健康ライフスタイル

新型コロナウイルス(COVID-19)とビタミンDについて知っておきたいこと

新型コロナウイルスの予防にビタミンDがいいとよく聞きますが専門家の意見はどうなのか知りたい。[/st-kaiwa8]

という質問に対してサクッとお答えする記事になっています。

専門家の見解

ビタミンDの欠乏がCOVID-19をより重度の症状に関連している。

専門家はビタミンDの摂取が重度のCOVID-19から身を守流のか調査中。

ビタミンDサプリメントの摂取を検討するには十分な理由がある。

なぜならば、これから紹介する『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とビタミンDについて知っておきたいこと』は、専門家がエビデンスに基づいて記事の意訳だからです。

この記事を読み終えることで、実際に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とビタミンDについてが分かります。

それでは見ていきましょう![/st-kaiwa8]

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)以下、新型コロナと呼びます。

新型コロナとビタミンDについて知っておきたいこと

この記事が投稿された時点のデーターや統計に基づいています。

一部の情報は古くなっている可能性がありますので、コロナウイルスハブをご覧になり、

新型コロナ発生に関する最新情報はライブアップデートをご覧ください。

コロナウイルスワクチンの完全な使用が承認されていないため、多くの人々が免疫システムを強化し、新型コロナを撃退するためにビタミンや他のサプリメントに目を向けています。

ファウチ博士と科学者の対立

アメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長アンソニー・ファウチ博士は、先月、「いわゆる免疫力を高めるほとんどのサプリメントは実際には効果がない」ことを警告しました。

今のところ、国立衛生研究所は、ビタミンDが新型コロナを予防したり、治療したりすることができることを示すのに十分な証拠はないと言っています。

しかし、科学者たちが新型コロナに対するビタミンDや他のサプリメントの利点があることを示す十分な証拠があります。

その証拠となる研究などを見て行きましょう

ビタミンD欠乏症はCOVID-19と関連している

これらの研究では、ビタミンDが新型コロナ以外の呼吸器感染症のリスクを低減することが示されています。

研究では、その効果にはかなりのばらつきがありますが、この栄養素が欠乏している人にはビタミンDの補給が効果的であるようです。

ポイント

さらに最近の研究では、ビタミンDの欠乏が新型コロナ感染のリスクと重症度を高める可能性があることが示唆されています。

ビタミンDの欠乏が重症度を高める

さらに別の研究によると、新型コロナの死亡者数は、赤道から遠く離れた国では、特に冬場の日照量の減少によりビタミンDが不足している人が多いことが分かっています。

ビタミンDが免疫システムを維持するために必要であることをJAMA Network OpenTrusted Sourceに先月発表されいます。

created by Rinker
jotolate
¥2,580 (2020/11/26 18:23:33時点 Amazon調べ-詳細)

メルッアー教授主張

「私たちの研究では、ビタミンD のレベルが低い患者は新型コロナの陽性をテストする可能性が高かった 」とシカゴ大学医学部デビッド・メルッアー教授は述べてます。

その他の要因として、

  • 年齢
  • 肥満
  • 基礎疾患

などがCOVID-19を悪化させる可能性がある。

他の研究では、新形コロナと診断されたビタミンDレベルが低い患者は転帰が悪い傾向にあることが示されている。

そのうちの1つが先月、PLoS ONETrusted Sourceで発表されています。

研究者らは、ビタミンDが不足していたCOVID-19で入院した人は、重篤な症状が出たり、COVID-19で死亡したりする可能性が高いことを発見した。

しかし、すべての研究がビタミンDと新形コロナの関連性を明確にした訳ではありません。

今年初めに『Diabetes & Metabolic Syndrome』誌に発表された英国のバイオバンク研究では、ビタミンDと新形コロナとの関連性は認められなかったとしています。

しかし、メルッアー教授らは論文の中で、英国の研究者はCOVID-19検査の14年前までのビタミンDレベルを測定しており、それ以降にビタミンDによる治療を受けたかどうかは見ていないと指摘しています。

サプリもこの14年間で進化してビタミンDの含有量も変わっているかもですね

科学者たちはまた、亜鉛とビタミンCが新形コロナの潜在的な治療法になり得るか目を向けています。

ポイント

ある研究では、スペインの研究者は、亜鉛の血中濃度が低い患者が新形コロナから死亡する可能性が高いことを報告しています。

彼らの結果は先週、欧州臨床微生物学・感染症学会(ESCMID)のコロナウイルス病会議で発表されました。

ビタミンDの効果を調べる研究

これらの研究はすべて観察研究であり、研究者は人々を異なる治療法に割り当てるのではなく、時間をかけて人々のデータを収集したことを意味します。

ビタミンDの効果

ビタミンDは、カルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨の健康を保つのに働いています。 また最近では、免疫力アップ効果やガンや糖尿病、自閉症などに有効かもしれないという報告もある。

そのため、ビタミンDと新形コロナとの因果関係を示すことは不可能のようです。

スペインで行われたある研究では、新形コロナで入院した50人にビタミンDの活性型であるカルシフェジオールを投与しました。

26人の患者の別のグループはビタミンDを投与しなかった。

すべての患者は、ヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンで等しく治療。

ビタミンD治療を受けた患者のうち1人だけが集中治療室に入院したが、未治療の患者の半数は入院した。

「この研究にはいくつかの不完全性がある。それは非常に大規模な研究ではない、いくつかのグループ間でいくつかのわずかな不均衡がある。しかし、それはかなり印象的だ 」とメルッアー教授は述べています。

この研究では、すでに新形コロナを持っていた人々を治療するためにビタミンDを使用していますが、メルッアー教授は言う「栄養素は病院の人々を維持することで同様によく働く可能性がある」。

「一つの可能性としては、ビタミンDが新形コロナを予防しているのではなく、感染した人が検査を受けず、発見されないような最小限の症状を持つようにしていることが考えられる 」ともメルツァー教授は述べています。

これが本当かどうかを知るためには、さらなる研究が必要のようですね。

ビタミンDが含まれる食材

動物性:ビタミンD3 サケ、マグロ、サバなどの脂肪性の魚および魚類肝臓

牛のレバー、バター、チーズ、卵黄など

植物性:ビタミンD2 きのこ類

ビタミンDのサプリは飲むべき?

ビタミンDサプリメントの摂取を検討するには十分な理由があります。

ポイント

「アメリカ人の大多数はビタミンDが不足しているし、おそらく非常に少ないリスクで、ビタミンDサプリメントのいくつかの適度なレベルから恩恵を受けることができる 」とメルツァー教授は述べています。

アメリカでは、推定41%の成人のビタミンDの欠乏しています。

そして、アメリカ人の中でも、

  • ヒスパニック系 63%
  • 黒人系 82%

がビタミンDが足りたいレベルにいます。

この他にビタミンD欠乏症のリスクを増加させる要因は、

  • 年齢
  • 日焼け
  • 肥満
  • 持病
  • 喫煙
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 消化器疾患

などが上げられています。

食品から十分なビタミンDを摂取することは難しいので、サプリメントから摂取するのも一つの手段です。

created by Rinker
jotolate
¥2,580 (2020/11/26 18:23:33時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

『新型コロナとビタミンDについて知っておきたいこと』のまとめです。

ビタミンDの欠乏がCOVID-19をより重度の症状に関連していることは間違いないようです。

専門家はビタミンDの摂取が新形コロナから身を守れか調査中ですが、ビタミンDサプリメントの摂取を考えてるには十分な理由があります。

ココに注意

なぜならば、新形コロナの死亡率が高いリスクのグループは合併症が多く、ビタミンD欠乏症の発生率が高いグループと一致しているかです。

ビタミンD欠乏症は、新形コロナとより高い死亡率の重要な危険因子の一つと考えている専門がは多くいます。

-健康ライフスタイル
-, ,

Copyright© オルペラス , 2020 All Rights Reserved.