Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吉本大物芸人で「ギャラ6対4」闇営業生む“吉本システム”の崩壊

Sponsored Link

吉本大物芸人で「ギャラ6対4」闇営業生む“吉本システム”の崩壊というネットニュースが話題になっているのでご紹介します。

Sponsored Link

吉本大物芸人で「ギャラ6対4」闇営業生む“吉本システム”の崩壊

吉本トップクラスのギャラ比率

7月22日に行われた会見で、芸人に支払われるギャラに関して言及した吉本興業の岡本昭彦社長のコメントによると…

「ギャラに関しては『安い』等々言われていますけど、会社が9でタレントが1とか、そういうことは全くなく、ざっくりとした平均値で言っても、5:5から6:4」

吉本興業の岡本昭彦社長

さらに、岡本社長は所属芸人たちがよくネタにする会社側の“ギャラ取りすぎ”については、きっぱりと否定しています。

とは言え、吉本の若手芸人と大物クラスでは当然ギャラの配分も違うので、明石家さんまさんやダウンタウンなどの大御所クラスになれば、事務所との取り分の実態は「ギャラ6対4」くらいでもおかしくないと、話すテレビ局関係者もいますね。

実際のギャラ格差の裏付けとして…

「08年にさんまさんは、お世話になったフジテレビのプロデューサーが引退するというので、恩返しの意味も込めて『27時間テレビ』の総合司会を恩返し務めました。このときテレビ局が支払ったギャラが“億近い額”と言われています。吉本はその6割ほどをさんまさんに渡したそうですよ」

テレビ局関係者

これが事実であれば、会社よりタレント側の取り分が多くなり、決して悪い話ではないということになりますし、吉本の大功労者である明石家さんまさんだからこその好待遇であっても何ら問題はないと思います。

トップクラスにならない限り、岡本社長の言う「平均して5:5か6:4」という割合は厳しいということになりますが、普通の会社でも能力給が当たり前の世の中なので、長年会社に貢献している芸人が待遇がよくても理解出来る範囲だと思います。

島田紳助の”オマエがやすいんじゃ”発言は正当?!

11年に引退した島田紳助も、ギャラが「会社9:芸人1」の割合に関して『スポーツニッポン』のインタビューで、「ギャラが安いのは“オマエが安いんじゃ”ということ。それならオマエが売れてくれ」と証言している。

テレビ局関係者

売れない若手、即ち会社に貢献していない人が厳しい状況にあるのあは、そんなに異例でないような気がします。

とは言え、吉本はなぜ抱えきれないほどの売れてない芸人を抱えているのか見てみたいと思います。

6000人の芸人を所属させる理由

6000人の芸人を抱えていると言われる吉本は、なぜ抱えきれないほどの若手芸人を所属させるのでしょうか。

もちろん絶対数が多ければ、その中からスターが輩出される可能性は上がるかもしれませんが、1,000人単位の芸人を抱える本質はそこでないようです。

若手を抱える本質に触れる前に、今活躍している吉本の芸人のほとんどが卒業生である吉本総合芸能学院から見てみたいと思います。

吉本総合芸能学院が儲けの源泉

吉本が運営する通称『NSC』と呼ばれる「吉本総合芸能学院」という養成所があります。

吉本総合芸能学院(NSC)とは、全国に7校※(大阪校、東京校、名古屋校、広島校、岡山校、仙台校、沖縄校)あります。

そして、NSCの学費は、入会金10万円と、1年間の授業料が30万円の合計40万円です。

入学資格は、中学校卒業(あるいは卒業見込)以上としているだけに、 99・9%入学出来るようです。

そして、毎年1000人近い学生が入学します。

仮に、800人集まったとすれば、年間で3億2000万円の売り上げです。

NSCの略とは、吉本総合芸能学院の頭文字からとったのではなく、New Star Creationという通称名とは知りませんでした。

※ 2019年4月、2005年に閉講していた仙台校、名古屋校、広島校が復活しています。

NSCの卒業生は入学時の25%

NSCは、遅刻や欠勤が重なると、問答無用で退学になります。

もちろん、退学になった場合の返金はありませんが、中退者や中途入学者も卒業後は他の卒業生と同期(芸歴に差はないもの)として扱われます。

さらに、志半ばで辞めていくものもいるので、卒業時には、入学した時の25%程度に激減することもあるようでう。

Sponsored Link

養成所ビジネスと芸人の大量生産

このNSC“大量生産”体質が、飯を食えない芸人を生み続けますが、吉本は他のプロダクションの養成所よりも、卒業後に事務所に所属できる可能性が格段に高いというメリットがあります。

NSC卒業生(中退も含む)は、ほぼ自動的に吉本の所属芸人になれるというステータスがあります。

ゆえに、明石家さんまさんやダウンタウンと同じ吉本所属の芸人という肩書が心地よく響いている感じがあります。

そして、ここに吉本が1000人の若手芸人を抱える本質があります。

それは、吉本側からみる養成所ビジネスによるメリットと学生から見る吉本所属の芸人という両者の利害が一致しているからこそ成り立っています。

吉本は学費をとりお笑いを教えて、学生はお笑いを学び、卒業後は芸人として活躍を夢見る。

売れるまでの芸人にかかる人件費は、個々の芸人が負担するこそ3000人の芸人を所属させられるようですね。

Sponsored Link

ネットの声

肯定派

  • 6000人と言っているが、それは言わば分かりやすい言うと、「派遣会社に登録してるだけ」のことと同じなのであるが、吉本の場合は勉強する場とそれを実践する場が与えられる。その結果、うまくいけは売れる芸人になるわけだが、人気が出なければ底辺のままということだ。これは規模が違うが、俳優養成学校と同じなんじゃないのかな。
  • 良い悪いは別にして、これは芸人が所属してる会社だからですね。例えば我々一般人の会社で、自分が毎月40万の利益だして、この5:5で20万の給料?なら会社は成り立ちません。なので一概に仕事内容が違うのに、会社と個人の比率をいくつ?って語るのは無理があるんじゃなかろうかと………
  • 確かに記事の通り大筋で間違いない。しかし、芸人になると言う事は安定ではなく、人生を掛けて一発勝負や一攫千金を夢見る事。物になるならないは本人の努力と才能次第。もちろん吉本側もリスクは少なくない。今回のように自らの立場を軽くみて、宮迫や亮のように金に執着して関係を持ってはいけない人間と安易に繋がりを持ってしまう人間がいるからだ。確かに見た目で判別はつかないが、それでも関係が発覚すれば、それだけで社会的制裁が待っている。芸人に限らず芸能人と言う人気商売とはそう言う物。ギャラの取り分が少ないと言う話にしても、1人の芸人をテレビ等の公の場に上で仕事をさせるために何人の人間が関わるのか?を考えれば「売れてない=ギャラが低い」関わる人間の人件費を計算すれば9:1でも文句は言えない。逆に売れればギャラは上がり、取り分は増えるのは当然。比率で話すより額面で話せばいいのに。

否定派

  • まだNSC出たての新人ならギャラがゼロに近くても仕方ない。だが問題なのは、テレビで準レギュラー以上に出演するようになってもギャラがゼロ〜数千円、あるいは局側で出演させたいから吉本側に出演料を提示するよう求めても、忙しすぎるマネージャーがスルーして、出演してるのにギャラが発生しないという証言も読んだ。つまり、ひとりで何十人も抱えるマネージャーが機能していないのだ。ほかの事務所では当り前の仕事ごとの明細書も物理的に作成している時間がないのだろう。これは適正な税務計算もおこなわれていない可能性が高い。国の税金が投入される企業としてかなりマズイのではないか。
  • 今後企業としての体制を整えていくなら、所属芸人の人数を絞ってしっかりとしたマネジメントをしていく必要がある。一般企業でも能力がなく文句ばかり言う人間はクビを切られる。
  • 冷静になって考えてみると、さんまにしても松本にしても、或いは加藤にしても食えない芸人達の報酬を上げてやることを主張しているわけではない。仮に吉本が加藤らの要求を実現していくとすれば末端芸人のリストラや芸人志望の若者の門戸を狭める必要さえ生まれるのだから闇営業問題で世間の関心を集めた売れない若手芸人達の処遇改善には程遠い結果を生み出すことになるかもしれない。

まとめ

吉本の芸人は、過去にオリエンタルラジオがそうだったように、一度売れ始めると怒涛の出演ラッシュになり、一気にスターダムにのし上がることが出来ます。

その反面、売れない吉本芸人は事務所を通さない「直営業」に手を出し、そこに反社会勢力が付け込むスキを与え“闇営業”芸人が出てくるという考え方には少し無理があるように思います。

なぜなら、売れないテレビで一度も見たことがない芸人を価値があるとして認めるでしょうか?

今回の問題は、ある程度認知度のある売れている芸人が反社会的勢力から謝礼をもらったかということがポイントであり、売れない芸人の待遇については別問題のような気がします。

いずれにしても…100年以上続く“吉本システム”は今、崩壊の危機を迎えていことは間違いないようですね。

Sponsored Link

コメント