筋トレ美容ダイエット

初めての断糖高脂質 ダイエット 食事 NG食品とOK食品

初めて断糖高脂質ダイエットするのにNG食品とOK食品を教えて欲しい。

という質問に対してサクッとお答えする記事になっています。

こんな方におすすめ

  • 断糖高脂質ダイエットが気になる人
  • 断糖高脂質でNGな食べ物が気になる人
  • 断糖高脂質でOKな食べ物が気になる人

なぜならば、これから紹介する『初めての断糖高脂質 ダイエット 食事 NG食品とOK食品』は、実際に自分自身で体験した内容だからです。

そして、この記事前半では『断糖高脂質でNGとOK食品を説明します。

さらに、記事後半では『オメガバランス1日1.5食そして運動がいらない理由』を紹介します。

この記事を読み終えることで、実際に初断糖高脂質ダイエットのやり方 NG食品とOK食品が理解出来ます。

断糖高脂質ダイエットとは?

先日、こんなツイートをしました。

断糖高脂質ダイエットは「身体の断捨離」

これは僕なりの解釈ですが、

脂質を一言で説明すると「身体の捨離」です。

  • 糖 
  • :調味料
  • :工場食

「身体の断捨離」の手順に当てはめ断糖高脂質ダイエットのやり方を簡単に説明します。

step
1
質を断つ

まず、お米やうどん、パスタ、蕎麦といった穀物(=炭水化物)などの質を断ちます。

糖質が主体だとエネルギー源がブドウ糖になっています。

ブドウ糖の働きによってインスリンが分泌されると、余分な糖質が体脂肪となって体内に貯め置かれることになり太ります。

step
2
調味料を全部捨てる

次に調味料は味噌も醤油も全部捨てます。

・カロリーオフのマヨネーズは通常より9倍の糖質
・コショウ・唐辛子・わさびにも大量の糖質

step
3
工場で生産された食べ物は全てNG全部捨てる

最後に工場で生産された食べ物は全てNGです。

なぜならば工場で作られている食べ物は、

  • 美味しく感じ
  • 日持ちがよく
  • 腐らなくする

…ために香料や酸化防止剤などが入っているからです。

日持ちがよく腐らないということは、身体の中でも消化吸収されづらいことになります。

要するに空腹感を満たすだけど栄養がない質的栄養失調になりやすくなります。

断糖高脂質で食べるものは?

食べるのは肉・魚・卵が中心になります。

一例として、

・朝 生クリーム&MCTオイル入り紅茶
・昼 空腹感があれば牛脂スープを1杯
・夜 サバの卵炒め

断糖高脂質ダイエットについてより深く学びたい人におすすめの一冊です。

「身体の捨離」が完成すると健康と美容と長寿が手に入る

という嬉しいおまけもついてます。

もちろん痩せます!

断糖高脂質ダイエットの NG食品とOK食品

一口に、断糖高脂質で扱う食材は、肉、魚、卵、脂と言われてもピンとこない人も多いと思います。

そこで、今回は断糖高脂質で何が食べてよくて、何が食べて良くないのかを食材別に調べてみましょた。

基本的に加工品はすべてNGです

食材に極力手を加えずに「そのまま」を食べるイメージです

断糖高脂質食で扱う食材は、肉、魚、卵、脂です

基本的になるだけ自分で調理します。

それでは、食材別に肉、魚、卵、脂の順に見てみましょう。

OK食材
 ラム肉>牛肉>豚肉>鶏肉の順です。
NG食材

鶏肉の脂は、オメガ6が多く含まれていて炎症を起こしやすいので

出来る限り食べないようにして下さい。

OK食材

鮭、サバ、マス、イワシなどオメガ3を豊富に含む魚です。

サバ缶、イワシ缶などオリーブオイル漬け、水煮はOKです。

NG食材

NG食材は、マグロ、マカジキ、メカジキは水銀汚染されている可能性があるので

積極的に摂るのはお勧めしません。

また、ツナ缶は油が、綿実油か大豆油の場合オメガ6を多く含むので控え方がベストです。

たまご

OK食材

OK食材は、完全栄養食として活用したい食材です。

魚油に含まれているDHA、EPAを強化した飼料で育てた鶏の卵「オメガ3強化卵」がお勧めです。

最近は、イオンとかスーパーでも売ってる所が多くなってますね。

OK食材

OK食材は、牛脂、バター、MCTオイル、オリーブオイルはとてもよいです。

バターはグラスフィードバターがベストです。

NG食材

NG食材は、マーガリンはトランス脂肪酸なので絶対NGです。

ゴマ油はオメガ6系が多く炎症作用があるのでNGです。

乳製品

OK食材

ナチュラルチーズのみOKです。

ナチュラルチーズの中でも乳化剤の入っていない、生乳と塩のみのものがベストです。

注意点:チーズを多く食べるとカルシウムとマグネシウムのバランスが崩れるので多量のマグネシウム摂取が必要となります。

僕が飲んでるマグネシウムのサプリです。

野菜&キノコ類

OK食材
OK食材は、アボカド、小松菜、大葉、パセリ、パクチー、生しいたけ、ぶなしめじ、なめこ、舞茸、マッシュルーム
NG食材
NG食材は、エリンギ、えのき、干ししいたけ、干しきくらげは糖質が多いので注意して下さい。

オメガバランスとは

オメガバランスとは、体内の脂肪酸組成の中の「オメガ6」と「オメガ3」のバランスのことをいいます。

骨髄主食だった旧石器時代は、オメガ6とオメガ3の割合が1:1で同じくらいのバランスでした。

ただ、肉ばかり食べていると「6:1」くらいでオメガ6が勝ってしまう。

これも痩せない原因になります。

では、どうすればオメガ3とバランスが取れるかというと、カギになるのは魚の脂です。


魚の脂に含まれるDHAやEPAを摂ることでオメガ6とのバランスをとることが出来ます。

1日1.5食の理由

断糖高脂質食に加えて「1日1.5食」を提唱されています。

「1日3食」というのがなかば常識な中で、かなり異色なように見えます。

同じ量でも、1日3回に分けて食べるのと、1回でドカ食いするんだったら、ドカ食いする方が圧倒的に健康で、体重も落ちやすいです。

インスリン抵抗性というものがあって、1日3食食べたり間食したりすると、だらだら1日中インスリンが出ている状態になります。

そして、この状況が続くとインスリンが効きにくなります。

これは肥満の原因にもなりますし、糖尿病にもなりやすい。

断糖高脂質食での1日1.5食とは、たんぱく質を1日1回たべて、残りの0.5回は飲み物や脂質を摂取します。

そうすると、食事と食事の間が空くので、インスリンが出ない時間を作れるんです。

そうするとインスリン抵抗性はつきません。

「0.5回」の部分がポイントになります。

MCTオイルを入れた紅茶を摂るようにしているのですが、そうするとレプチンという満腹ホルモンが出るので、お腹が空かないんです。

コーヒーでもいいのですが、コーヒーって意外と糖分が多くて、ブラックであっても紅茶の7倍あるので、断糖するなら断然紅茶です。

あとは、たんぱく質を摂る時、肉にコショウをかけたくなりますが、コショウもかなり糖分が多いので要注意です。

だからステーキとコーヒーの組み合わせって太りやすいんですよ。

断糖高脂質は運動ゼロでも痩せる

運動はダイエットには必須なものだと思っている人も多いと思いますが…

そんなことはありません!

旧石器時代にサバンナで暮らしていた頃の人間が運動するなんて、通常の狩猟採集以外は食肉目に追いかけられた時だけです。

それを考えると、運動をするのは人の摂理に反するものです。

運動しないと痩せないなどということはないですし、運動したから痩せるということもないですよ。

運動したら当然お腹が空きますし、お腹が空いたら普段より余計に食べてしまう。

それは痩せませんよね。

運動に限らず、この本では、旧石器時代の人間が置かれていた頃にやっていたことや食べていたものに反するものはできるだけ直すことを提唱しています。

痩せるためにすること

step
1
これまでに刷り込まれてきた思い込みを捨てる。

step
2
サプリメントを使って代謝しやすい体を作る。

step
3
オメガバランスを整え食事を変える。

脂質依存のバロメーターは甘いモノ

完全に脂質依存になった段階で甘いものへの欲求や渇望が消滅します。

それは糖から脂質へのエネルギーの切り替えによって脂質でATP(エネルギーの源になるもの)が生まれるようになるため、糖の渇望が消えるのが理由です。

もうひとつのわかりやすい効果としては、脂質が脳の視床下部に作用して、満腹感を感じさせるホルモン「レプチン」を分泌させるので、結果として食事の量も減っていきます。

牛脂を50g食べると満腹になって、コースのメイン料理は入らない……

なんてこともザラです。

なにより、脂質が優れているのはインスリンが出ないことです。

ここにインスリン分泌の多寡の順序を挙げておきますので、ぜひ覚えてください。

F(ファット)が脂質、P(プロテイン)がタンパク質、C(カーボン)が炭水化物なのですが、インスリンが多く出る食事の組み合わせ例は次のようになります。

インスリン分泌の序列

『C+P(牛丼)>C(白米)>C+F(ポテトチップス)>P(赤身の肉)>P+F(脂身の多い肉)>F(牛脂)』

上位3つの組み合わせにはいずれもCが入っています。

中間にはPが入る組み合わせがあります。

一番下はFのみです。

これが痩せるスピードにおいて、 断糖高脂質>MEC>糖質制限 となる理由の一つです。

MECとは、肉・卵・チーズを中心とする食事法です。

このインスリンをできるだけ出さない食事が、断糖高脂質食ダイエットの鍵になる序列です。

まとめ

断糖高脂質ダイエットで減量成功者の勝ちパターンを分析して見ると、以下の3つのことをしている人が多いです。

  1. ・同じものを食べ続ける
  2. ・自分のルーティーンがある
  3. ・違和感があれば徹底的に研究する

これらのことをやり抜くことで体内や自分の行動の変化に敏感になります。

イチローも毎日カレーを食べてたように…

嫌になる位脂質の世界は深いです。

努力は裏切らないので誘惑に負けないで頑張りましょう!

-筋トレ美容ダイエット
-, , ,

Copyright© オルペラス , 2020 All Rights Reserved.