  • そんな事は、大坂なおみも分かっているはず。
  • バイン氏との関係を解消するのは、勇気のいる事。
  • あえて、その選択をしたのは、今以上に飛躍したい気持ちの表れだと思います。
  • 吉と出るか、凶と出るか分かりませんが、例えそれが望む結果にならなくても、決して無駄な事では無いと思います。
  • びっくりしたが、これがプロの世界だし、海外の選手ではよくあること。錦織を強くしたのは紛れもないチャンコーチだが、更にトップを狙うのには別のコーチの方がいいかもしれない。違った目線からのみてもらう事も必要。どの選手においてもコーチを変える事はリスクだが、新たなチャレンジでもある。
  • コーチにも夢や野望がある。多くの選手を育てたいのなら、いい区切りかもしれない。

否定派

  • 4大大会を2連覇中で年間グランドスラムの可能性もある選手のコーチを退くのは、選手にとってもコーチにとっても考えられない選択です。バイン氏はセリーナ選手の練習パートナーは8年間務めています。短期で色々な選手を育て上げるタイプでもないと思います。何かしらの達成感が2人をそうさせてしまったのなら、お互いに考え直してもらいたいです。
  • 関係解消の理由は、当人同士したわからない事だろう。
  • しかし、直近の大会等で成績が出ないと、色々言われる事は必至!!
  • メンタル強化が鍵になるだろうから、個人的には、あと一年はバインコーチで良かったんじゃないかな。
  • よくあるのが、コーチを解消した途端、怠慢となり新コーチに横柄へと人が変わるパターンに陥る。
  • 流石になおみちゃんにはそれはないだろうが、隙が生まれる事は逃れられない。
  • ここを自身のプロセスでクリア出来るなら、絶対的女王になり得る。
  • 頼りにしていた軸が無くなるのだから、
  • 覚悟は必要だよ。
  • これは前途多難になるかもな…
  • メンタルが成長したとは言え、まだまだ
  • 脆弱な所があるからなぁ。

まとめ

日本人的な発想で行くと、せめて今年いっぱいとか、ウインブルドンまでは一緒にいて欲しかった…となりますが、なおみちゃんはもっと違う次元で物事を考えているのではないかと思います。

2018年にサーシャコーチが大阪なおみ選手と会った時の世界ランキングは72位でしたので約1年でごぼう抜きの世界1とは、スゴイですね。

サーシャコーチは34歳とまだまだ若いし、昨年女子テニス協会(WTA)の 初代の「年間最優秀コーチ賞」にも選ばれているので今後の活躍に期待してます。

Sponsored Link