Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヴァルキリー 新車 価格と性能は?エンジン音は?

Sponsored Link

ヴァルキリー 新車 価格と性能は?エンジン音は?

アストンマーティン・ヴァルキリーの新車価格と性能がネットで話題になっています!!

英国のアストンマーティンは、そんな本物のF1と同じ技術によって作られ、しかも公道走行可能なクルマを間もなく発売します。

どんな車のなのかアストンマーティン・ヴァルキリーについて調べてみました。

Sponsored Link

ヴァルキリー 新車 価格と性能は?エンジン音は?

神と人間の間に生まれた存在

アストンマーティンと、このプロジェクトに協力するF1チーム、レッドブルの頭文字を組み合わせたAM-RB 001というコード名で、2017年より開発されてました。

このクルマは、北欧神話に登場する半神に因み「ヴァルキリー」と名付けられました。

“神”(F1マシン)と“人間”(公道用市販車)の間に生まれた子が
ヴァルキリーです。

F1の鬼才が開発

エイドリアン・ニューウェイ

この車の開発は、F1の世界で“鬼才”と呼ばれたエイドリアン・ニューウェイが指揮を執っています。

これまで彼の手掛けたF1マシンは、グランプリで150を超える勝利を挙げています。

ヴァルキリーのボディは?

ヴァルキリーのボディは、他のアストンマーティンと比べると、官能的な美しさには欠けるかもしれませんが、空気力学的な機能性を追求したそのフォルムには、今までの車にはなかった全く違った別の美しさが感じられます。

ボヂィーの周囲を高速で流れていく空気の流れが目に見えるような気がして来ます。

グラウンド・エフェクト

グラウンド・エフェクトとは車体を路面に張り付かせる“負の揚力”

アストンマーティンの伝統的な凸形グリルを受け継ぐフロントエンドから取り込まれた空気は、ボディの下を通り抜け、路面との間でグラウンド・エフェクトと呼ばれる”負の揚力”を発生させる。

つまり…

ボディ自体が飛行機が飛ぶ原理とは真逆で、車体を路面にピッタリと張り付かせます。

レースカーのウイングに薄いステッカーを貼ることさえ嫌がったという開発者のニューウェイのことだから、ボンネットから突き出したワイパーのデザインや、フェンダーの隙間から覗くサスペンションアームの形状にも、空力的な意味があるに違いない。

F1で176回優勝 エンジン製作は英国のコスワース

エンジンもまた、F1のDNAを色濃く受け継いでいる。

その開発を請け負ったのは、1960年代から多くのF1マシンにエンジンを供給してきた英国のコスワース。

彼らが製作したエンジンを搭載してF1で優勝したマシンの数は、のべ176にも上る。

ヴァルキリーのエンジン音は?

Aston Martin Valkyrie V12 Cosworth dyno run | PistonHeads

ヴァルキリーのエンジンは?

F1マシンと同様に、コクピットの背後に搭載するヴァルキリーの6.5リッター自然吸気V型12気筒は、排ガス規制に適合した公道用エンジンとしては驚異的な最高1万1100rpmまで回り、ターボの助けを借りずに1000馬力を絞り出します。

ベースとなっているのは1990年代のF1用エンジンの技術ですが、それから20年以上が経った今、素材や設計、製造技術は当時より進歩している。

アストンマーティンとエイドリアン・ニューウェイを擁するレッドブル・アドバンスト・テクノロジーは、この世界最高の公道用エンジンに、さらに近年のF1で使われているようなハイブリッド技術を組み合わせました。

F1と同じ技術とは?

  • 減速時に発生する運動エネルギーを電気に変換してバッテリーに蓄え、その電気で回るモーターが160馬力を発揮してエンジンをアシストする。

合計するとヴァルキリーのパワーユニットは最高出力1160馬力、最大トルク900Nmを発揮する。

  • エンジンとギアボックスが、車体構造の一部としてリアのサスペンションを支えることにより剛性力がUPし軽量化する。
  • ボディもF1と同じ炭素繊維強化樹脂(カーボンファイバー)製。

車両重量は、パワーの数字と1:1、つまり1160kg程度になる見込みとなりトヨタ・プリウスより350kgくらい軽い。

唯一F1と大きく違う点は、助手席があることと、雨の日も濡れないこと。

ヴァルキリーの装備は?

www.autobild.de

「AMR」とは、アストンマーティン・レーシングを意味する。AMRは、アストンマーティンのモータースポーツ活動から得られたノウハウを市販車に投入し、さらなる高性能化を図ることを目的に立ち上げられたブランド。

  • 後方確認は、カメラを設置した「ミラーレス」仕様
  • スイッチギヤは、全てステアリングホイール上に配置
  • バイタルサインは、全ての単一のOLEDディスプレイスクリーン上
  • ステアリングホイールは、乗り降りがしやすいよう取り外しが可能
  • 駆動方式は、MR(後輪駆動)
  • トランスミッションは、リカルド製の7速ギアボックス
  • タイヤは、ミシュラン製の高性能ロードタイヤを装着
  • ボディは、カーボンファイバーのマルチマティック製
  • 電装品周りは、ボッシュが担当
Sponsored Link

アストンマーティン「ヴァルキリー」の価格は?

ヴァルキリーの販売価格は200万~300万ポンド、日本で乗るためには公道仕様は約3億円、サーキット仕様の「ヴァルキリー AMRプロ」は約4億2千万円と言われています。

2016年のプロジェクト発表の時点で、すでに数百人を超える購入希望者が殺到していたというヴァルキリー。

2017年4月24日に行われた「ヴァンキッシュSクーペ/ヴォランテ」のジャパンプレミアの際、アンディ・パーマーCEOからは全175台のヴァルキリーは完売しているとアナウンスがありました。

発売日(予約受注の開始日)は正式に発表されていませんが、すでに受注は開始されており、最初のデリバリーは2019年を予定しているとのことです。

日本での販売台数は11台になるそうです。

まとめ

ヴァルキリーAMRプロは、予想最高速は約400km/hと、まさにF1車並の速さで、超高速走行に耐えためられるように、無駄なパーツを減らすことで重量を削減し、さらにダウンフォースを生み出すように設計がされています。

納車時期は2020年を予定しており、価格は4億円以上。

もしも買うことが出来るなら投資対象としてもいいかも知れません。

なぜなら限定販売なのでもう生産されないというポイントが一つと、もう一つが、 排ガス規制が今後も益々厳しくなることを考えれば、これほどの内燃エンジンを持つクルマが市販されることは、もう半永久的にないかもしれないからです。

購入者は抽選で選ばれる、アストンマーティンの所有者が優先して購入できるという噂も流れているので、友達にアストンマーティンの所有者がいれば当たって見てもいいかもですね。

Sponsored Link

コメント