斎藤佑樹はなぜ活躍しないのに栗山監督は見捨てないのか?

公開日: : スポーツ

斉藤と栗山監督出典:日刊ゲンダイ

全く活躍をしてない斎藤選手がなぜ栗山監督とファンに人気があるのか不思議に思いました。6回3失点をコントロール出来ることが齋藤選手のいいところだと聞いたことがありますが、今年の斎藤選手に変化の兆しはあるのでしょうか?

Sponsored link

 

プロフィール:

国 籍: 日本
出身地: 群馬県太田市
生年月日: 1988年6月6日(27歳)
身長 体重 :176 cm 76 kg
投球・打席: 右投右打
ポジション: 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1位 初出場 2011年4月17日
年俸 2,300万円(2016年)
経歴:早稲田実業学校高等部 早稲田大学 北海道日本ハムファイターズ (2011 – )

 

崖っぷちでも4年前と変わらぬ課題に…

プロ6年目に突入し2010年ドラ1の日本ハム斎藤佑樹選手。
昨季は1勝3敗、防御率5.74という成績でシーズン終了。

崖っぷちの斎藤選手、2月のアリゾナキャンプで登板するも、
韓国ロッテとの練習試合で抑えきれずにファンもガッカリ、

本人の意気込みと裏腹に、結果がついてこない…
沖縄キャンプでは、連日のように居残り練習をして、
ひたすらフォーム固めに精を出していたようです。

黒木投手コーチは、

「イニングごとに良いフォーム、悪いフォームと分かれてしまっている」と解説。原因は体重移動にあると考え、「最初から腹に力を入れないで! 踏み込んだ瞬間に力を入れるとスムーズにいくぞ。腕もアーム式で振るくらい、極端でいいから」とアドバイスを送っていた。

 

斎藤自身はどう思っているのか。

「(イニングごとの良し悪しは)埋めていかなきゃいけません。ビッグイニングが多いということは、年間通して投げられないということです」と話すが、斎藤は4年前の12年にも日刊ゲンダイ本紙に同じことを語っていた。その点を指摘すると、「でも、それは投手にとって、ずっと付き合っていく課題じゃないですか」と反論。「フォームが安定しないのは、気持ちの部分が大きいと思う」と続けた。

4年間も同じ欠点を修正できないのは
気持ちの問題だけではないようですね。

それでも斎藤が「気持ちが……」
思っているならば、体重移動の練習が
実を結ぶかは疑問ですね。

1日のオープン戦(巨人戦)では
中継ぎとして2イニング5安打4失点。
2失策と味方の守備に足を引っ張られたが、
またしてもビッグイニングを作ってしまった。

もしかしたら、今季も二軍暮らしかが続くのか…

 

マー君と格差100倍!斎藤佑の年俸「高すぎる」!?

3/3日に200万円減の年俸2300万円で
契約を更改した日本ハムの斎藤佑樹投手。

更改後の会見では色紙に、

「来年こそは」と抱負を書き込み、「野球ができる喜びを感じながら、応援してくれるファンの方のために数字として分かるような結果を残したい」

今季の成績は:
12試合で1勝3敗
防御率5.74

日ハムファンの期待を
裏切っただけに、
厳しい声が飛んでようです。

夏の甲子園大会決勝で投げ合ったかつてのライバル、
マー君こと田中将大投手(27・ヤンキース)の
年俸2200万ドル(約27億円)とは
すでに100倍以上の格差!

それでも、
2300万は高すぎ」
「200万ダウンで済むのか」
「戦力外通知の奴がかわいそう」
と手厳しいファンの声。

 

オフはイベントに引っ張りダコ

4日のファンクラブ限定イベントでは、
司会者に「ハンカチ王子です」と無茶ぶりされ、
ハンカチで額を拭き拭きするパフォーマンス。

11月22日のファンフェスティバルでは
ストライクゾーンを9分割した的に当てる
「ストラックアウト」に挑戦してました。

 

「来年こそ!」と意気込んでるが…

「ちょっと下がりました」
※契約更改記者会見ビデオ

2月3日、日本ハムの斎藤佑樹(27)が契約更改。
ダウン額は明かさなかったが、200万円減の
年俸2300万円とみられる。

今季の成績が、
12試合で1勝3敗、防御率5.74
では、ダウンもしょうがないですね。

ファンに向けたメッセージとして
「来年こそ」と記した斎藤だが、
プロ5年間でわずか14勝

来年は28歳を迎え、同世代の選手がチラホラ引退している。
いつまでも現役でいられる保証は普通はないようですが、
斎藤選手の場合は、入団時の契約に附帯条項として、
トレードしない、現役保証などの条件があったのでは?
と噂されています。

 

タレントになって活躍できる?

ちょっと舌足らずなところは気になりますが、
トーク力は球界屈指と言われているので、
今なら引退してもタレントとしての
オファーがあるはずと放送関係者が
言ってるようです。

早実高時代から大きな注目を集めて
知名度は抜群です。

頭の回転が速く、口八丁で弁が立つ。

早大時代に「持っている人生」と発言して
話題になったなってましたよね。

 

去る2日に参加したファンイベントでは、
好きなゴルフクラブについて聞かれ、
「好きなのは『52度』と発言して、

「ゴルフなんてやっている場合か?」
という周囲の空気を全く気にせず、
臆面もなく答える姿は、
タレントとしての資質?が
あるかも知れませんね^^

ただ、もし転身するとしてもタイミングが大事です。
野球選手としては『来年こそ』といえる年齢では
なくなってきているので。

このままズルズルと現役を続けて年を取っていけば、
マイナス要素が増えます。

来年ダメならスッパリ引退した方が、
タレントとしての価値は上がるのでは?

 

斎藤佑樹「特別扱い」最後の年?

栗山監督は斎藤選手を褒めちぎり…
「斎藤はチームの雰囲気を変えられる投手」
「彼の存在感は大きな力」
「夏は彼の季節」
など、

斎藤選手の入団の経緯を考えると、いくら実力不足とはいえ、
球団が斎藤を露骨に冷遇するわけにもいかないという理由も
あると思いますが、栗山監督自身も、野球解説者という、
実績しかなく、コーチすらもやたことのない、
全くの未経験監督から、周囲の冷たい目を乗り越え、
今では一流の監督の仲間入りした経緯があります。

折りしも、栗山監督が監督になった年にダルビシュ選手が抜けて
その翌年に斎藤選手が入団し、開幕投手もつとめました。

栗山監督は、もしかしたら、

「自分のファイターズでのキャリアと斎藤選手がダブってる」
のではないでしょうか?

斎藤選手にとって今年は…
監督として結果を残した栗山監督の期待に答える
正念場のようですね。

期待しています!

Sponsored Link

関連記事

89%の人工芝でプレイしたゴールキーパーが次々とガン発症…全米で大問題に

人工芝でサッカーをプレーしていた女子学生が次々に血液ガンを発症し、全米で大問題になっているそうです。

記事を読む

”シンガーソングレスラーハヤブサ”と親友博多大吉

プロレスラーのハヤブサこと江崎英治(えざき・えいじ)さんが3日午後0時、くも膜下出血のため47歳の若

記事を読む

50歳のプロ野球選手・山本昌がどれだけスゴイか記録と生涯年俸は?

明日はナゴヤドームでの山本昌さんの引退試合です。 打者1人限定と言うことでしっかり抑えて涙で送り届け

記事を読む

ASKA逮捕で気になる“清原の現状は?”ハーフ美女が更正のカギ

警察庁が発表している2015年の覚せい剤事案の再犯率は、50歳以上で83.1%。いかに50歳以上でク

記事を読む

心境の変化も明かすプロ転向の内村航平、理想モデルは錦織圭&北島康介 

先月限りで所属先のコナミスポーツクラブを退社し、日本体操界初のプロ転向を果たした内村航平選手(2

記事を読む

40過ぎたら運動しても痩せない時間帯があるのを知ってますか?

40歳を超えてると、今までどおりトレーニングしてもあmり痩せないと思いませんか?もしかしたら運動する

記事を読む

杉原愛子選手、平均台でE難度の新技つま先立ち2回ターンを成功させる

体操の豊田国際最終日が11日、愛知・スカイホール豊田であり、平均台では、リオ五輪代表の杉原愛子(朝日

記事を読む

今度捕まると執行猶予取り消しで実刑!?メッシュ選手タックスヘイブン報道120%完全否定

欧州のメディアの報道によると、バルセロナに所属するのメッシ選手の家族が、国際調査報道ジャーナリスト連

記事を読む

ロマックのホームラン凄すぎた! 泳ぎながらもミートした打球が弾丸ライナー

出典:ヤフーニュースDeNAの新外国人ロマックが、オープン戦1号を放った。5回のロマックのホームラン

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

成城でも日高屋でないとテナントが入らない?!デフレ加速で日本経済が失速している

ラーメンチェーンの「幸楽苑」が52店舗の大量閉店を発表。これまでデフレ

ダントツで日本に認知症と寝たきりが多い理由は血圧に関係がある?!

日本の医者がこぞって血圧を下げる薬を処方したことにより、認知症と寝

60歳でパパになる加納竜32歳年下妻と9月に女児が誕生 

映画「愛と誠 完結編」(1976年)などに出演し、イケメン俳優とし

世界が驚く!日本の創業100年を超える老舗企業の3つの共通点とは?

日本の老舗企業が今なお様々な分野で業界の牽引役となっているのには、理由

次のターゲットは日本!?「水道民営化」を推進するIMFの貧乏人は水を飲むな戦略

IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピン

→もっと見る

PAGE TOP ↑