Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ポツンと一軒家 イッテQ 超え理由は? 番組制作費が3分の1

Sponsored Link

ポツンと一軒家 イッテQ 超え理由は? 番組制作費が3分の1

2月24日日曜夜8時台の視聴率は、「世界の果てまでイッテQ!」が16.3%、「ポツンと一軒家」が16.4%、その差はわずか0.1ポイントですが、「ポツン」が番組開始以来、初めて1位となり、「イッテQ」を超えましたので、なぜ超えた理由は?番組制作費3分の1なども含めて調べてみました。

Sponsored Link

ポツンと一軒家 イッテQ 超え理由は? 番組制作費が3分の1

ポツンがイッテQ超えの要因とは?


『ポツン』は特番のころから評判も良く、昨年10月にレギュラー化されて以来、視聴率が2桁を割ったことがありませんでした。

前回放送された2月10日の放送では15.2%とレギュラー化してから最高視聴率を記録しています。

今回さらに伸ばして『イッテQ』を抜き去りました。

圧倒的に違う番組制作費

Smart FLASH

圧倒的に違うのは、番組の製作費です。

イッテQは番組制作費はトップクラスで3000万円です。

ポツンと一軒家の製作費のデーターはありませんが、テレビ東京の家、ついて行ってイイですか?の予算が200万円から考えると…

所さんと林先生のギャラを考えたとしても、1000万円までは行かないと思います。

仮に1000万円だとしてもイッテQの三分の一の製作費で同じくらいの視聴率では、スポンサーさんも面白くないのではないでしょうか?

関西圏では勝つのは2度目

関西圏では『ポツン』が『イッテQ』に勝ったのは実は2度目で、今回は『ポツン』16.8%に対し、『イッテQ』13.3%と圧勝しています。

番組内容の比較は?

「イッテQ」は:

  1. “世界の果てまでイッタっきり”で、みやぞんが韓国でテコンドーの演武を習得するまで帰ってこられない
  2. ロッチ中岡のイタリア・スペインでQtubeという2本立でした。

「ポツン」は:

  1. 岡山県南東部の山奥でブリーダーをしている一軒家、
  2. 岐阜県の愛知との県境山奥にあった築300年の豪邸とこちらも2本立て。

ヤラセ問題とイモト女優化

「16%取っていれば決して悪くはないのですが、『イッテQ』は18%は当たり前で、時には20%も超える番組ですからね。今回、日韓の関係が最悪の時に韓国ロケしたことが理由ではないと思いますけど、やっぱり、『イッテQ』は昨年のヤラセ問題がジワジワとボディブローのように効いてきているのかもしれません。ヤラセ問題によって、人気企画だった“祭り企画”を放送できなくなりましたしね。それに、この番組で人気の出たイモトアヤコのレア感がなくなってきました。彼女は『下町ロケット』(TBS系)や現在放送中の『家売るオンナの逆襲』(日テレ系)には女優として出演するようにもなってそれも好評です。しかし、フィクションの世界で上手いとなると、『イッテQ』のようなドキュメントバラエティがガンチコに感じられなくなってしまうこともありますからね。一方、『ポツン』は、衛星画像を頼りに人里離れた一軒家を訪ね、その住人はどういう人か調査するというだけの企画ですが、それが面白い。企画の良さに加え、大河ドラマ『いだてん』が絶不調で、その視聴者が流れてきたのかもしれません」

(某テレビ局関係者)

15%超という高レベルで闘いを続ける「イッテQ」と「ポツン」だが、ちなみにこの日のNHKの「いだてん」は9.3%でした。

Sponsored Link

ネットの声

  • 視聴率的には「イッタっきり」の行き先の国にも問題あったと思う。”あそこの国なら見たくない”って人も中にはいたはず。
  • 「いだてん」の不調によるアシストもあるのでは?例年、大河ドラマを見ている層が、流れる先としては、イッテQよりもポツンとだろうから。だとすると、今年いっぱいは、ポツンとの天下かも?それまで、ポツンとのネタが尽きなければの話だが。
  • 最近は、ダッシュ村→イッテQといったパターンで無くなった。理由は単純にマンネリ化してきたので、観なくてもいいやと思う。かと言って他局の番組も面白いのがあるわけでもない。
  • ポツンは絶対観たいわけではないけど、やっていればそのまま最後まで見ちゃいます。よく教育されてるのか、現地に行ってるスタッフさん達が礼儀正しくて好き。当たり前だけど、道とか少しでも教えてもらえたら丁寧にお礼言ってるし、頭も下げて、言葉遣いも悪くない。誠意を感じる。人気番組でも、スタッフの品が無いと残念な感じになりますからね。ポツンの現地スタッフは確実に番組の好感度アップになっていると思います。
  • イッテQは韓国でロケしたのを放送するから視聴率下がるんやん。こんな両国の状態で韓国を取り上げる日テレの神経疑う。そら嫌悪感で見る人減る。
  • イッテQ、毎週見てたけど、今回は予告でみやぞんが韓国に行くってやってたから見なかった。何で散々イチャモンつけてくる国を見ないとならないのよポツンとの方を見たけど、おもしろかったよ。
  • 戦犯は日韓関係が冷えきっている中でみやぞんの韓国ロケを放送したスタッフだな。
  • ポツンと一軒家は、その土地や家族の歴史などを知ることが出来て、意外と面白い。イッテQ!よりも、大河ドラマから視聴者が流れているのでしょうね。
  • イッテQ!はなんかうるさいだけのバラエティって感じ。ポツンとは面白い色々な要素がある。家を探すワクワク感。たどり着くまでの道が崖があったり獣道みたいだったりスリルがある。道を尋ねたときの田舎の人の親切さや暖かさにほっこりしたり。住人のその家に住む理由が人それぞれで色々な事情があり歴史がありドラマがあり。いつもなんだか涙が出るくらい感動する。テレビ東京の家までついていく番組もそうだけどインチキのバラエティーより一般の人のドラマの方が人の心を揺さぶるんだと思う。
  • イッテQの企画不足もあるでしょうが、一番の要因は記事にもある“大河ドラマ”の不調が大きいのかな?大河ドラマを見る層(主にシニア層?)を想像したら、やはりポツンと一軒家の方が安心して見てられそうですし。当然、色々な要素は重なってなんでしょう。

まとめ

制作費が桁違い 「ポツンと」はディレクターとカメラマンとあと数人でロケして編集しています。

なので、出演者の高額ギャラも所ジョージと林先生ぐらい。

「行ってQ」は海外ロケだらけで出演者のギャラだけでも1000万円ぐらい掛かってので費用対効果を考えるとダントツで「ポツンと一軒家」の勝ちですね。

Sponsored Link