Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

簡単!夏バテ防止のドリンクを自宅で作る

健康

近年では、毎年、連続猛暑日の記録が更新されていっているようですね。もし、家族の誰かに夏バテの症状が出たら、早めの対処が必要です。夏バテ防止のドリンクも自家製で作って見ましょう。

Sponsored Link

夏バテとは?

この夏を、家族揃って健康に乗り切るために、夏バテ対策はしっかりしたいものです。

できるだけ夏バテの原因になるものを取り除き、夏バテとは、夏の暑さで食欲が低下し十分な食事がとれず、体力が失われて疲れやすい体になることです。

体がだるく無気力になり、休んでもなかなか疲れが取れません。夏バテをほっておくと、思わぬ怪我や病気のもとにもなります。

夏バテが起こる原因

気温とともに体温が上がると、身体は汗をかいて体温を下げようとします。

その時に汗と一緒にミネラルも排出してしまい、身体に必要なミネラルを大量に失い脱水症状を起こします。

脱水症状は、屋外の炎天下でなくとも、蒸し暑い室内でも起こるので注意が必要です。

また、冷房に長時間あたった後に急に暑い屋外に出ると、体温を調整する自律神経が気温の変化に対応できず、自律神経失調症になります。室内と外気との急な温度差に注意が必要です。

夏の暑さで、水分補給のために冷たい飲み物摂りすぎているうちに、胃液が薄まり、消化機能が低下します。

ビタミン、ミネラル、タンパク質などの身体に必要な栄養素の吸収が悪くなり、食欲不振になります。

夏バテの症状

下痢や便秘、吐き気や発熱などの症状があります。

しかしあまり自覚のないままに、体調不良に悩んでいるケースもあります。

胃もたれがする、思考力の低下、気力が続かない、朝起きても眠気がとれない、立ちくらみやめまいがする、全身の倦怠感、などがあれば、すぐに夏バテ対策を心がけましょう。

Sponsored Link

夏バテの対策と夏バテ防止ドリンク

夏バテを防ぐには、十分な睡眠と食事、適度な運動が必要です。

また、疲労回復にビタミンB1を摂りましょう。

ビタミンB1を多く含む食べ物には、うなぎ、豚肉、たらこ、いくらなどがあります。

また、ニンニク、玉ねぎ、にら、レモン、梅干し、お酢も一緒に摂りますと、ビタミンB1の吸収がよくなります。

おすすめは夏バテ防止ドリンク

甘酒はビタミンB1B2B6の他に、食物繊維、オリゴ糖、必須アミノ酸が豊富で、夏バテ防止ドリンクに最適です。

家でも簡単に作ることのできるレモンやお酢のドリンクは、乳酸を分解して疲労を回復するクエン酸が含まれています。

また、蜂蜜ドリンクには、ビタミンB2B6、ミネラル、アミノ酸、酵素などの栄養素があり、疲労回復に効果があります。

レモンのはちみつ漬け簡単レシピ!〜苦みなく美味しい日持ちする作り方

レモンのはちみつ漬け簡単レシピ!〜苦みなく美味しい☆日持ちする作り方♫〜 How to Make Lemon Honey Preserve

レモンは皮ごと使うので、無農薬のものを選び、塩でよくもみ洗いして熱湯をかけ、さらに水で洗ってから水分をよく拭き取って、薄めにスライスして蜂蜜に漬け込むのがポイントです。

まとめ

皆さんも、脱水症状や冷房による急激な気温差、冷たい飲み物の摂りすぎやミネラル・ビタミン不足に注意し、レモンやリンゴ酢で蜂蜜ドリンクを作って、夏バテ防止対策をしっかりとして、この夏を元気に楽しく過ごしてくださいね!

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント