えっハワイ!?ジカ熱ウイルス異常気象でエリア拡大?

公開日: : 最終更新日:2016/02/09 健康

熱帯地域特有の伝染病ジカ熱ウイルスが世界的な気候変動の影響で流行エリアを拡大。昨年5月以前はイースター島だけだったウイルスが現在は中南米14カ国に広がっています。このような状況を受けて米国航空会社は、中南米への渡航の無料払い戻しをはじめました。

そもそも、ジカ熱ウイルスってどんな症状なのか気になりますよね。エボラ出血熱とかキラーウィルスと同じくらい凶暴なのか?と疑問に思い聞き慣れないジカ熱ウイルスについて詳しく調べてみました。

Sponsored link

ジカ熱ウイルスの症状はデング熱と似た症状で、発熱からはじまり発疹、そして関節の痛みへと続くそうです。感染者は5人に一人の割合。感染即重病ではないようですが、一番の問題は妊婦が感染すると新生児の出生異常、特に小頭症になる疑いが高いことにあるようです。

そもそも小頭症とはどんな病気なんでしょうか?

小頭症は先天的な神経系の合併症で、視覚障害や聴覚障害、そして四肢の著しい変形など神経学的な異常を持つこともあるそうです。ジカ熱に感染すると、通常、軽い発熱と一時的な身体の痛みが生じます。

そして一番怖いのが現時点でジカ熱の治療法がないことです。

WHOは「アメリカ大陸全体で400万人が発症する可能性がある」と発表していることからも問題が大きいよですね。また米疾病対策センター(CDC)は昨日、ジカ熱が性交渉を通じて感染する可能性があると発表。流行地域で居住する人や旅行した人に、性交渉を控えるか、コンドームを常用することを推奨しています。

第二のエイズと同じようにならないことを願います。

 

Sponsored Link

関連記事

スウェーデンリポート、高齢出産の驚きのメリットとは?ヨーロッパ最新研究結果

高齢出産は、母体と子どもにとっても、リスクが高いと考えられてきましたが、今年の4月に、その説を覆すよ

記事を読む

歯垢・歯石を削らず痛まずペリソルブとはどん治療法?

歯を失う最も大きな原因は歯周病にあります。歯垢や歯石に含まれる歯周病菌が歯肉や歯槽骨などの歯周

記事を読む

中年からのジョギングでも認知症予防に効果あり【米ボストン大報告】

運動は身体にいいと誰もが思っていると思います。実際にアメリカのボストン大学の研究者の調査により、適度

記事を読む

自閉症は薬で治せる?!東京大学の研究で自閉症の原因とされる遺伝子の特定に成功!

東京大学は3月16日、東京大学分子細胞生物学研究所の中村勉講師らの研究グループが、ヤコブセン症候群患

記事を読む

次のターゲットは日本!?「水道民営化」を推進するIMFの貧乏人は水を飲むな戦略

IMFの役割は、すで明確になっています。少なくともボリビアとフィリピンは気が付いているはずです。「貧

記事を読む

「コーヒーを飲むと長生きできる?」ダイエット効果・三大疾患・認知症・糖尿病・痛風・うつ予防と代謝率UPまで

コーヒーを嫌いと言うか方は少ないと思いますが、これからは積極的に飲んだほうがいいようです。コーヒーは

記事を読む

ダントツで日本に認知症と寝たきりが多い理由は血圧に関係がある?!

日本の医者がこぞって血圧を下げる薬を処方したことにより、認知症と寝たきりが多いとの持論をテレビで

記事を読む

四重焦点レンズ、老眼の女性これで化粧ちゃんとできます!

イギリスから最新の老眼インプラントのご紹介です。誰でも年をとると近くのモノが見えずらくなります。一番

記事を読む

30年研究して分かった「がん」を防ぐ5つの生活習慣と意外とダメなモノとは?

イスラエルの医療グループが30年に渡り「がん」と生活習慣についての因果関係を調査しました。「がん」

記事を読む

【画像】実際に10才以上若く見える人の身体特徴と生活習慣

見た目が10以上若く見える人達に共通する身体的特徴と日常生活で気をつけてる事とは? 写真のアセネ・

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブロックチェーンという次世代型金融イノベーションは核弾頭並みのインパクト

日本人は貯蓄を美徳として、お年玉もボーナスも貯めることが美徳と考え来ま

戦争が近い?!なぜNYで若いホームレスが急増している現況とトランプの暴発

世界の基軸通貨「米ドル」が大きな曲がり角を迎えているようです。米国

京大の心理テストでわかった「消費増税10%」は巨大な消費縮退効果を生む

京大の心理実験でわかった「10%消費増税」が日本を滅ぼすメカニズム

滞在10年で永住権所得も可能な日本のチャイナタウン化が加速している?!

近年、日本の不動産を取得する中国人が増えているそうです。特に北海道

1,000万人が僅か88校のエリート大学を目指す中国の壮絶な勉強地獄

冬といえば受験の季節です。毎年、最後の追い込みとなるこの季節にはピリピ

→もっと見る

PAGE TOP ↑