Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

ビジネス

前はよく聞いていた「石油はあと30年でなくなる」を最近聞かないワケ

投稿日:

オイルビジネス

「ホンマでっか!?TV」にも出演している中部大学の武田邦彦先生が自身のメルマガで実際に石油などの地下資源が枯渇する可能性はあるのか説明しています。単なる資源計算で行うと石油はこれから600万年から2000万年ほどあるという説明がとてもユニークなのでご紹介することにしました。

Sponsored Link


現在の使用量では心配なし!?

よく地下に埋まっているものは有限だ。
有限なものを使ってるのでうちなくなる
と言われることがありますね。

しかし、これではあまりにも、
情報が荒すぎで役に立ちません。

武田先生は例え話として、

1年に100万円の貯金を下ろす人がいて、貯金が1000万円なら10年で貯金がなくなってしまいますが、貯金が10億円あるとなくなるまで1000年もかかります。だから、「地下にあるからなくなる」のではなく「どのぐらいあるか」が問題です。

 

600万年から2000万年ほどある

この計算はかなり簡単です。
石油や鉄鉱石は生物の活動の中で生まれている。
そして、これまで誕生した生物の数から計算すると、
現在の人間が消費する資源量から言えば、
石油も鉄鉱石も短くても1万年以上あります

単なる資源計算で行うと石油は
これから600万年から2000万年ほどある
ということになります。

 

Sponsored Link

人間は50倍くらい資源を消費する?

地上に生存していた生物は6億年ほど前からほとんど同じ数です。
人間ぐらいの大きさに換算すると、300億人ぐらいだったと考えられます。
そして一般の生物に比べて人間は50倍ぐらいの資源を消費するので、

300億人÷50=6億匹ぐらいと考えられます。

この6億匹のうち、1万分の1ぐらいが地下に潜ったりして
石油や鉄鉱石を作り出したので、
人間の資源消費に換算して36兆匹分が、
地下に存在します。

現在の人間が60億人ですから、
どんどん使ってなくなるのは
6000年以上先
ということがわかります。

この計算はあまりにおおざっぱですが、
いずれにしても「すぐなくなる」という
話ではないことがわかります。

 

代替エネルギー

さらに、オイルシェールの開発や、
技術革新に伴い小型化した油田開発、
海底油田等など、

今後はさらに、石油・石炭などの
化石燃料の負担を減らす、
代替再生可能エネルギー
などの有効利用により、

石油の需要は、
どんどん減るのでは
ないでしょうか。

 

 

Sponsored Link

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人間がAIに敗れる最短の世界に訪れるシンギュラリティ(技術的特異点)

人間の能力を凌ぐ人工知能の開発に莫大な資金力を注ぐヘッジファンド業界は、AI開発の最前線の一つとなりつつあります。 人工知能開発の最前線、ヘッジファンド業界で何が起こっているか コンピューターが勝手に …

年収1,000万円でも貧乏生活!高額所得者が陥りやす3つの勘違いとは?

給与所得者の4%が年収1,000万以上と言いわれており、サラリーマンで言えば勝ち組に入りますが…年収1,000万円は年収500万円より350万円だけお金持ち!って知ってますか? Relat …

世界最高の棋士がAIに1勝4敗、人間が唯一勝てるモノとは?

出典:http://www.unilad.co.ukAIのアルファ碁が世界最高の棋士イ・セドル9段を4戦1敗で打ち負かし、圧倒的な強さを見せた。人間はAIには勝てないのか?勝てるとする何があるのか? …

世界で20位以内の大手銀行RBSが警告する世界経済衝撃的崩壊のシナリオ

  Related posts: No related posts.

「資産1億円」の正体は2対8の法則。富裕層はマインドセットが強い即断即決型

 米国の一流大学の研究によると、経済的にも精神的にも大成功する「トップ3%」の人たちと、それに続く10%の人たちの間に、性格や資質面で大きな違いはあまりないとのことです。では、いったい何が成功と失敗の …

Sponsored Link