Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

麻雀放浪記2020 公開決定 決断理由?薬物使用の兆候は?

Sponsored Link

麻雀放浪記2020 公開決定 決断理由?薬物使用の兆候は?

麻雀放浪記2020が来月4月5日から公開決定になりネットで話題になっています!!

公開決定をした決断理由や瀧氏は撮影時に薬物使用の兆候はあったか?など調べてみました。

Sponsored Link

麻雀放浪記2020 公開決定 決断理由?薬物使用の兆候は?

映画『麻雀放浪記2020』特報(ロングver.)

東映は3月20日、麻薬取締法違反(コカイン摂取)の疑いで12日に逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧こと瀧正則氏が出演する映画「麻雀放浪記2020」を予定通り4月5日に公開すると発表しました。

決定理由とは?

公開の中止や延期も検討したようですが…

  • 「ファンのためにならない」
  • 「作品に罪はない」という観点から公開を決めたようです。

なお、瀧氏の出演シーンのカットなども行わない。

なお、瀧氏逮捕の報を受けてから、東映は製作委員会など関係各所と協議を進め、今回の結論に至ったようです

東映多田憲之社長

東映の多田憲之社長は?

「容疑が事実であれば決して許されることではないが、あってはならない罪を犯した出演者のために、作品を待ちわびているお客さまへの公開をやめることはしない。配給担当である弊社の判断で予定通り公開する」と会見で明言した。

配給予定劇場との対応

この作品を配給予定の劇場は計51カ所で、多田社長曰く、「逮捕後も特に(断りの)連絡は来ていない」そうです。

予定通り公開する旨を、これから各劇場に伝え、「どういうリアクションがあるか」反応を待つようです。

Sponsored Link

視聴者への配慮として

ポスター・テロップで逮捕の状況説明をする。

実際の公式サイトのTOP画面上に「状況の説明分が表示されます。

麻雀放浪記2020公式サイト

公開に当たっては、劇場内などに掲示するポスターや作品内のテロップなどで「逮捕されたピエール瀧容疑者が出演しています」などと明示し、鑑賞するか否かを観客の判断に委ねる予定。

払い戻し等の対応は?

今後 、告知用のポスター制作は進めるという。

東映の紀伊宗之プロデューサーは「現在はピエール瀧氏への損害賠償を検討しており、一部で話を進めている」と説明しています。

また、今回の上映に関して、この作品が「不愉快であれば、前売り券などを購入済みの顧客への払い戻しなども行っていく」予定であると説明しています。

白石監督「ホッとしている」

「麻雀放浪記2020」では、戦後の日本を描いたシーンで、登場人物が依存性のある薬物「ヒロポン」(メタンフェタミン)を使用するシーンが存在するようですが…

演じるのはピエール瀧氏ではないものの、今回の事件を想起させる恐れがある点は否めないが、これもカットしない

白石 和彌プロフィール

アウトローの世界を描いた作品を得意とし、2013年に凶悪殺人事件を題材とした映画『凶悪』で数々の映画賞を受賞し映画監督として注目を集める存在となりました。

生年月日1974年12月17日(44歳)
出生地 日本 北海道旭川市
職業映画監督
ジャンル映画
活動期間2009年 –
主な作品『凶悪』(2013年)
『日本で一番悪い奴ら』(2016年)
『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)
『止められるか、俺たちを』(2018年)
『孤狼の血』(2018年)

同作品の白石和彌監督は「作品を編集したり、再撮影したりすることも考えたが、作品に罪はない。僕がベストだと思っている完全な形で公開することが決まってホッとしている」と心境を語った。

薬物使用の兆候は?

普段からテンションの高い瀧氏がロケ中に薬物を使用していたとの兆候は全くなかった。

白石監督は2013年公開の「凶悪」など計5本の映画でピエール瀧氏を起用しています。

白石監督は瀧氏について「自分を監督として引き上げてくれた人。男っぷりの良さにほれていた」といい、「20代のころから薬物を使用していると報道されていたが。仕事中はそういう兆候は分からなかった」と語っている。

また白井監督は、「一緒に何度も映画を創ってきた仲間が罪を犯したことに抑えられない憤りを感じている。瀧さんのスタッフ・ファン・家族がどういう思いをしているか。彼が今後どういう人生を送るかは私も想像できないが、自分の罪を反省し、人としてちゃんと歩いていってほしい」とも述べています。

同監督は関係者の反応についても言及。「麻雀放浪記2020」の主演俳優である斎藤工さんと事件発覚後に連絡を取ったが、「作品がどうなるのか不安そうだった」。

また「凶悪」でピエール瀧氏と共演したリリー・フランキー氏からは「あいつは何をやっているんだ」と連絡があったと明かした。

Sponsored Link

“自粛ムード”に疑問

強制性交の疑いで2月に逮捕された俳優の新井浩文氏が主演を務めた映画「善悪の屑」が公開中止になるなど、昨今は「出演者が罪を犯すと、映画はお蔵入りになる」という風潮が定着している感が否めません。

新井氏やピエール瀧氏の過去の出演作品なども相次いで配信停止になっています。

東映が「麻雀放浪記2020」の公開を決めた背景には、こうした風潮への疑問もあったといい、多田社長は「『ちょっといきすぎだ』『スタッフや役者さんが総力を挙げて作ったものを没にしていいのか』と疑問を持っていた。東映が当事者になるとは思わなかったが、完全な形で公開するのが配給会社の責任だ」との見解を示し、公開に踏み切ることへの反響については「少々株価が落ちるかな」と笑った。

 白石監督も「(出演者が罪を犯した映画を)上映できないというのは、あくまで特例であってほしい」との意向を語った。

麻雀放浪記2020 公開決定に対するネットの反応の詳細です。↓

麻雀放浪記2020 公開決定に対してのネットの反応

賛成派

劇場公開は賛成です。無料で見られるテレビ番組とは違い、有料コンテンツなので、お金を払う観覧者が各々判断すれば良いと思う。
それと、現時点で瀧の有罪が確定した訳ではないし、法的な基準が無いにもかかわらず日本に蔓延する自粛ムードみたいなものに風穴を開ける兆しになるだろう。
被害者(作品にかかわった方々)は、基本的に罪は無いですよね。
撮り直しやCGやと言うのは簡単だが、金銭的な余計な負担をかけるのは可哀想な気がします。
本人や所属事務所からは賠償して貰えるか分からないし、いつになるかも分からないですよね。作品の罪問題もあるけど、周囲の負担も考えてあげた方が良いと思います。
有る意味被害者ですから…
嫌なら観るなですな…
良い度胸だと思います…
東映さんさすがです、それで良いと思います!
自粛自粛と言っているが毎日毎日テレビやネットニュースに出てきているからね、しかも事細かく書く必要ある?
逆に薬物は用法用量を正しく使えば30年以上使っても問題ないじゃんって事を世間に知らせちゃった形になっている方が問題だと思ってしまったよ
スポンサーとか、金を出したところが判断すればいいと思う。
これで良いです。
観たい人が劇場に行くんだもん。
観る権利だってあるはずだよ。
見たい人はお金払って見るんだからいいんじゃないの。
そもそも自粛する意味がわかりません。
自粛のムードを覆す良い判断と思います。
映倫の審査を通過している以上
予定通り劇場公開しても問題ない。
審査後に出演者が逮捕されて、上映自粛の世論が高まっても
映倫で認定取り消しや再審査する訳でもないし。

反対派

私は原作の「麻雀放浪記」が好きで何度も読みましたけど、今度の映画は原作から大きく逸脱しており、ピエール瀧とは関係無く、見る気は全くありません。
被疑者は罪を背負い反省と償が必要だと思います。
ピエール瀧や新井浩文等の犯罪者俳優や犯罪者芸能人は
当面の間、東映への完全出入り禁止で構わない。
東映テレビプロは、子供向け番組や刑事ドラマに携わってるから
尚更のこと。
度胸はいいですが誰も見たくないです。大赤字こくと思います。後悔しても遅いですよ。
逆に話題を呼んで、興行収入が増えそうだからな。作品に罪は無いと言うけど、作品に犯罪者が出ている事で、本来作品が感じて欲しい感情以外のものが頭に浮かぶ以上、その作品は死んでいるも同然。
映画館では観る事は無いなと思った。
Sponsored Link

コメント