オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

健康

中年からのジョギングでも認知症予防に効果あり【米ボストン大報告】

投稿日:

ジョギング

運動は身体にいいと誰もが思っていると思います。実際にアメリカのボストン大学の研究者の調査により、適度な運動は認知症の予防になると発表がありました。適度の運動とはどのようなものか調べてみました。

Sponsored Link
Sponsored Link

認知症の原因は?

認知症の原因とされている脳の萎縮を予防するには、
中年からの運動が決め手になると、
ポストン大学のスパルタノ博士が
米国神経学会の専門誌に発表しました。

スパルタノ博士は以下のように言っています。

中年期の運動能力が低いと歳を取ってからの脳の萎縮が起こりやすくなり、逆に中年期に運動をするようにすれば、高齢になってからの脳の萎縮や認知機能の低下を食い止められる可能性があると結論しています。

一般的に脳は歳を取ると萎縮し、
その結果として認知する機能が
低下して認知症を引き起こと言われてます。

そこで博士の研究チームは、
まず認知症や心疾患のない平均年齢40歳の人
約1,500人を対象にランニングマシン
心拍数が一定の数値に達するまで走れる時間
測定比較により運動能力を調べたそうです。

 

20年後60歳で再度同じテスト

40代の被験者に20年後に再度同様のテストを行いました。
その際の脳の状態を磁気共鳴断層撮影(MRI)装置で調べてみると….

心拍数が高く距離が短い人ほど、
脳が萎縮していることが分かりました。

40代の時よりも運動成績が低下した人のうち、
特に心疾患や高血圧の症状がない人では
脳の老化が1年程度だったのが、

心疾患の症状があったり
高血圧の薬を飲んだり
の人では2年分の脳の老化
進行していたそうです。

運動能力と高齢者の認知機能との関連は、
別の研究でも明らかになっているようで、
中年期の運動能力が高い人ほど、
5年後の脳の萎縮も少ないという
研究結果もあるそうです。

 

専門家の報告によると、

「心疾患を持つ人にとっては脳の加齢を防ぐために運動が重要で、特に40代から50代に行う運動で血流が増えて、より多くの酸素が脳に運ばれる。」

 

このように中年からの運動でも、認知力の低下を抑えるようですね。

今からでも遅くないので、運動しましょう^^

Sponsored Link

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最低6時間寝ないと寿命を12%縮める、身体に起こる問題とは?

夜更かしして遅くまで起きてるいる人は考え直さなければならない理由が発表されました。6時間以下の睡眠しかとらないと寿命が12%縮まるそうです。

スウェーデンリポート、高齢出産の驚きのメリットとは?ヨーロッパ最新研究結果

高齢出産は、母体と子どもにとっても、リスクが高いと考えられてきましたが、今年の4月に、その説を覆すような「高齢出産のメリット」を証明する研究結果が発表されました。実際メリットとは何なんでしょうか?

「コーヒーを飲むと長生きできる?」ダイエット効果・三大疾患・認知症・糖尿病・痛風・うつ予防と代謝率UPまで

コーヒーを嫌いと言うか方は少ないと思いますが、これからは積極的に飲んだほうがいいようです。

ダントツで日本に認知症と寝たきりが多い理由は血圧に関係がある?!

日本の医者がこぞって血圧を下げる薬を処方したことにより、認知症と寝たきりが多いとの持論をテレビでお馴染みの武田先生が展開しています。 寝たきりと認知症が多い理由 病院が高血圧治療を始めて30年 温泉に …

四重焦点レンズ、老眼の女性これで化粧ちゃんとできます!

イギリスから最新の老眼インプラントのご紹介です。 誰でも年をとると近くのモノが見えずらくなります。一番最初に年取ったかな~?と自覚するのが老眼です。40代後半くらいから単行本が夜読みずらくなったり、少 …

Sponsored Link