疑似体験?通販番組QVCの女性を虜にするスゴイ売り方!?

公開日: : 最終更新日:2016/03/24 ビジネス

QVC本社デジタル化の進行によりテレビを視聴する人が減少する中で、2014年の売上高は962億円と安定した売り上げを維持してるテレビ通販「QVC」。その強さの秘密をザックリ調べてみました。

Sponsored link

 

モノが売れない時代に売りまくているテレビ通販「QVC」

QVCは米国本社、
日本、英国、ドイツ、イタリア、
そして中国で合計、約3億世帯に
放送しています。


視聴者の90%が女性です
年齢層も比較高い40代から
60代のテレビを自由に
比較的見られる年代層です。

この年代の女性にどんどん
値引きをして煽り営業で
販売しているのか?
と思いきや….

番組プロヂューサーの番組制作の狙いは、

「煽りではなく視聴者に正確に売れゆきを伝えること。そして売れ行きの動向を視聴者に伝えならが、問い合わせがあれば即対応する。

 

商品を紹介するナビゲーターは
友達、共感、信用という
言葉を
大切に決して無理押しは
してないそうです。

 

365日24時間不夜城の小売店

当たり前ですが、
ネット+対面販売があれば強い!

その強さをかね揃えているのが、
QVCではないでしょうか。

視聴者と一体になっている
一体感を感じてもらえるように
質問があれば即対応する。

電話オペレーター、ナビゲーター
そして商品仕入れのプロ
バイヤーの三位一体で、
売り込む!

今後も快進撃は続くようですね。

 

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

年収1,000万円でも貧乏生活!高額所得者が陥りやす3つの勘違いとは?

給与所得者の4%が年収1,000万以上と言いわれており、サラリーマンで言えば勝ち組に入りますが...

記事を読む

人間がAIに敗れる最短の世界に訪れるシンギュラリティ(技術的特異点)

人間の能力を凌ぐ人工知能の開発に莫大な資金力を注ぐヘッジファンド業界は、AI開発の最前線の一つとなり

記事を読む

リーマンショックの1.5倍「タンス預金」が急増する3つの理由は?

銀行にお金を預けても利子もつかないし、マイナンバーでどんどん個人情報も外に出てるし、やっぱりタンス預

記事を読む

東京オリンピックまで価格が上昇しないかも知れない「将来がちょい危ない街」 とは!?

少子高齢化が進む日本では、売るに売れない空き家や老朽化したマンションが増えているようです。2017年

記事を読む

ジム・ロジャーズは、体制崩壊後の北朝鮮に何を見ているのか?

北朝鮮と米国の軍事衝突リスクが高まり「外部崩壊」の危機に直面していますが、世界三大投資家のひとりジム

記事を読む

マイナス金利の導入って…投資の神様ウォーレンバフェットも先行き不安

1月29日にマイナス金利政策が導入されて一ヶ月が過ぎましたが、何となく分かったようで分からない感じの

記事を読む

「情報革命」の次は!?アメリカ進出でソフトバンク孫社長が抱く「カジノ参画」の野望

ソフトバンクグループの孫正義社長が6日、トランプ次期米大統領と電撃会談をし、米国での事業拡大戦略を日

記事を読む

世界が驚く!日本の創業100年を超える老舗企業の3つの共通点とは?

日本の老舗企業が今なお様々な分野で業界の牽引役となっているのには、理由があるようです。 4社を

記事を読む

アマゾンのAI食料品店『Amazon Go』は店舗ビジネスのパイオニアになる?!

AIを活用したリアル店舗は、1995年から約10年かかったオンラインショッピングのアマゾンよりも、は

記事を読む

北方領土問題はシベリア鉄道を北海道まで伸ばせば解決出来る!?

 プーチン大統領の訪日を前に、シベリア鉄道を北海道まで伸ばするというちょっととっぴとも言える案があり

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

世界が驚く!日本の創業100年を超える老舗企業の3つの共通点とは?

日本の老舗企業が今なお様々な分野で業界の牽引役となっているのには、理由

次のターゲットは日本!?「水道民営化」を推進するIMFの貧乏人は水を飲むな戦略

IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピン

「見えない税金」の典型こども保険の「拠出金」という名のトリックに騙されるな

小泉進次郎氏ら若手議員らが3月に創設を提言した「こども保険」。すで

「税金は取れるときに取っておきたい」という「政治家や官僚の本能」とは?

テレビで御馴染みの武田邦彦先生が、「なぜ政府は国民から税金を騙し取るよ

ジム・ロジャーズは、体制崩壊後の北朝鮮に何を見ているのか?

北朝鮮と米国の軍事衝突リスクが高まり「外部崩壊」の危機に直面しています

→もっと見る

PAGE TOP ↑