オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

ビジネス

前はよく聞いていた「石油はあと30年でなくなる」を最近聞かないワケ

投稿日:

オイルビジネス

「ホンマでっか!?TV」にも出演している中部大学の武田邦彦先生が自身のメルマガで実際に石油などの地下資源が枯渇する可能性はあるのか説明しています。単なる資源計算で行うと石油はこれから600万年から2000万年ほどあるという説明がとてもユニークなのでご紹介することにしました。

Sponsored Link


現在の使用量では心配なし!?

よく地下に埋まっているものは有限だ。
有限なものを使ってるのでうちなくなる
と言われることがありますね。

しかし、これではあまりにも、
情報が荒すぎで役に立ちません。

武田先生は例え話として、

1年に100万円の貯金を下ろす人がいて、貯金が1000万円なら10年で貯金がなくなってしまいますが、貯金が10億円あるとなくなるまで1000年もかかります。だから、「地下にあるからなくなる」のではなく「どのぐらいあるか」が問題です。

 

600万年から2000万年ほどある

この計算はかなり簡単です。
石油や鉄鉱石は生物の活動の中で生まれている。
そして、これまで誕生した生物の数から計算すると、
現在の人間が消費する資源量から言えば、
石油も鉄鉱石も短くても1万年以上あります

単なる資源計算で行うと石油は
これから600万年から2000万年ほどある
ということになります。

 

Sponsored Link

人間は50倍くらい資源を消費する?

地上に生存していた生物は6億年ほど前からほとんど同じ数です。
人間ぐらいの大きさに換算すると、300億人ぐらいだったと考えられます。
そして一般の生物に比べて人間は50倍ぐらいの資源を消費するので、

300億人÷50=6億匹ぐらいと考えられます。

この6億匹のうち、1万分の1ぐらいが地下に潜ったりして
石油や鉄鉱石を作り出したので、
人間の資源消費に換算して36兆匹分が、
地下に存在します。

現在の人間が60億人ですから、
どんどん使ってなくなるのは
6000年以上先
ということがわかります。

この計算はあまりにおおざっぱですが、
いずれにしても「すぐなくなる」という
話ではないことがわかります。

 

代替エネルギー

さらに、オイルシェールの開発や、
技術革新に伴い小型化した油田開発、
海底油田等など、

今後はさらに、石油・石炭などの
化石燃料の負担を減らす、
代替再生可能エネルギー
などの有効利用により、

石油の需要は、
どんどん減るのでは
ないでしょうか。

 

 

Sponsored Link

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

東京オリンピックまで価格が上昇しないかも知れない「将来がちょい危ない街」 とは!?

少子高齢化が進む日本では、売るに売れない空き家や老朽化したマンションが増えているようです。2017年はこの動きが加速する傾向にあるとみられています。   「今、住宅ローンは1%未満で借りられ …

世界が驚く!日本の創業100年を超える老舗企業の3つの共通点とは?

日本の老舗企業が今なお様々な分野で業界の牽引役となっているのには、理由があるようです。創業100年を超える老舗について調べてみました。 4社を例にその秘密に迫る 老舗企業の技術革新 日本は、世界で群を …

「情報革命」の次は!?アメリカ進出でソフトバンク孫社長が抱く「カジノ参画」の野望

ソフトバンクグループの孫正義社長が6日、トランプ次期米大統領と電撃会談をし、米国での事業拡大戦略を日本の国会で解禁目前の「カジノ参画」も視野にあるようです。    約5兆7000億円と5万人 …

成城でも日高屋でないとテナントが入らない?!デフレ加速で日本経済が失速している

ラーメンチェーンの「幸楽苑」が52店舗の大量閉店を発表。これまでデフレ下で出店を加速させてきた幸楽苑。メニューは400円台から500円台が中心です。人件費の上昇や原料高による採算の悪化という理由が、果 …

ジム・ロジャーズは、体制崩壊後の北朝鮮に何を見ているのか?

北朝鮮と米国の軍事衝突リスクが高まり「外部崩壊」の危機に直面していますが、世界三大投資家のひとりジム・ロジャーズは、北朝鮮の「内部崩壊」からと言っています。「開国」のわずかな兆候と、北朝鮮の意外な実態 …

Sponsored Link