セカンドオピニオンを簡単に聞くタイミングとは?

Sponsored Link
更新日

セカンドオピニオンを簡単に聞くタイミングとは?

セカンドオピニオンを聞きたいけど…聞き方によっては、その後、医者との関係がギクシャクしないかと心配な人も多いと思います。

担当医を怒らせないでセカンドオピニオンを簡単に聞くタイミングがネットで話題になっていますので、そのポイントをまとめてみました。

Sponsored Link

セカンドオピニオンを簡単に聞くタイミングとは?

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンという言葉はよく聞きますが、実際の医療機関でのこの言葉の認識はどうなっているでしょうか。

セカンドオピニオンとは、患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることです。

東京都福祉保健局

セカンドは2人目、オピニオンは意見という意味で、一人の医者の判断だけだと間違っている可能性があるから、もう一人の医者の意見を聞いてみることですね。

つまり、

セカンドオピニオンを聞くことが即、担当医を替えたり、転院したり、治療を受けたりすることではないということを理解する必要があります。

ほかの医師の意見も聞くことがセカンドオピニオンです。

担当医から説明された診断や治療方針について、納得のいかないこともあるかもしれません。

「別の治療法はないのか?」と思う場合もあります。

そんな時に、

セカンドオピニオンを受けることで、担当医の意見を別の角度からも検討することができ、もし同じ診断や治療方針が説明された場合でも、病気に対する理解が深まることもあります。

また、

別の治療法が提案された場合には選択の幅が広がることで、より納得して治療に臨むことができます。

では、次に今回の記事のタイトルにもなっているセカンドオピニオンを聞く一番いいタイミングについて見てみたいと思います。

セカンドオピニオンを聞くタイミングとは?

医者を怒らせないでセカンドオピニオンを簡単に聞くタイミングはいつが一番いいのでしょうか?

色々な医療機関のサイトや友人の医師などの意見を総合すると、

一番いいタイミングは診断後、治療方針が決まった時のようです。

具体的に例をあげて見てみましょう。

例えば、

医師からガンが疑われ、CTや採血検査などいろいろな検査をし終えた後に、「あなたは○○がんのステージ○でした。治療方針はまず抗がん剤をやり、その後手術を考えています」と言われたとします。

手順のポイントをまとめてみます。

  1. 医師からガンの疑いがあるとの告知
  2. 精密検査を受ける
  3. 医師から検査結果の告知を受ける

上記ポイントで言うと3.医師から検査結果の告知を受けたタイミングが一番セカンドオピニオンを聞く一番いいタイミングのようです。

なぜならば、

医師から検査結果の告知を受けたタイミングが一番いいのかと言うと、患者だけではなく、医師にとっても患者の生命を左右する大きな決断を伝える、この時は勇気がいるからです。

患者に大きな決断を伝える時は勇気がいります。

次に具体的に医師に何と言って聞けばいいのか見てみたいと思います。

医師にセカンドオピニオンを聞く聞き方

一例として、

「治療開始をちょっと待ってください。セカンドオピニオンを聞きたいので、紹介状を書いてください」

この言い方だと直接すぎるな…と思われる場合は、

自分ではなく親族から言われている的な感じで、医師のプライドを気遣いながらもセカンドオピニオンを聞く、こんな形の言い方はどうでしょか。

「私は、先生にお願いしたいのですが、親族がセカンドオピニオンを聞きた方がいいのではと言うので、先生をご紹介してもらえますか」

私は、先生にお願いしたいのですが、親族がセカンドオピニオンを聞きた方がいいのではと言うので、紹介状を書いてもらえますか」

ファーストオピニオンを整理する

担当医にセカンドオピニオンを聞きたい旨を伝えることが出来たらならば、そこで一安心するのではなく、担当医からのファーストオピニオンについても充分に理解する必要があります。

そうでないと、せっかくセカンドオピニオンを聞いても、どれを選んでよいかわからなくなってしまいます。

ファーストオピニオンで、「自分の病状、進行度、なぜその治療法を勧めるのか」などについて理解しないまま、セカンドオピニオンを受けてもかえって混乱してしまいます。

セカンドオピニオンの申し出をするまでに、これまでの検査結果と医師からの説明を復習すことを勧めている医療機関が多いようです。

請求書が郵送され来ると開封するのが嫌な気持ちになるのと同じく、自分の病気の状況を復習するとのとても精神的につらいと思いますが、後で後悔しないようにする為にポイントだけでも押さえておくようにして下さい。

次に、セカンドオピニオンを聞くことを担当医が承諾してくれた後に、必要となる書類について見てみましょう。

Sponsored Link

医師に準備してもらう書類の準備

病状や病院、そして担当医によっても準備してもら書類は違うとは思うのですが、基本的には以下のような書類をファーストオピニオンを受けた医師から用意してもらう必要があります。

ファーストオピニオンを受けた医師から:

  • 紹介状(診療情報提供書)
  • 血液検査や病理検査
  • 病理診断などの記録
  • CTやMRIなどの画像検査結果
  • フィルム

などを準備してもらう必要があります。

現在かかっている医療機関からの資料は、セカンドオピニオンを求められる側の医師にとって、患者さんの状態を客観的に評価し、適切な助言を伝えるために非常に重要な情報となります。

セカンドオピニオンの医者を探す

担当医がセカンドオピニオンの医師を紹介してくれ場合もありますが、担当医はセカンドオピニオンをこちらが求めてることを知らない場合が多いので、あらかじめどこの病院にセカンドオピニオンを聞きたいか選択しを増やしておくと事がスムーズに進みます。

セカンドオピニオンの医師を決める場合、地元で信頼している病院でもいいですし、がん診療連携拠点病院の「がん相談支援センター」に問い合わせると、その地域のセカンドオピニオン外来を行っている病院や、専門領域などの情報を教えてくれます。

次に、セカンドオピニオンが難しい事例もあるので、そちらをご説明します。

セカンドオピニオンを聞く準備

セカンドオピニオンを受けるときに伝えたいこと、聞きたいことを整理し、自分の病気の経過と質問事項をメモしてから行くと、限られた時間を有効に使えます。

できるだけひとりではなく家族や信頼できる人に同行してもらうのがベストです。

その際に、セカンドオピニオンの目的やこれまでの担当医の説明内容について、もう一度確認して理解できるように整理します。

セカンドオピニオンが不可能な場合

がんの種類や病状によっては時間的な余裕がなく、セカンドオピニオンが不可能なこともあり得ます。

例えば

急性白血病で大急ぎで治療を開始しなければばならない場合や、胃がんや大腸がんで出血が止まらず緊急手術が必要な場合などです。

要するに、緊急性がある病状に対してはセカンドオピニオンを聞く時間的余裕がないので難しいとされています。

とは言え、自分の症状がセカンドオピニオンを聞けないのかの確認はした方が後で悔いが残らないと思います。

セカンドオピニオンを考えている場合、費用が気になりますのでご説明します。

Sponsored Link

セカンドオピニオンにかかる費用は?

セカンドオピニオンを受けたい病院が決まったら、病院の代表に電話し、セカンドオピニオンを受けるために何が必要かを尋ねてください。

ほとんどの場合で予約が必要ですし、費用も病院によって異なります。

金額は、保険が適用されないため病院によってはかなり高額になります。

費用の一例として、

東京都内の大病院であれば、4万円~5万円(1時間)が目安で、都内では大学病院が高く、公立病院が安い設定になっているようです。

まとめ

セカンドオピニオンを簡単に聞く一番いいタイミングは、以下の3.医師から検査結果の告知を受けた時と言われています。

また、がんが再発してしまったり、転移をしてしまったりしたときなども、セカンドオピニオンを聞くタイミングです。

手順のポイントをまとめてみます。

  1. 医師からガンの疑いがあるとの告知
  2. 精密検査を受ける
  3. 医師から検査結果の告知を受ける

有名な病院だったり、担当医のプライドを考えるとセカンドオピニオンを聞くのは億劫になりがちですが、担当医から逆にセカンドオピニオンを勧められるケースも最近は多くなっているようです。

尻込みせずに聞いてみるのがベストじゃなでしょうか。

Sponsored Link

コメント