Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日本アカデミー賞 結果 深田恭子と吉田沙保里?「深キョンメイク」

Sponsored Link

日本アカデミー賞 深田恭子大胆ドレス!

3月1日、港区のグランドプリンスホテル新高輪で第42回日本アカデミー賞の授賞式が行われました。

そんな中でもひときわ目を引いたのが、大きなスリットが入った大胆なドレスを着ていた深田恭子さんです。

どんどんきれいなる深田恭子さんにスポットを当ててご紹介します。

Sponsored Link

日本アカデミー賞 結果 深田恭子は大胆ドレス!

© Cinema Today Inc

深キョンインスタ

日本アカデミー賞 結果

まずは日本アカデミー賞の結果からご紹介します。

是枝裕和監督作「万引き家族」が最優秀作品賞を含む8冠、そして白石和彌監督作「孤狼の血」が最優秀主演男優賞を含む4部門を受賞しました。

上田慎一郎監督による「カメラを止めるな!」は、最優秀編集賞と話題賞(作品部門)を獲得しました。

速報! 第42回 日本アカデミー賞 最優秀賞 受賞作品・受賞者 決定(2019.3.1)

■最優秀作品賞    「万引き家族」

■最優秀アニメーション作品賞    「未来のミライ」

■最優秀監督賞    是枝裕和「万引き家族」

■最優秀脚本賞    是枝裕和「万引き家族」

■最優秀主演男優賞    役所広司「孤狼の血」

■最優秀主演女優賞    安藤サクラ「万引き家族」

■最優秀助演男優賞    松坂桃李「孤狼の血」

■最優秀助演女優賞    樹木希林「万引き家族」

■最優秀撮影賞    近藤龍人「万引き家族」

■最優秀照明賞    藤井 勇「万引き家族」

■最優秀音楽賞    細野晴臣「万引き家族」

■最優秀美術賞    今村 力「孤狼の血」

■最優秀録音賞    浦田和治「孤狼の血」

■最優秀編集賞    上田慎一郎「カメラを止めるな!」

■最優秀外国作品賞    「ボヘミアン・ラプソディ」

■新人俳優賞    上白石萌歌「羊と鋼の森」
                      趣里「生きてるだけで、愛。」
                      平手友梨奈「響 -HIBIKI-」
                      芳根京子「累 -かさね-」「散り椿」
                      伊藤健太郎「コーヒーが冷めないうちに」
                      中川大志「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」
                      成田 凌「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」
                      吉沢 亮「リバーズ・エッジ」

引用:www.japan-academy-prize.jp

「深キョンメイク」のポイント

 ファッションスタイリスト&ライターの角侑子(すみゆうこ)です。今春、ドラマで活躍中の深田恭子さん(36)。あいも変わらずの可愛さ&年齢不詳っぷりに今、まさにネットがざわついていますね。一体どういうことなのでしょう、あの若さ。

「深田恭子さんがもともと完璧なほどに美人だから、36歳でも若々しいんだよ」なんて言いたくなる気持ちも分かります。実際、美人だからというのが大きい理由でもありますが……でも出来るならあやかりたい。あの透明感のある若々しいお肌、愛されフェイスを!!

 ということで今回は、ファッションではなく深田恭子さんの最新メイクの取り入れ方をご紹介いたします。

◆むしろ若返ってる! 2000年代の深キョンメイクとの違い
 今の深田恭子さんは確かに可愛いし、溢(あふ)れんばかりの若々しさがあります。いっぽうで、アラサー世代より上のみなさんは今の彼女をみて、「あれー? こんな顔だったっけ?」と、どこか違和感を抱きませんか? そこで、深キョンのとくに全盛期であろう90年代後半~2000年代の過去映像や写真を確認してみたところ、メイクに大きな違いがありました。

 10年以上前の深田恭子さんは眉が細くつり上がり、目元は色味のないヌーディメイク。ツンと尖った鼻と、小ぶりでキュートな口元にポイントをおいたメイクが基本だったようです。ちょっとマイルドヤンキー感があるのは、00年代メイク特有の流行ですよね、懐かしい。

 加えて、昔は今よりも頬がふっくらとしていた深田さん。フェイスラインが女性らしいので、代わりに眉はシャープに仕上げてバランスを取り、大きな瞳に健康的な肌といった本人の素材をそのままに活かしたメイクにしています。眉の印象が強いせいか、昔の方が今よりもお姉さん感があるので、一層私たちは今の彼女を見て「若々しい!」と感じているのかもしれません。年を重ねるほどに若くなるって、深キョン。あなたは、ベンジャミン・バトンか。

◆深キョンメイクのポイントは「ハリツヤ肌と目尻重視のアイメイク」
 さて、2019年の深田恭子さんメイクに戻ります。現在の深田さんは以前とは反対に、フェイスラインがすっきりとシャープになっています。その代わり、アイメイク・眉・チークの入れ方、リップなどに柔らかさと丸みを意識しているのですね。

 まさに、このメイクバランスが彼女をより若々しく見せているポイントではないでしょうか。年齢を重ねるごとに余計な肉が落ちていく私たち30代~40代にこそ、深田恭子さんのメイクは非常に参考になりそうです。

 ポイントを分析していくと、まずは何よりも土台となる肌。内側から発光するような透明感とハリ・ツヤがあります。ベースメイクは発色の良い下地を使用する、お疲れ感が出やすい目の下にハイライトを入れるなどして、ふっくらベースメイクを意識して取り入れましょう。

 もう1つポイントとしてあげたいのが、目元。もともと深田さんは目尻がキュッと上がった猫目タイプです。小悪魔的で可愛いのですが大人の女性が、素材そのままの猫目に合わせてアイメイクをするとどうしても、目元がキツく見えて怖くなってしまいます。なので、深田さんのようにアイメイクは目尻を丸く見せるため、下まぶた目尻から1/3まで濃いブラウンを入れてしまいましょう。まつげも目尻部分のみ長くなっているので、全体で見るとより丸く愛らしい瞳に変化していいますね。

 とくに、顔立ち的にキツく見られがちな方は深田恭子さんのメイクを真似すると、柔らかさと愛らしさが備わるのでぜひ、上記ポイントを参考にしてみてくださいね。

<文&イラスト/角 侑子>

女子SPA
シネマトゥデイ
Sponsored Link

ネットの賛否両論

  • 広瀬すずと平手さんの衣装がモサっとしていて良さが分からなかった。
  • 余計な感想だけど、他の女優さんを見て『あんなドレスの方が良かったな〜』って思うこととかありそうだなぁ。
  • おめでとうございます。
  • 深田恭子って静止画だと可愛く見えるが、ドラマで表情が動いているものをみると違和感を感じる。色々と不自然。リフトアップや目元もなんか変だなぁと最近思ってしまった。
  • 広瀬すずちゃんと蒼井優が衣装の色被りしていたな。
  • やっぱbodyを鍛えて出さなきゃね!
  • キョン可愛い️
  • こういう場面で着るドレスって全然いいとは思えないんだけど?蒼井優のもマツコが着るような物しかに見えなかった(笑)
  • どの女優さんも個性的な衣装で綺麗だと思います
  • 広瀬すずが冨田靖子かと思ったよ
  • 深キョンの脚は太い

まとめ

『空飛ぶタイヤ』の演技で優秀助演女優賞に輝いた深田恭子さんがの美しさにどんどん磨きがかかっている感じがありますね。

女優や芸能人になる位だから、皆さん素材はピカイチだと思うのですが…

さらにキレイになる人と、もうちょいな人の差はどこから来るんでしょうか?

とっても不思議ですね。

Sponsored Link