Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セルライトが出来る4つの原因とタイプ別除去法とは?

Sponsored Link

セルライトが出来る4つの原因とタイプ別除去法とは?

セルライトをなんとかスッキリさせたい!と思う人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、セルライトができる4つの原因とその種類、さらにタイプ別に分けた除去法をご紹介します。

Sponsored Link

セルライトが出来る4つの原因とタイプ別除去法とは?

セルライトが出来る4つの原因

まずは復習も兼ねて「セルライトとは?」から説明します。

セルライトとは?

セルライトとは、皮膚の下に表面化された脂肪細胞の一部のことを言います。

上記図を見て頂ければ分かると思いますが、この脂肪細胞がでこぼこの形を作り、表面上に現れてきています。

そして、この脂肪細胞が身体の中で長期間蓄積されると大きくなります。

ホント嫌ですよね。

脂肪細胞の特徴は、身体の中で長期蓄積すると肥大化します。

さらに脂肪細胞だけではなく、線維芽細胞という組織がセルライトの凸凹を助長しているようです。

脂肪組織の中の1つに線維芽細胞という組織がありますが、皮膚の組織の一部である真皮と関わる組織でもあります。

この線維芽細胞も脂肪組織の肥大化とともに肥大化されてしまい、真皮とも関わるためどんどんと皮膚の表面に押し上げられるように表面化されていきます。

そして、セルライトとしてでこぼこの形を作り上げていってしまうのです。

ザックリとした統計ですが、女性のうちで約80%は、セルライトがあると言われています。

セルライトが出来る4つの原因

セルライトが出来る4つの原因

では、次にセルライトが出来る4つの原因について見てみましょう。

運動不足➡

セルライトは、燃焼しきれなかった脂肪細胞が蓄積した結果できたものです。

燃焼しきれなかった脂肪細胞が蓄積した要因のひとつは、運動不足です。

運動にも色々な種類がありますが、ここで言う運動とは、筋肉をしっかりと刺激して代謝を促すものです。

そして、代謝とは、身体の中の活動を上げる行為であり、その活動には脂肪が必要になるという訳です。

なので、脂肪が燃焼されず蓄積しているということは、代謝が上手く行えてなかったということになります。

結論として、運動不足によって代謝活動が低下して脂肪が蓄積し、セルライトになったということが考えられます。

運動をして貯えた脂肪を燃焼させるということがいかに大切かと言うことが分かります。

ホルモンバランスの乱れ➡

次にホルモンバランスの乱れについて見てみましょう。

そもそもホルモンとは何でしょうか?

ホルモンを例えると…各臓器がしっかりと連携して働くための伝言板のようなものであり、身体の中で循環し臓器の連携を図っています。

普通の生活をしている時はホルモンバラスは保たれているですが、ストレスのある環境で生活していると、そのストレスを緩和させようと自律神経の中の交感神経が活発に働こうとします。

この交感神経が働く際に活動するホルモンの中に、ノルアドレナリンとアドレナリンがあります。

交感神経とは、 手や足などの筋肉を動かす運動神経とは異なり、われわれの意思とは無関係に「自律」して、体の各臓器をコントロールしている神経のことを言います。

そして、この2つのホルモンが作用すると、セルライトの生成を促してしまうと言われています。

交感神経の活発化でホルモンバランスが崩れ、これらのホルモンが過剰に働いてしまうのもセルライトを作る原因と考えられています。

睡眠不足➡

睡眠不足も、自律神経の働きに関ってきます。

睡眠は身体を休ませる大切な時間であり、しっかりと確保できていないと自律神経は上手く働きません

睡眠時間を取っていても途中で起きるなど、眠りの質が良くなくてもダメです。

睡眠時には副交感神経が働いており、副交感神経が働くからこそ、交感神経に働きしっかりと身体が活動できます。

そして、しっかり睡眠をとると副交感神経が元気よく働きます。

このリズムが崩れると代謝率も下がり、過剰なホルモン分泌にも繋がります。

よって、睡眠不足もセルライトに大きく関係します。

食生活の乱れ➡

食生活が乱れていると、セルライトの解消ができないのもポイントです。

脂肪は、食事で摂取しない限り、体内に蓄積することはありません。

身体の基礎代謝として一定の消費カロリーがありますが、それを上回り摂取カロリーは脂肪となって蓄積します。

どんなダイエットやセルライトのケアを行ったとしても、摂取した栄養素のバランスが良くなかったり、必要量を摂取していなかったりすれば身体は上手く働きません。

このように、セルライトの改善には繋がらず、食生活もセルライトに大きく関連すると考えられています。

Sponsored Link

セルライトは潰れない理由とは

実際に潰すわけではない!

セルライトは脂肪組織の一部である線維芽細胞が肥大化し、皮膚の表面に現れたものであり、身体の一部であり老廃物などとは違います。

なので、潰してしまうと身体を傷つけることになります。

エステなどでは「セルライトを潰す」というように表現することもありますが、これも実際は潰しているのでなく、皮膚の下の細胞の循環機能を上げて、筋肉の配列を元に戻し、セルライトが小さくなりやすいように環境を整えているのです。

修復に栄養素が必要不可欠

前述したように、セルライトを潰すような行為で刺激すると、皮膚や筋肉の線維を傷つけてしまいます。

そして、皮膚や筋肉繊維を傷つけないように修復するには、栄養素が必要になります。

体は常に機能を一定に維持するため働いており、異常な場所があれば修復に取りかかるので、例え気になるセルライトがあっても優先して栄養素を送り、治癒力を高めないといけません

無理なダイエットや栄養不足はセルライトを無くすためにはあまり良くありません。

それでは次にセルライトのタイプ別に分けた除去法を見ていきましょう。

Sponsored Link

タイプ別除去法とは?

次に、セルライトが出来る4つの原因をもとにして、そのタイプ別にセルライトを除去する方法を紹介します。

脂肪型セルライト【➡運動不足】

脂肪型セルライトは老廃物と脂肪線維が関連しており、大半の女性に見られるのがこのタイプと言われます。

老廃物が体内に蓄積し、皮下脂肪の膨張を作ってできているセルライトです。

脂肪型は比較的改善が早いのが特徴です。

日頃の運動不足解消や食生活を見直して生活することを心がけていれば、効果が見えてくるセルライトです。

対処法として:

蓄積度合いが少ないため自己ケアの範疇で改善が見られので、食生活と運動がポイントになります。

食生活では、カロリー摂取の見直しが大切です。

人には基礎代謝量があり、女性で1800キロカロリー、男性で2200キロカロリーが平均とされています。

平均を上回ると脂肪の蓄積となり、下回ると蓄積から燃焼へと転換されます。

ただしです。

食事面での栄養素確保は怠ってはいけないので、これまでのカロリー摂取量を見直して適切に食べることが重要です。

次に運動は、基礎代謝量を活発にさせるために欠かせません。

特に有酸素運動を行うことで、初めて脂肪の燃焼が高まってきます。

20分以上の運動を持続的に行うか、10分の運動を息が多少切れる程度の負荷で行い、それをインターバルを少なくして2~3回行うことがポイントです。

一日15分以上のウォーキングなども効果的な有酸素運動と言われています。

参考:有酸素運動 自宅でおすすめ 器具ベスト3

むくみ型セルライト【➡食生活の乱れ】

老廃物も含め体内にある古い水分が、脂肪組織と結びついたためできてしまったセルライトです。

むくみ型セルライトは、できてしまった部位の血流の低下によってできたものです。

むくみ型セルライトができた部位には、自分で行うマッサージや運動を含めたストレッチによって血流の改善を促すことができます。

自己ケアが必要なセルライトです。

参考:太もも痩せマッサージ手順とポイント【お風呂上りに1日6分】

むくみ型セルライトができた部位には、自分で行うマッサージや運動を含めたストレッチによって血流の改善を促すことができます。

自己ケアが必要なセルライトです。

対処法として

むくみ型セルライトは、脂肪型で挙げた「食生活と運動」に加え、血流の改善が必要です。

セルライトができた部位のマッサージやストレッチを行いながら、脂肪型と同じケアを行うと効果が出ます。

また、気になる部位の筋力低下によってできているセルライトでもあります。

必要な部位だけの筋トレとダイエットの二つを同時に行うとより効果的です。

線維型セルライト【➡ホルモンバランス】

線維型セルライトは、線維芽細胞が肥大して皮膚の下に現れたものです。

これは自己ケアだけでの改善では、少々もの足りないです。

改善のためにはエステやマッサージなどのケアが必要になり、施術の力で身体の自己治癒力を高める必要があります。

線維型は長期に渡り構成されてしまったセルライトなので、しっかりとした治癒力の確保が必要です。

対処法として:

線維型は長期間蓄積したセルライトであり、代謝機能が衰えてしまっている細胞です。

エステやマッサージなどの他動的な力が必要になります。

エステやマッサージの利用で、自己ケアでは発揮できない身体の治癒力を高めることが可能です。

筋トレも含め、食事と運動のケアを行っていけば改善方向に向かいます。

とは言っても独りで食事と運動の自己管理をするのは難しいですよね。

ならばダイエットコンシェルジェというプロに頼んでもいいかも知れません。

参考:ダイエットコンシェルジェのサービス内容と評判とは?!

筋肉質型セルライト【➡運動不足+食生活の乱れ】

数あるセルライトのなかでも一番少ないと言われており、全体の5%ほどです。

過去に運動を行っていた方が仕事などを始め、急に運動から離れてしまった結果できたセルライトです。

今までは身体の中でしっかりと循環を行っていたものの、運動する機会が減って脂肪を燃焼する場面が無くなったため、バランスが崩れてしまったことが要因と考えられています。

対処法として:

今まではその筋肉が起こしていた代謝量に合わせて身体が活動し、同様に食事も摂っていたはず。

そのリズムの崩れから付着してしまったセルライトなので、除去方法は明確になっていません

過去に近い程度の負荷で継続的な運動と食事、エステなど施術のケアを長期的に行いながら、バランスを取っていく方法がいいと言われています。

質の高い睡眠をとりながらバランスの高い食事をとり、ストレスのない生活をすることを心がけるようにするといいようです。

参考:太もも脂肪燃焼とセルライトを消すトレーニング3選

まとめ

セルライトが出来る4つの原因とタイプ別除去法とは?いかがでしたか。

セルライトの除去には時間がかかるため、決して無理をしないことが大切です。

大半のケアとしては、食生活の見直しと継続的な運動によって改善が見られます。

セルライトの改善にあたっては、細胞の入れ替えをしっかりと行うということが非常に重要です。

セルライトは脂肪組織が肥大化したことによって起こったものであり、体の組織が入れ替わらない限り良くなることはありません。

また細胞の入れ替えといっても、全ての体の細胞ではありませんが、大半の細胞は3ヵ月周期のサイクルで入れ替わりますので結果を焦らずにある程度の期間を視野に入れましょう。

セルライトを無くすには、継続的なケアをはじめ、運動・食生活の改善が大切です。

今回ご紹介したセルライトが出来る4つの原因に自分のケースを当てはめながら、一番自分に適したセルライトの除去法を試してみてくださいね。

Sponsored Link

コメント