Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

お金 ビジネス

成城でも日高屋でないとテナントが入らない?!デフレ加速で日本経済が失速している

投稿日:

ラーメンチェーンの「幸楽苑」が52店舗の大量閉店を発表。これまでデフレ下で出店を加速させてきた幸楽苑。メニューは400円台から500円台が中心です。人件費の上昇や原料高による採算の悪化という理由が、果たして本当にそうでしょうか?
Sponsored Link

人件費高騰というウソ。

人気チェーンの大量閉店、本当の理由

幸楽苑の「大量閉店」が象徴する日本の病。

今回の大量閉店は、幸楽苑の低価格帯ですら売上を確保できないことを意味します。人件費が少々上昇しても、原料費が高くなっても、売上が伴えば問題はないはずです。これは、日本におけるデフレのゾーンがさらに低価格へと移行した可能性を示しています。

 

駅前一等地に「富士そば」の意味

いま下北沢駅の駅近の一等地で、改装作業が進んでいます。何ができるのかなと見れば、「名代 富士そば」。いわゆる「立ち食いソバ」の業態です。

富士そばは首都圏で次々と出店しており、多くの客でにぎわっています。価格は、かけそば300円、かけうどん300円から。概ね300円台から400円台で食事ができます。

そして、下北沢の「富士そば」予定地の向かいにはマクドナルドがあります。

最近のマクドナルドは、店内のデザインも、オペレーションも良くなり盛況です。このマクドナルドも、一番低価格のハンバーガーは100円です。プレミアム・ローストコーヒーも、Sサイズは100円です。

つまり、200円から食事ができるわけです。

下北沢駅の改札を出てすぐの一等地に、マクドナルドと富士そばが揃うことになります。

 

高級イメージが売りの成城に「日高屋」

東京世田谷区の成城学園前駅に近い場所に、以前は和食料理店(寿司など)がありました。そのあとにはベネッセが入りましたが、それも撤退してしまいました。そして、最終的に落ち着いたのが「日高屋」です。

これもやはり、いわゆるデフレ業態です。

日高屋は、価格帯は幸楽苑に近いですが、いわゆる野菜たっぷりの定食型の食事が人気です。
500円台から600円台で食事ができるとあって、連日にぎわっています。

日高屋には、ファミリーレストランでの食費がきつい層や、仕事帰りの1人客やグループ客が訪れています。つまり、ファミリーレストランで1000円前後のメニューが厳しい層や、他のレストランで1500円以上が厳しい層が大挙して訪れています。

以前は「ファミレス」がカジュアルだったのですが、デフレが長引くとともに、ファミレス業態は相対的に「高級化」してきているわけです。

日高屋は、それをうまく取り込んでいます。

しかも、成城でも「日高屋でないとテナントとしてやっていけない」という状況です。

 

ミスタードーナツの「高級路線」失敗が意味するもの

また、成城で今回と同様の認識をもったのが、「ミスタードーナツの改装」でした。

成城の「ミスド」は以前、改装して高価格メニューに転換したのですが、思うように来店客がなかったようです。それで現在は、以前とほぼ同じ価格帯のメニュー(低価格化)に戻りました。

これは「高価格には消費者がまったくついていけない」ということを示しています。

 

コンビニも飲食店の脅威に

さらに、コンビニのイートイン・コーナーが盛況です。

最近、併設型の店舗が増え、200円から300円ぐらいで食事を済ませる人も多くなっています。

また、最近よく見かけるのは、大きめのカップ麺でイートインする姿です。コンビニには給湯器がありますから、カップ麺であれば100円台の食事ということになります。

つまり、国民の所得は思うように増えておらず、コンビニで200円から300円ぐらいで食事をする人が増えているのです。

 

加速するデフレの進行

納得できる「幸楽苑」の大量閉店。
以上のような事柄を総合的に考えると、今回の価格帯が400円台から500円台である幸楽苑の大量閉店も納得できます。

以前は、デフレ業態で低価格であった幸楽苑が、さらなるデフレの進行によって、相対的に高価格化したということになります。そうやって幸楽苑が競争力を失った姿が透けて見えます。

つまり、今回の大量閉店を招いたのは、デフレの激化による幸楽苑の相対的な「高価格化」であるということです。

 

サンマルクの「高価格戦略」通用せず

サンマルクは、ベーカリーレストランやカフェを手広く展開する、もとは岡山の会社です。焼きたてパンが食べ放題のベーカリーレストラン「サンマルク」で成功しました。

この会社の経営者は、もともとは飲食業の専門ではありません。アルバイトを雇って低コストで運営し、デザインが綺麗な店舗で高めの価格を設定します。一方で、焼きたてパンの「おかわり」を自由にすることでバランスをとっています。調理も、報酬が高い一流シェフを店舗ごとに雇っているわけではありません。しかし、出店戦略のうまさと、店舗のデザイン性で急成長してきたわけです。来店客の「誕生日に合わせてダイレクトメールを送る」といったうまさもありました。

そして、そのカフェ業態が「サンマルクカフェ」です。やはりデザイン性と、駅前へのうまい出店で成功しました。しかしいずれも、価格は「高め」です。

これまでは出店戦略のうまさで高価格を維持してきましたが、前述したラーメンチェーン「幸楽苑」の大量閉店の理由と同様に、日本の個人消費の低迷が今回のサンマルクの失速の原因です。

つまり、値段が高すぎて、日本の消費者がついていけない事態になっているのです。

 

Sponsored Link

価格選好が強まり「ドトール」「マック」が優位に

繰り返しになりますが、これまでは「出店戦略のうまさ」でサンマルクカフェの経営はうまくいっていました。しかし、ドトールコーヒーやマックと比較すると、サンマルクカフェは実は弱いのです。

メニューはドトールの方がリーズナブルでおいしい。価格はマックが圧倒的に安く、最近は店舗のデザイン性も向上。

サンマルクはこれまで「出店戦略のうまさ」でこうした点をカバーしてきたのですが、個人消費が非常に厳しい状態で、消費者が細かい反応を示し始めたわけです。

サンマルクカフェの店内を覗くとお客さんが多いので、他の人はあまり気にしないのかと思っていました。ですが、個人消費の厳しさから、こうした点が顕在化してきたようです。

 

日本経済全体の問題が浮き彫りに

解決は難しく

もっとも、サンマルクはこれまで非常に多くの利益を蓄積しており、今回の失速でどうにかなるような経営状態ではありません。いわゆる業績の伸びが落ちてきたという状態です。

しかし、中低所得者の懐事情が厳しい中で、これまでどおりの「高価格路線」を維持するのは難しいようです。

また、高所得層にアプローチするのも難しいです。

以前、田園調布の近くの多摩川沿いにサンマルクがあったのですが、ここは閉店しています。

つまり、本場のシェフが店にいるわけではないので、高所得層はサンマルクには行かないわけです。今回のサンマルクの失速は、日本のデフレで「高価格」の支出の余裕がない、日本の中低所得者にどう対応するのかという問題であり、サンマルクにとってかなり難しい問題です。

海外では、日本より所得が少ない国が多くありますが、外食は週一回程度ですが、ちょっとグレードの高いレストランなどに行くことを楽しみにする習慣があります。より良い暮らし、今よりもいい車、そして家族の生活をアップするなど、生活レベルの向上を楽しみに働いています。

日本の平均年令は46.1歳(2014年推計)です。

アフガニスタンの18.1歳、インド27歳、ブラジル30.7歳、中国36.7歳、アメリカ37.6歳、イギリス40.4歳などと比較(The World Factbookによる推計)しても、日本はかなり高齢社会です。

年をとると欲しいものがなくなり、生活向上を願うより健康を優先します。

今後増々、デフレが進行し個人消費が低迷するような流れが出来ているようです。

Sponsored Link

-お金, ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サウジアラビアが原油30ドルを切っても減産をしない理由?

Related posts: No related posts.

「資産1億円」の正体は2対8の法則。富裕層はマインドセットが強い即断即決型

 米国の一流大学の研究によると、経済的にも精神的にも大成功する「トップ3%」の人たちと、それに続く10%の人たちの間に、性格や資質面で大きな違いはあまりないとのことです。では、いったい何が成功と失敗の …

京大の心理テストでわかった「消費増税10%」は巨大な消費縮退効果を生む

京大の心理実験でわかった「10%消費増税」が日本を滅ぼすメカニズム。10%増税」は、これまでとは比較にならないくらい大きなインパクトを消費者に与え、消費が激しく縮退してしまう?! 心理実験で判明した消 …

「情報革命」の次は!?アメリカ進出でソフトバンク孫社長が抱く「カジノ参画」の野望

ソフトバンクグループの孫正義社長が6日、トランプ次期米大統領と電撃会談をし、米国での事業拡大戦略を日本の国会で解禁目前の「カジノ参画」も視野にあるようです。    約5兆7000億円と5万人 …

文字をキレイに書くコツ

文字をキレイに書くコツ 等間隔のルール

今書いている字体の個性を生かして、美しい文字を書くやり方があればと思いませんか?少し意識を変えるだけで文字は美しくなります。文字をキレイに書くコツをご紹介しましょう。 時と場合によって必要 子供の時の …

Sponsored Link