Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

水泳のダイエット効果 水中脚痩せエクササイズ

水泳のダイエット効果スポーツ

水泳のダイエット効果

水泳はダイエットにとても効果的です。同じ時間のエクササイズと比較すれば、ジョギングよりも消費カロリーが高い水泳ダイエットの効果について調べてみました。

Sponsored Link

水中エクササイズ

身体を動かすのが苦手な人も、水中ウォーキングならいつでも無理なく始めることができますね。

水中ウォーキングで、また、水中エクササイズで、下半身を思いっきり動かして、スリムな脚を作ることのできるエクササイズをご紹介します。

水泳のダイエット効果

まず、最初に、水泳をしても太るという人は、水泳したことに安心して食べすぎる傾向にあります。

ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることです。

せっかく水泳で消費しても、消費を超えて食べてしまうとやっぱり太ります。水泳の後の食事にも気をつけましょう。

実は、泳げる人よりも泳げない人の方が多くカロリーを消費します。

泳げる人は泳ぐすべを身につけているので省エネで泳ぎますが、泳げない人は必死になって泳ぐので、よりたくさんカロリーを消費し、それだけダイエット効果が高いということです。

夕方が一番効果的

泳ぐ時間帯は、1日の間でも体温が高くなっている、夕方に泳ぐのが一番効果的にカロリーを燃やすことができます。

しかし、泳いだ後の夕食の食べ過ぎには気をつけましょう。

お昼は糖質をとっても良いのですが、夕食は、こんにゃくやひじきなどの、低カロリーでミネラルたっぷりの食事にしましょう。

また、鶏胸肉など、低脂肪高タンパクのお肉中心の身体の筋肉を増やす献立が理想です。

水中ウォーキング

水中ウォーキングは、水の抵抗がかかり、陸を歩くよりもカロリーを多く消費します。

正しい水中ウォーキングのやり方は、背筋を伸ばし、胸を張り、腕を大きく前後に振ります。

歩幅とスピードは、陸の上を歩くのと同じでします。

30分のカロリー消費量は約150180キロカロリーです。時間は30分から1時間が目安です。

週に23回のペースで3ヶ月は継続できるように頑張りましょう。

Sponsored Link

水中脚やせエクササイズ

今注目されているのは、水中のボディバランスやボディーコアです。

一箇所でとどまったままできることと、短時間に集中的にカロリーを消費できることが魅力です。

リズムに合わせて、リズミカルに脚を動かしてエクササイズしましょう。

まず、その場でランニングです。

この時、膝(ひざ)をできるだけ高くあげます。

次は、脚を閉じて開いて、グー、パーを繰り返します。

そして、その場で、腿上(ももあげ)ランニングし、

今度は、脚を開いた後にクロスで閉じる、クロススキップです。

次に、脚を開いて閉じる時に、左右の膝を高く上げるニーハイアップを挟み、またオープンクローズ、そしてニーハイアップをします。

最後に、膝を曲げて腰を落としたオープンクローズです。

これはまさに、水中エアロビックスですね。

この動作を繰り返して、下半身のカロリーをガンガン燃やし、下半身痩せに挑戦してみてください。

正しい動きはこちらの動画でチェックしましょう。

水中ウォーキングダイエット~歩くだけよりも効果的な方法~

水中ウォーキングダイエット~歩くだけよりも効果的な方法~

まとめ

プールの中では、脚や腰への負担が少なくトレーニングできます。

ただ泳いだりウォーキングしたりするだけでなく、水中で、ボディバランスやボディーコアのエクササイズをして、脚の部位を意識したトレーニングをしてみてください。

同じエクササイズを陸上でするよりもスムーズにできれば、ダイエットのモチベーションも上がります。

あなたも水泳で、体重を落とすだけでなく、美脚も手に入れて下さいね。

Sponsored Link
Sponsored Link