Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女子アナ 退社続出 積極活用 矛盾と理由とは?

Sponsored Link

女子アナ 退社続出 積極活用 矛盾と理由とは?

今年に入って、テレビ朝日の宇賀なつみアナと小川彩佳アナ、TBSの吉田明世アナと宇垣美里アナの退社が次々に報じられていますが、女子アナの退社続出と積極活用の矛盾と理由について調べて見ました。

Sponsored Link

女子アナ 退社続出 積極活用 矛盾と理由とは?

女子アナ退社続出の理由

「女子アナの退社続出」「民放各局のアナウンサー積極活用」という矛盾は、なぜ起きているのでしょうか?

女子アナの退社理由とは?

女子アナの退社理由は、確かに以前よりも早くなっています。

今までに退社した女子アナの退社理由を大きく分けると:

  1. 「結婚がきっかけ」
  2. 「留学したい」
  3. 「別の仕事もしてみたい」
  4. 「忙しさから解放されたい」
  5. 「収入や待遇に不満がある」
  6. 「体調不良で療養」などです。

ただ、最も多いのは、「結婚で生活リズムを変えたくなった」からのようです。

基本的にアナウンサーという職業は、アナウンス力はもちろんですが、さらに、私生活においてもイメージが良く、会社員なのにテレビに出ているので知名度があるので普通の生活がしづらいなどの芸能人的な難しさがあります。

例えば…

週刊誌の記者だけでなく、一般人からも注目される存在なので、会社帰りに一杯飲むのも一苦労のようです。

宇賀アナのようにあまり気にしていなアナウンサーもいるようですね。

女子アナが抱える社内問題とは?

アナウンサーの職務以外にも女子アナが抱える社内問題とは、大きく分けると、以下のような7つに分けれるようです。

  1. 「スタッフから使われる」
  2. 「タレントや先輩社員たちに気を使う立場」
  3. 「早朝や深夜、土日や緊急時、郊外ロケなどの対応」
  4. 「自局内と世間での評価を気にする」
  5. 「希望ジャンルの番組に就けない」
  6. 「異動でアナウンス業務から外されるかもしれない」
  7. 「チャンスをフリーアナに奪われてしまう」などの難しさもあります。

ゆとり世代的な思考

在京キー局のアナウンサーにも、「ずっと局アナとしてやっていきたい」という人ばかりではなく…

  1. 「気苦労がないならフリーになりたい」
  2. 「別の道を探すことも考えていきたい」
  3. 「結婚退職で子育てに励むのもアリかな」という考え方の人も増えているようです。

女子アナ1時間あたりのギャラ番付

女子アナ1時間あたりのギャラ番付などの見える化したデーターもあるので、自分がフリーに転身した場合の目安となりますね。

気負いなく退社を選ぶアナウンサー

それなりに活躍の場が用意される局アナにしがみついたり、そこでの成功に執着したりすることなく、「フリーでそこそこの仕事とお金がもらえれば十分」「公私ともに自分の自由が欲しい」という声もよく聞くようなっています。

世間の20~30代がそうであるようにアナウンサーも、「成功や人気より、自由や自分らしさを優先させたい」という人が増えているようです。

積極活用の事例とは?

このところ民放各局では、アナウンサーの積極活用という動きが多く見られるようになっています。

例えば..。

  • 2月5日「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)は、「イマドキのTBS女子アナSP」をテーマに掲げて、林みなほアナ、宇垣美里アナ、日比麻音子アナ、山本里菜アナ、良原安美アナがゲスト出演。同番組は昨年も、山形純菜アナがタレントに混じってゲスト出演していました。
  • 2月9日「明石家さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検」(フジテレビ系)という、アナウンサーをフィーチャーし41人をスタジオに迎えた大型バラエティー特番を放送。2月11日の「ネプリーグ」(フジテレビ系)には永尾亜子アナと榎並大二郎アナが解答者として出演しました。
  • 2月11日「今だから話します! 平成最後にアスリート初告白SP」で水卜麻美アナが再現ドラマで荒川静香さんになり切るシーンが話題になりました。
  • 2月18日「Qさま」(テレビ朝日系)には、弘中綾香アナ、福田成美アナが解答者として出演。また、弘中アナが単独で進行役を務める「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)が4月に深夜帯からプライム帯に昇格することが発表されました。

また、日本テレビは、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で話題となっているダンス“朝礼体操”に桝太一アナ、ニュース担当・徳島えりかアナ、SHOWBIZ担当・後呂有紗アナ、スポーツ担当・篠原光アナの4人が挑戦した動画を公開しています

3年A組朝礼体操「3年Z組~ZIP!アナウンサー」編

さらに、昨秋スタートの情報番組「バゲット」もアナウンサーをメインに据えるなど、積極活用の動きが続いています。

積極活用の理由とは?

アナウンサーを積極活用している理由を大きくまとめてみると:

  1. 「現場経験が豊富でタレントに準じるスキルとキャラを持っている」
  2. 「キャスティングの経費削減ができる」などの理由があるからです。

もともと、アナウンサーは、一般人としての常識や感覚がある上に、メインのタレントを立てられるなど、制作サイドにとって計算できる存在ですので、「視聴者から見て好感度の高いアナウンサーは、男女を問わずどんどん使った方がいい」というスタンスは理にかなっています。

Sponsored Link

ネットの声

  • 女子アナの中でも報道寄りとバラエティ寄り、どちらを目指していきたいのか人それぞれだと思いますし適性だってあるはず。結婚・出産を機にワークライフバランスを考える時期もあるでしょう。一般的な会社員よりもプライベートにだって気を使う必要がある大変な仕事です。各局は、それぞれのアナウンサーを貴重な人材として大切にしなければならないし、今後のキャリアや適性について話し合う機会を一般企業以上に持つべきだと思います。
  • 女子アナを積極的に使うから露出が増えて人気が出たり、実力を評価される機会が増え独立してフリーで勝負する選択肢が出来る。女性の場合は、結婚出産を考えると局所属だと勤務時間か勤務内容のどちらかを犠牲にする事になる為、フリーを選ぶ形が増えるんだと思います。報道やレギュラー番組は時間的に難しく、残業や時間外手当が減る為収入が下がるのは仕方が無いですし花形で活躍していた人が、裏方に回ると言うのはプライド的にも辛いでしょうしね。
  • 自社だと待遇が良くないのかな。人気がある人ならフリーになると収入面では良くなるからかもしれない。しかし、NHKのアナウンサーは定年まで続ける人が多いけど、新人からベテランになるまでビジョンが描きやすい職場なのだろう。待遇も仕事も良いのかもしれない。
  • TBS古谷アナのラジオの無断欠勤も1つの理由だと思う。一月のあたりの総勤務時間は管理されてるとはいえ時間帯は不定期でタレントのスケジュール=番組の収録時間にも左右されることもあるはずだし勤務時間以上に激務で身体が悲鳴をあげてしまうというのもあるのでは?番組改編期以外にも年末年始の特番もあるしドラマの入れ替わる6月末から7月上旬も小改編と年4回の特別プログラムもあると時間管理も無茶苦茶だろう…。それも人気アナになればなるほど局内からオファーも多いだろうし…。そしてそれに呼ばれ振り回されるの巻男性よりもサブMCを務める女性アナウンサーの方が圧倒的。それなら仮に収入が減っても時間の融通は聴いた方が無理をしないで仕事ができるフリーという方向に考えが向いても仕方ないと思う。

参考:古谷有美アナ 謝罪 土曜朝6時 木梨の会 「起床時間に起きられず」

  • 日本人特有の経営者管理職の思考回路に問題があります。日本企業で成功した例はほぼオーナー企業で大多数はその後株式会社として雇われ経営者が経営を行うことになりそして輝きを失うのですね。このことはどの業種でもそうですがポジションの上の者が部下は優秀ではなく自身のコントロール下であることをMUSTにするからです。外の人間で契約し何時でもカット出来る人と立場が逆転するかも知れない人間では自ずと扱いが変わるのは当然ですし後輩を認めにくいメンタルも変えられませんから需要があれば外に出たくなるのは能力に自信があれば当然です。その後上手くいかなくなり行き場がなくなることもことが多いんですが加藤綾子アナのように出戻ることもあるのです。
  • よくフリーの女子アナが増えて仕事を奪い合い状態とかサバイバルとか煽る記事も多いけど、フリーの最大の利点は仕事を選べること。早朝深夜の仕事はイヤ、遠方のロケはイヤ、イメージの悪い番組はイヤ、気が合わない共演者と一緒はイヤということだろう。月に数本の仕事でも食べていくだけなら十分だし、結婚しても主婦業と両立できる。
  • TBSは自局アナよりフリーアナを重用する傾向にあるが、視聴率目的の他に自局アナを発奮させる目的もあると思う。スキルアップもしないで長居されるより成長してフリーになってもらった方が新陳代謝も進んで会社的にも良いからね。現にTBS社長はフリーになるアナを仲間として応援する姿勢を見せている。逆に、系列だがTBSとは仲が良くない大阪の某局みたいに長居する女子アナばかりで新人アナが入らず新陳代謝が全然進んでない局もある。
  • 民放はフリーアナに払うお金があるなら、もう少し採用を増やして、局アナの労働環境を考えたほうがいいのではないか?フリーになる要因の1つに、過酷労働もあげられていたので、結婚しても働ける環境を作ってあげることはできると思うが・・・ 今の状況では、残った人に負担がいくので、また耐え切れず退社のような悪循環が起こりかねない 吉田さんの寝坊も平日ビビットやって、土曜日早朝からラジオがあるって、どうみてもつらいだろう。
  • 一般社会と同じで仕事が出来て性格が良ければ、フリーで成功するし、逆なら厳しいよ。川田亜子は美人で好みの顔だったけど、自分のことをモテキャラと自分で言っていてさすがにドン引きした。フリーで上手く行かなくてあんなことになったのは残念だったけど。中野美奈子は仕事が出来ないことを注意されて逆ギレ。退社後に雑誌にフジの悪口を載せてフジを出禁になった。先日は日テレに出て、本当は日テレに入りたかった。宮崎アナと一緒の面接だったけど、大したこと話してないのに合格していておかしいと言っていた。はっきり言って中野美奈子の性格の悪さはひどすぎる。気分が悪くなるからテレビに出さないでほしい。
  • アナウンサーで入社希望だからやはり報道志向が強いと思われるけど、ニュース原稿を読ませてもらえるのは極少数でフリーアナも参入してきてる、現政権における体制翼賛報道で「問題発言」してもフリーだと局全体の責任が及ばない(その点玉川さんは正社員だけどリスクをしょってる)から本来やりたい番組を担当できずバラエティー担当で不満が鬱積し、じゃあフリーになって報道を目指す(環境もできてきた)。
  • 宇賀アナだと恐らく出社は午前3時頃で昼夜逆転なのでフツーの新婚生活が送れない。(実生活重視型)
  • 最近は局アナが最終目的ではなく、その知名度・アナウンス力・収入をもとにして更なる飛躍を目指す例もある、某地方局アナはショップチャンネルキャストから今は自分の会社を持ってる、その他自分の会社を立ち上げて社長に就任してる元局アナもいるよね。地方局から東京に行きたい志向もあるのか。あとは気象予報士になった人もいてるよ。

まとめ

女子アナがある程度働いて知名度がUPするとフリーに転身後、芸能人化するというパターンが確立されている感じがします。

局アナの年収はザックリ1千万~1.5千万くらいだとすると、ある程度、知名度がある女子アナが独立した場合、年収が6~7倍になるとすれば退職者が続出しても全くおかしくないですよね。

Sponsored Link