堀ちえみ がん公表 ブログは?舌がんと口内炎の違いは?花の82年組からのエール?

Sponsored Link
更新日

堀ちえみ がん公表

タレントの堀ちえみさんが本日2月19日のブログで舌がんであることを公表し、19日に入院、22日に手術を行うそうです。

Sponsored Link

堀ちえみ がん公表

堀ちえみさんのブログより

さて、この度は皆様に、大切なご報告があります。
私、堀ちえみは、口腔癌(左舌扁平上皮癌)と、診断されました。
いわゆる舌癌です。

堀ちえみさんのプロフィール

出生名堀 智栄美
生誕1967年2月15日(52歳)
出身地 日本・大阪府堺市東区
学歴堀越高等学校卒業
ジャンルアイドル歌謡曲
職業歌手、女優
活動期間1982年 – 1987年
1989年 - 
事務所ホリプロ→松竹芸能
  • 1989年、外科医の男性と結婚、1990年に長男、1992年に次男、1993年に三男と3児をもうけたが、1999年に離婚。
  • 2000年5月、雑誌社勤務の男性と再婚、2000年に四男、2002年に長女と2児をもうけた。
  • 2010年6月、2度目の離婚。
  • 2011年12月11日、一般男性と3度目の結婚、東京・明治神宮にて挙式。相手の連れ子が2人(男性の当時12歳の長女と10歳の長男だが、堀から見て当時12歳の次女と10歳の五男)いるので、7人の母となった。

病気の経緯は?

最初は昨年夏頃、舌の裏側に小さな口内炎ができ、病院で診てもらい、塗り薬や貼り薬、ビタミン剤などを処方してもらっていたそうです。

その後痛みも増してかゆくなり、かかりつけの歯科医院でレーザーで焼いてもらうなどしたが改善せず、舌の裏側だけでなく、左の側面にも固いしこりができた。

年が明けても良くならず、しこりが増え続け、左側の舌に激痛が走り、やがて食べ物が沁み、喋るのがつらくなり、眠っていても痛みで夜中に目が覚めしまうようになりました。

そして、1月21日に大学病院で診断してもらうと、悪性の舌がんの可能性が高いと診断され、「転移の心配もあるのですぐに一週間に検査入院をしてください」と言われたそうです。

Sponsored Link

2月4日に検査入院

2月4日に検査入院の際の結果が出て、口腔がん(左舌扁平上皮癌がん)と診断され、左首のリンパにも転移していることが判明しました。

ステージ4との告知を受けたようです。

そして、2月19日に入院し、22日に手術を行う予定です。

口腔がん(左舌扁平上皮癌がん)とは?

口腔がんとは、口の中にできるがんのことです。

代表的なものに舌がんがあります。

口の中にできるということから、自分自身が見てわかるという特徴があります。

ステージ4とは?

ステージにより5年生存率は異なりますが、ステージが進むにつれて成績は低下します。下記の数字は、おおよその平均的な数字です。

Stage 1:90%以上
Stage 2:80%前半
Stage 3:70%前半
Stage 4:50%台

花の82年組からのエール

早見優さん

デビュー同期の早見優さんが19日、ブログでエールをつづっりました。

早見さんは「同期のみんな、そして同期ではなくても同級生仲間、80年代の仲間。みんなちえみちゃんのこと応援してるから! 手術頑張って、体力つけて、いつものポジティブなちえみちゃんで、手術に挑んでください」とエールをおくりました。

布川敏和さん

『願晴れ!ちえみ!』

薬丸裕英さん

『今は祈ることしか出来ない。。。』

舌がんと口内炎の見分け方

口内炎は長くて10日程で治り痛みを感じないようです。

舌がんは舌の横の部分にできやすく、口内炎と間違われやすいが、柴原孝彦・東京歯科大学主任教授(口腔顎顔面外科学)によると、両者には大きな違いがある。

暴飲暴食などでできた口内炎なら1週間から10日ほどで治るが、舌がんの場合は治らない。

また、通常の口内炎のような痛みを感じないことも、舌がんの特徴だ。

柴原孝彦・東京歯科大学主任教授
Sponsored Link

ネットの声

  • 日本はなぜ他国と比べてガンが多いのか?それは働きすぎだと思う。
  • 1日に10時間以上勤務が常態化していれば睡眠は6時間以下の日が増えるのは当然睡眠が一番大事で細胞が弱りガン患者が増えるのは当然。堀さんの場合も若いときに無理をしていたのかもしれない。社員は会社の奴隷ではない経済優先で奴隷のように扱うのはもう終わりにしないと医療費も膨らむし、だいたい今の社会は社会人の仕事の割合が多すぎる。
  • 早期発見出来れば結果は違っていたのかも知れないが、早期発見出来たから助かるとも限らないから難しいところだ。現代の医学は治療法が大きく進歩しているので末期でも治る可能性はゼロではない。諦めずに治療してまた元気な姿を見せていただきたいと心から思う。
  • 速報見て驚きました。「話す」ことも職業の一部であるのに辛い事実ですね。お子さんのことも心配でしょう。病院にもかかっていたのに癌だと診断受けるのがいかに難しいか。手術無事成功されることを祈っております。
  • 最近あまりメディアに出ていなかったのですがまさかそんな事になっていたなんて…しかもステージ4との事に言葉が見つかりませんでした。
  • 前から色々と痛みを訴え病院に行って見てもらっていたのに、こんなに酷い状態になる迄病院側も気付かなかったなんて本人としては本当にショックだったと思います…
  • もう手術する日も決まっているみたいなので後は病院の先生に託し手術の成功を祈っています。
  • 夫がまだ40代だった今から10年以上前に舌癌にかかり手術しました。ステージ3だったと記憶していますが、舌の3分の1切除で術後の痛みと辛そうな姿が忘れられません。舌の切除の2か月後、首のリンパの転移が見つかって再度10時間以上かかる切除手術。あの頃はホントに家族みんなが落ち込みました。お陰さまで今は再発無く健康に過ごし、ガン卒業と医師に太鼓判もらいました。堀さん、今はお辛いと思います。
  • ご家族も。
  • でも、うちの夫のように克服出来ると信じて、必ず元気になって戻ってきてくださいね。
  • 舌の手術は術後も非常に辛いですが、頑張ってください舌癌は増えてるらしいので、日ごろ気を付けた方が良いです
  • せっかく早い段階から歯医者に行って診てもらっていたのに病気の発見が遅くなってしまったのが残念です。口腔外科が入ってる歯医者なら気づける人もいたのかなとも思います。
  • 今回の医療チームと堀さんの力を信じて病気の克服を心から願います。6
  • やはりちょっと異変を感じたら、街のお医者さんではなく、時間はかかるけど大学病院での検査が必要だと改めて思った。
  • 手術が無事に成功することを祈ります。
  • 池江さんに続いてこれまたショックで絶句しました。とにかく命は守ってほしいです。

まとめ

速報を見た時はビックリしました。50代に多い舌のガンとは言え、2度の離婚を経て、7人のお子さんがいる中でのステージ4の告知とは、言葉に言い尽くせない心境だとお察しします。

転移しているとのことですが、一日も早く回復して元気な姿を見せてくれることを願います。

Sponsored Link