Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オルペラス

明るいニュースと楽しい話題をサクッと紹介

ニュース

1,000万人が僅か88校のエリート大学を目指す中国の壮絶な勉強地獄

投稿日:

冬といえば受験の季節です。毎年、最後の追い込みとなるこの季節にはピリピリした空気が学校や家庭で流れていますが、日本のお隣・中国の受験戦争の過酷さは日本の比ではないようです。

常軌を逸した中国の受験戦争

Sponsored Link

「重点大学」の指定から生まれる受験地獄

中国は質量ともにある意味、世界一の受験大国です。大学受験の場合、日本と同様の全国統一試験を受ける受験生はピークの時は毎年一千万人を超えたこともあります。近年では多少減ったものの、2017年の受験者数は依然として940万人に達しています。日本では、同じ2017年の大学センター試験の受験者数は57万人程度ですから、規模の違いはもとより、人口数に比した受験者数の割合にしても中国の方は断然高いです。

受験者数の規模に対して、2017年度の中国全国の「4年制正規大学」の学生募集人数は370万人ですから、4年制正規大学への進学率は約40%。日本では大学(学部)進学率は49%前後ですので、中国と日本の進学率はほぼ同等です。

日本の受験と比べると、今の中国は日本をはるかに超える「受験地獄」となっています。

さすがに科挙制度※を生み出した「儒教の国」なので、高卒が大学に進学しないことは本人の将来にとって大いなるマイナスになるだけでなく、親にしてもそれはとうてい容認できないようです。「あそこの家のバカ息子が大学にも上がれないのか」と陰口を叩かれることは、中国の親にとってこの上ない屈辱だからそうです。

科挙制度とは、科挙という語は「(試験)科目による選挙」を意味する。 選挙とは郷挙里選や九品官人法などもそう呼ばれたように、伝統的に官僚へ登用するための手続きをそう呼んでいる。「 … 家柄や身分に関係なく誰でも受験できる公平な試験で、才能ある個人を官吏に登用する制度は、当時としては世界的にも非常な革新であった。 https://ja.wikipedia.org/wiki/科挙

 

「読書人」が尊重される風潮

中国流の悪しき儒教的伝統においては、体を動かして仕事する職人が蔑まれる一方で、頭を動かして人の上に立つ「読書人」が尊重される風潮が今でも健在です。ゆえに、技術専門学校などへの進学よりも、やはり4年制正規大学への進学が好まれているようです。

 

「重点大学」と「非重点大学」に分類

大学への受験競争の激化に拍車をかけるもう一つの重要な要素があります。中国では政府が公然と、全国の4年制正規大学にランク付けをして「重点大学」と「非重点大学」に分類しています。

「重点大学」とは、要するに中国政府が「質が高い」と認定して「重点的に」バックアップする大学のことです。全国にある1219校の4年制正規大学のうち、「重点大学」に指定されたのはわずか88校です

そして受験生たちにとっては、同じ4年制正規大学にしても、「重点」と「非重点」の間には天と地の差があります。

 

1,000万人が88校を目指す超激戦

「重点大学」から卒業すると、就職活動において「非重点大学」のそれよりは断然と優遇されているし、「重点大学から卒業」との経歴は一生の財産となります。したがって何としても「重点大学」に入ることは、全国の親御と受験生の切実な思いです。

その結果、全国の千万人近い受験生たちは、わずか88校の重点大学を目指して争うこととなるから、中国の受験戦争の激しさは普通並みでないのである。

 

受験勉強では死ない、努力は一生涯の財産

受験生たちは高校に入ってから、学校と教師と親からなる「勉強せよ包囲網」によって羽交い締めにされ、この三方からの高圧の下で受験勉強に明け暮れるようになります。

 

学校と教師と親

  • 親にとっては、子供が受験戦争を勝ち抜いて重点大学に入れるかどうかは最大の関心
  • 高校にとってはどれくらいの卒業生を重点大学に送り込めるかは学校の評価に関わる
  • 担任の先生は、教師としての自分への評価だけでなく年末のボーナスにも大きく響く

たいていの場合、受験生は皆学校の中で寝泊まりするから、わずかな睡眠時間と食事以外の全時間は、教師の厳しい指導下で知識の暗記と模擬試験の繰り返しの中で日々を過ごします。全国の高校では以前から、受験生を激励するための名スローガンの一つは流行っているが、「勉強しすぎて死ぬことはない。だから死ぬほどまでに勉強せよ!」というものです。

 

入試百日決起大会

受験日が後100日と迫ってくると、全国の高校は全校を揚げて「入試百日決起大会」や「最後決戦のための誓いの大会」などを開き、長期間の受験勉強に心身ともに疲れ果てて限界を迎えた受験生たちに追い込みをかけます。そして入試前日の日は、ほとんどすべての高校は通常の授業を休んで、受験生を含めた全校の生徒だけでなく、受験生の親、本校から重点大学に進学したOBたち、そして地域の政府幹部までを招いて盛大な「出陣大会」を開きます。

その時、受験生を激励する言葉の描かれた旗やプラカードが学校のグランドを埋め尽くし、政府幹部に続いて校長先生、そして受験生の親代表が続々と登場して受験生たちに檄を飛ばす。そして最後、受験生一同は代表者の音頭で「決戦は明日にあり!、重点大学の合格証がわが手にあり!」と、天を衝く大声で一斉に誓いを立てるのは定番となっています。

これで翌日(普通は6月の初旬であるが)、受験生たちはいよいよ運命の二日間を迎えることとなります。入試の初日から、中国ならではの「感動」すべき風景が全国の仮設試験場の外で見られます。

 

背に腹は代えられぬ替え玉受験

受験生を試験場までに送り届けた親御たちはそのまま玄関口の前で一日も立ち尽くして子供が試験場から出てくるのを待つのである。その際はもちろん、「雨ニモマケズ風ニモマケズ」です。

そして毎年の入試にあたっては、合格するための不正があちこちで行わますが、一番多いのはやはり「替え玉受験」です。

闇の業者が「槍手=銃剣士」と呼ばれるプロの受験屋や重点大学の現役の大学生を雇って、さまざまな方法で受験生本人になりすまして試験場に入り、受験生の代わりに試験を受けます。場合によって、試験場の責任者や入試の監視官を買収して「替え玉受験」を実施することもあります。

2014年6月、中央テレビ局が「替え玉受験業界」の内幕を暴く番組を放映したことがあるが、この年では、例えば河南省の一省だけで127名の「槍手」が摘発されて逮捕された。もちろんそれは単なる氷山の一角のようです。

 

Sponsored Link

「状元」の末路からみる中国教育の危機

二日間に渡る入試が終わって結果が発表されると、そこからはまた、さまざまな喜劇と悲劇が始まることになります。

入試に失敗した高校生が自殺したり行方不明になったりする事件が毎年に必ず起きてしまい、その一方、統一試験にパスしたり、重点大学の合格証明書を手に入れたりした生徒たちと親族一同が無上の栄光と喜びを味わいます。

中国昔の科挙試験の首席合格者が「状元」だと呼ばれるのを因んで、各地方で実施された大学統一試験では、その地方のトップ合格者を「高考状元=統一試験状元」と呼んで大いに褒め称える習慣があります。

 

馬に乗って街中をパレード

「状元」となった受験生とその担任の教師は地方当局や学校から賞状と賞金をもらうのは普通で、「状元」のために盛大な祝賀会を開いたり、公衆の前で「状元」に赤絨毯を歩かせたりする地方もああります。2015年7月、山西省の晋城市では、状元となった受験生を馬に乗って街中をパレードしたことが話題なっていることもあるようです。

このように、大学受験に合格すれば、特に「状元」ともなれば、本人たちにとってあたかも栄光の頂点に立ちますが、それからの人生は常に栄光の頂点に立てるとは限らないようです

実際、この数十年以来の「状元」たちのその後の人生に対する追跡調査があり、それによると、「状元」となった受験生たちが大学を卒業して社会人になってから、その大半は同世代の普通の人々より格別に優秀で売るわけでもなけく、抜きん出で出世できたわけでもないようです。激しい受験戦争は結果的に、知識の暗記だけが取り柄の人材を大量に生み出したわけです。

 

海外留学を選ぶ中国人学生

こうした中国流の受験戦争に嫌気をさしたのか、最近、高校を卒業したら進学受験をせずにして、海外留学の道を選ぶ若者は増えています

国内の報道によると、今、海外留学の道を選んだ高卒は毎年20万人にも達している。そしてその人数は毎年の20%の伸びで増えているから、現代版の中国流「科挙試験」はますます多くの若者にそっぽを向かれることとなっているようです。

一党独裁体制で多様化する現代の中では様々なところに歪みが起こっており、その中でも中国の教育制度は深刻な危機を迎えているようです。

Sponsored Link

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ 症状と対処 口内炎が出来たら

今猛威をふるってる「ヘルパンギーナ」子どもの夏風邪の一つであり、手足口病と症状が似ている症状・対処法について調べてみました。 カゼの症状と口内に発疹 ヘルパンギーナは、エンテロウイルスが原因となる感染 …

「新・所得倍増論」のデービッド・アトキンソンが説く 日本経済再生のカギとは!?

「技術力」と「勤勉な国民性」で戦後の高度成長を成し遂げたと信じている日本人が目を覚ませない限り、経済成長出来ないと説いた「新・所得倍増論」(東洋経済新報社)が話題のようです。 ただし評価は賛否両論 ア …

アヴィーチーなぜマスカットへ行ったのか?マドンナとの関係と死因は?

スウェーデン出身の人気DJ、アヴィーチーさんが20日、中東オマーンの首都マスカットで死去した報じられましたが何で中東のオマーンへ行ったのか疑問に思ったので調べてみました。 Related posts: …

高値で売れるアルビノ?!「選挙と呪術」に利用されおびえ暮らす子供達

国際団体に保護された13歳のアルビノの少女が右腕を切断された【写真】。また、ブルンジでも、5歳の少女が自宅から連れ去られ、手足を切断された遺体で見つかった事件がありました。どうしてこのような事件が起き …

日本まで残り400キロ!北朝鮮ミサイル発射!平壌国際空港から日本まで距離約1200キロ

北朝鮮は18日午前5時55分ごろ、日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射したと 韓国軍合同参謀本部が明らかにしたそうですが、平壌から東京まで距離ざっと1200キロです。800キロ飛行したということは&# …

Sponsored Link