筋トレ美容ダイエット

セルライト 原因とは⁈ 悪影響な食生活 効果的なサプリ5選

セルライトの原因となる悪影響な食生活とセルライト予防に効果のあるサプリを教えて欲しい。

という質問に対してサクッとお答えする記事になっています。

こんな方におすすめ

  • セルライトのタイプ体型体質別を知りたい人
  • セルライトに悪い影響の食生活を知りたい人
  • セルライトに効果のあるサプリを知りたい人

なぜならば、これから紹介する『セルライト 原因とは⁈ 悪影響な食生活 効果的なサプリ5選』は、その道の専門家や学者が検証した内容だからです。

そして、この記事前半では『セルライトの原因と悪影響な食生活を説明します。

さらに、記事後半では『セルライトに効果的なサプリ5選』を紹介します。

この記事を読み終えることで、実際にセルライトに悪影響な食生活と効果的なサプリ5選が分かります。

それでは一緒に見ていきましょう!

セルライトの原因とは⁈

セルライトは脂肪細胞というものが変性してできたものですが、

肥満気味の人にだけ起こるものではありません

ココがポイント

たしかに太っている人のほうができやすいのですが、セルライトの発生原因は血行不良や代謝低下など、体の内側のトラブルと密接に絡んでいます。

栄養不足で体の機能が低下して、

  • 血行不良
  • 冷え
  • むくみ

などの原因で、セルライトの発生を助長してしまう場合もあるのです。

ココに注意

そのため、「痩せればどうにかなる!」食事制限することは、セルライト対策にはかえって逆効果になります。

セルライトの体型・体質型別

セルライトは、セルライトができた原因によって、以下の種類に分けられます。

脂肪型

カロリーが多い食生活などが原因でできるタイプです。

セルライトの中でも、最もよくみられるタイプです。

ココがポイント

脂肪型セルライトができる理由は、肥満です。

運動不足や食べ過ぎで脂肪がつきすぎると、その脂肪で血液やリンパの 流れを阻害し、老廃物が脂肪細胞の中に蓄積し膨張することでセルライトができます。


このタイプの対処法としては、根気良くダイエットやマッサージをすれば、セルライトも解消される場合が多いです。

マッサージもエステサロンなどに行かなくても、自分でマッサージするだけでも改善されることも多いです。

ココに注意

ただし、このまま放置しておくと、線維化型セルライトに成長する可能性があるので、 ダイエットやマッサージを継続的に実施して脂肪型セルライトのうちに対処することが他大切です

むくみ型

血流の悪さが原因でできるタイプです。

浮腫みがち女性に多くみられるタイプです。

セルライト全体の約30%を占めるといわれており、2番目に多いセルライトです。

立ち仕事をしていて、足がむくみやすい人になりやすいといえるでしょう。

ココに注意

むくみ型の単独というより、脂肪型とむくみ型の両方が原因という人も多いです。

繊維型

セルライトを長期間放置した結果、線維化したタイプです。

このタイプは、セルライトができて長期間経過してしまった状態のセルライトにおおいようです。

ココに注意

このセルライトを解消するには、ダイエットをしつつ、専門のエステサロンに通うか、セルライト除去用の美容器具を買うのがセルライト除去の近道です。

筋肉質型

筋肉の上に皮下脂肪が付いてセルライトになったものです。

アスリートだった人などにみられ人が多いようです。

この筋肉質型セルライトは、セルライトの中で約5%で、セルライトの中でも珍しいタイプです。

筋肉の上にできるセルライトで、筋肉の一部が脂肪に変わる際にできるセルライトです。

ココに注意

最も除去が難しいセルライトで、美容外科やエステに通いつつ、美容器具を使って除去するのが良いでしょう。

この中のどれに自分が当てはまるのか?

  1. 脂肪型
  2. むくみ型
  3. 繊維型
  4. 筋肉質型

 

セルライト悪影響偏った食生活

実はそのセルライトは毎日の食事が関係しているかもしれません。

あなたの食べているものは大丈夫ですか?

ふだんの食生活を思い返してみてください。

  • お米やパンなど大好き
  • 甘いものをよく食べる
  • 味付けは濃いめが好み
  • 野菜をあまり摂らない
  • 冷たい飲み物が好き

この中で当てはまるようなら、セルライト増殖の危険があります!

今はなくても、やがてはボコボコがお尻や腰回りにできてしまうかもしれません。

その理由について一つずつ説明します。

参考セルライトの原因となる食べ物 vs セルライトを減らす食べ物 20選

炭水化物・糖質が好き

セルライトが増える原因の一つに糖質の摂り過ぎがあります。

必要以上の糖質は中性脂肪となります。

この中性脂肪は脂肪細胞に蓄えられ、これが肥満のもとになります。

ポイント

脂肪細胞が過剰な糖質のために肥大化すれば、その周りにある血管やリンパ管、コラーゲン線維などは圧迫されることになり、その結果、脂肪細胞は変性し、セルライトとなってしまう場合があるのです。

糖質は、

  • お米
  • パン
  • ラーメン
  • パスタ

などの主食以外にも、砂糖やスナック菓子類に多く含まれています。

少し脂質を摂り過ぎかも、という自覚がある人は、食べる量を加減するのがよいでしょう。

味付け濃いめが好み

濃い目の味付けの料理には、すなわち塩分が多いことになります。

塩分=ナトリウム

塩には体内に水分を溜め込む性質があるので、

塩分をたくさん取るとむくむ可能性があります。

むくみは、見た目がイマイチだけではありません。

体に溜まった過剰な水分は、リンパ管を圧迫してしまうため、

脂肪細胞の変性を助長させてしまう恐れがあります。

ポイント

足首の少し上を、指で2~30秒間押さえてみてください。指を離したとき、指の跡がくぼんでしばらく残れば、体がむくんでいる証拠です。

むくんだ場合の対処法として、マッサージや運動がありますが、以下のような器具を使ってお風呂の中でマッサージするのも一つの方法です。

もちろん塩分は控えめにして下さいね。

野菜をあまり摂らない

野菜をあまり摂らないことは、セルライトの原因となりうる脂肪・過剰な水分を溜め込む要因になります。

今日からでも野菜を食事に取り入れましょう。

とくにカリウムが多いきゅうりや冬瓜などはナトリウムを排出する作用があるため、むくみ解消にも効果的です。

また、野菜に含まれるビタミンやミネラル、抗酸化作用のある栄養素は体を内側から活性化するため、代謝向上にも役立つでしょう。

ココがおすすめ

緑黄色野菜はとくに各種ビタミン類が豊富なのでおすすめです。

冷たい飲み物が好き

夏場などについがぶ飲みしがちな冷たい飲み物ですが、体を内側から冷やすため、血行不良・代謝低下を引き起こしかねません。

そうなれば脂肪細胞の変性につながり、セルライト増殖の危険につながるでしょう。

また、冷えによる血行不良・代謝低下は体への栄養や酸素供給を滞らせるため、さまざまな病気の引き金にも。

ココに注意

日頃からできるだけ温かい飲み物を摂り、体を冷やさないように気をつけましょう。

塩分の摂りすぎ

塩分の摂りすぎは、むくみの原因になります。

血液の流れやリンパの流れが悪くなるため、

体に老廃物が溜まってしまい、

セルライトを悪化させる原因にもなってしまいます。

ココに注意

お惣菜を利用したり、外食が多い人は要注意です。

たんぱく質不足

たんぱく質の摂取量が少ないと、血液中のアルブミン濃度が低くなり、むくみの原因となります。

野菜中心の生活で、たんぱく質が不足している女性も多いため、気を付けましょう。

こんな生活習慣もセルライトには良くありません。

その他、食事だけでなく以下の生活習慣もセルライト対策には悪影響だといわれています。


  • 寝ている間に細胞の新陳代謝が活発になります。睡眠不足は代謝低下の原因。個人差はありますが、6~7時間は寝るようにしましょう。


  • 運動によって、血液の流れやリンパの流れが良くなり、代謝もUPする。通勤や買い物ついでにウォーキングなど、運動を取り入れる。


  • 血行が悪くなると、脂肪も燃焼しにくいため、冷えは大敵です。夏場でも、冷房で体が冷えることがありますよね。上着を持ち歩く・温かい飲み物を飲むなど、夏場でも冷え対策をしましょう。


次にセルライト対策に摂りたい栄養素をご紹介します。

セルライト効果的サプリ5選

参考:セルライト 筋トレ 消す?! 出来る原因と対処法 太ももトレーニング4選

カリウム

カリウムは、体の中の余分なナトリウムを体の外に出すはたらきがあります。

セルライトの原因の一つである「むくみ」を予防することができます。

カリウムはバナナやメロン、野菜、イモ類、海藻類に多く含まれています。

たんぱく質

たんぱく質は、筋肉や髪、肌など体の基本をつくる材料です。

タンパク質含有量が多い食品類としては

  • 肉類
  • 魚介類
  • 卵類
  • 大豆製品
  • 乳製品

があげられます。

上記の中でも肉・魚・卵(赤字)を中心にタンパク質を摂取することをおすすめします。

なぜならば、大豆は遺伝子組み換えの心配があり乳製品にも乳化剤が含まれている食品が多いいからです。

ポイント

タンパク質が不足すると、体温も下がりやすく、基礎代謝を悪くしてしまうため、セルライト対策にはしっかりたんぱく質を摂取しましょう。

カプサイシン

新陳代謝を促すために、唐辛子もおすすめです。

唐辛子の辛味成分であるカプサイシンは、体を刺激して血流を良くしてくれます。

血流が良くなると、新陳代謝も活発になるため、セルライト対策だけでなく、美肌づくりにもおすすめですよ。

カルニチン

カルニチンは、牛肉の赤身や羊肉に含まれる脂肪燃焼効果があります。

セルライトは、脂肪の摂りすぎも原因であるため、脂肪を燃やす食事が大切です。

created by Rinker
NOW
¥2,597 (2020/11/27 14:55:33時点 Amazon調べ-詳細)

肉=脂肪が多いというイメージがありますが、赤身肉やヒレ肉は脂肪分も少なく、

良質なたんぱく質を含んでいるため、セルライト対策に向いています。

ビタミンB群

step
1
ビタミンB群は、エネルギー代謝の補酵素で代謝を円滑に行わせる潤滑油のような働きがあります。

代謝にいいビタミンB郡とは、

  • ビタミンB1は糖質
  • ビタミンB2は脂質
  • ビタミンB6はたんぱく質

それぞの代謝に関わる栄養素です。

食事から摂取した糖質、脂質、たんぱく質を体内でしっかりと代謝されるように、ビタミンB群の摂取も大切です。

  • ビタミンB1は豚肉やうなぎ、ナッツ類
  • ビタミンB2はレバーやうなぎ、牛乳
  • ビタミンB6はカツオやまぐろ、さんま、バナナ

などに含まれています。

これだけ多くのビタミンB群を分けて摂るは難しいですよね。

そこで、11種類のビタミンB群をバランスよく高含有したサプリを紹介します。

具体的な栄養成分は下記の通りです。

  • Vitamin B-1 100 mg 8333%
  • Vitamin B-2 100 mg 7692%
  • Vitamin B-3 100 mg 625%
  • Vitamin B-6 100 mg 5882%
  • 葉酸    667 mcg 167%
  • Vitamin B-12 100 mcg 4167%
  • ビオチン    100 mcg 333%
  • パントテン酸 100 mg 2000%
  • コリン     10 mg 2%
  • イノシトール 10 mg
  • パラアミノ安息香酸 10 mg
匂いとカプセルが大きいというマイナス点を除いて、効果についてはプラスのコメントが多いようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

セルライト対策には運動やマッサージも大切ですが、食事内容の改善も大切です。

セルライトを発生させないために肝心なのは、体重を減らすことではなく、セルライトの主な原因となる代謝低下を防ぎ、血行不良を起こさない体を作ることです。

美容や健康に気を使っている人でも、代謝低下や血行不良は、生活リズム・食生活のちょっとした乱れから起こらないとも限りません。

糖質・塩分は控えめで野菜多めの食事、飲み物はホットへ切り替えるとともに、適度な運動を心がけ、体の内側へ根本的なアプローチをかけましょう。

日頃の食事から、セルライトができないような対策を心がけましょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

参考業界初スリマジン配合!!新しいマッサージジェル【スリマフラミンゴ】

人気女性誌『VERY』にも記載されたスリマフラミンゴ。  

参考: 19,800円で一生通える足痩せエステの《パーフェクトライン》

39日間全額返金保証ありなので是非この機会に一度試して見え下さい!

参考: 脂肪セルライトケアなら!痩身専門バイオエステBTB

5部位2,000円から受けれる体験コースが人気があるので一度試して見て下さい!

-筋トレ美容ダイエット
-, ,

Copyright© オルペラス , 2020 All Rights Reserved.