Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

年収1,000万円でも貧乏生活!高額所得者が陥りやす3つの勘違いとは?

ビジネス

高額所得者

給与所得者の4%が年収1,000万以上と言いわれており、サラリーマンで言えば勝ち組に入りますが…年収1,000万円は年収500万円より350万円だけお金持ち!って知ってますか?そんなことはないだろう….

と思っていたら
早期退職、会社倒産、リストなどで
不意に収入がダウンした場合、

実は、年収1,000万円の給与所得者が
一番危ないようです。

今まで贅沢していただけに、
急に節約生活に方向転換できない
というだけではないようです。

Sponsored Link

累進課税の日本の税制

日本の税制は累進課税であり、
所得税+住民税+社会保険税
給与所得が上がると、それに
合わせて納税額がUPします。

年収が2,000万円を超えない限り
サラリーマンで確定申告をする
人は少ないと思います。

近くにある電気屋さんや、
お蕎麦屋さんのおやじさんが
案外金回りがいいのは、
自営業なので経費が使える
と言う理由も大きいんですよね。

 

Sponsored Link

年収2倍でも手取りは350万しか違わない

一方で、年収1,000万円の
サラリーマンは、前述した
税金を引けば4人家族で
ざっと手取りで750万円
となり、年収500万円だと
手取りが400万円なので、
1,000万円と500百万円で
収入が2倍なんのに350万円
しか違わないというおかしな
ことになります。

さらに、この年収の人は、
銀行も融資で上限1億円位は
貸してくれるの、しゃれた一戸建て
などにローンを組んで購入して、
外車と外食のダブルパンチで、
万が一の場合はとてもたいへんです。

対処はどうするか?

3つの方法しかないようです。
1.所得を増やす
2.支出を減らす
3.投資する

そんなに簡単に所得は増えないですよね。
今時、副業でもやればいいのですが、
それにも最初に時間と資金が入ります。

二つ目の支出を減らすのは一番手っ取り早い
ですが、下から上には楽ですが、一度
上がっている生活レベルを落とすのは
たいですよね。

ならばです。

銀行の与信能力がいいのと、
マイナス金利のメリットを生かして
借り入れ上限一杯で、都心の一等地に
タワーマンションを購入したらどうでしょうか?

下手に東京近郊に一戸建てを買うよりも
都心のど真ん中にタワーマンションを
買って、すぐに賃貸に出せば、三番目の
投資と資産運用の二つが可能ですよ^^

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント