オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

健康

えっハワイ!?ジカ熱ウイルス異常気象でエリア拡大?

投稿日:2016年2月6日 更新日:

熱帯地域特有の伝染病ジカ熱ウイルスが世界的な気候変動の影響で流行エリアを拡大。昨年5月以前はイースター島だけだったウイルスが現在は中南米14カ国に広がっています。このような状況を受けて米国航空会社は、中南米への渡航の無料払い戻しをはじめました。

そもそも、ジカ熱ウイルスってどんな症状なのか気になりますよね。エボラ出血熱とかキラーウィルスと同じくらい凶暴なのか?と疑問に思い聞き慣れないジカ熱ウイルスについて詳しく調べてみました。

ジカ熱ウイルスの症状はデング熱と似た症状で、発熱からはじまり発疹、そして関節の痛みへと続くそうです。感染者は5人に一人の割合。感染即重病ではないようですが、一番の問題は妊婦が感染すると新生児の出生異常、特に小頭症になる疑いが高いことにあるようです。

そもそも小頭症とはどんな病気なんでしょうか?

小頭症は先天的な神経系の合併症で、視覚障害や聴覚障害、そして四肢の著しい変形など神経学的な異常を持つこともあるそうです。ジカ熱に感染すると、通常、軽い発熱と一時的な身体の痛みが生じます。

そして一番怖いのが現時点でジカ熱の治療法がないことです。

WHOは「アメリカ大陸全体で400万人が発症する可能性がある」と発表していることからも問題が大きいよですね。また米疾病対策センター(CDC)は昨日、ジカ熱が性交渉を通じて感染する可能性があると発表。流行地域で居住する人や旅行した人に、性交渉を控えるか、コンドームを常用することを推奨しています。

第二のエイズと同じようにならないことを願います。

 

Sponsored Link

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

関連記事

発売間近か!?世界初のアンチエージング薬品「若返り薬」NMNは日本とアメリカの大学が共同開発

若返り薬など「夢のまた夢」でしたが、どうやら近い将来現実のものとなりそうな雰囲気です。アメリカと日本が共同で「世界初のアンチエイジング薬品」の臨床試験の開始を発表しました。 夢の若返り薬が臨床試験に …

LPSは免疫ビタミン「自然免疫力」で 病気やウィルスにならない!

服部栄養学校の校長である、服部先生も推薦している。最近、注目されている免疫力を高める大注目の成分のLPSについて調べてみました。

【画像】実際に10才以上若く見える人の身体特徴と生活習慣

見た目が10以上若く見える人達に共通する身体的特徴と日常生活で気をつけてる事とは?

スウェーデンリポート、高齢出産の驚きのメリットとは?ヨーロッパ最新研究結果

高齢出産は、母体と子どもにとっても、リスクが高いと考えられてきましたが、今年の4月に、その説を覆すような「高齢出産のメリット」を証明する研究結果が発表されました。実際メリットとは何なんでしょうか?

次のターゲットは日本!?「水道民営化」を推進するIMFの貧乏人は水を飲むな戦略

IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピンは気が付いているはずです。「貧乏人は水を飲むな、貧乏人は死ね」の世界を経験したからです。 「貧困層は死ね!?」 水道民営化の悲惨な …

Sponsored Link