イースト島が消滅!巨大化するハワイのハリケーンとは?

Sponsored Link
更新日

イースト島が消滅!巨大化するハワイのハリケーンとは?

ハワイを襲った超大型ハリケーワカラの影響により海洋保護区にあるイースト島が消滅しました。消滅した島の場所とハリケーンによるハワイへの被害はどうだったのか調べてみました。

Sponsored Link

イースト島が消滅!巨大化するハワイのハリケーンとは?

Hurricane wipes out Hawaii's East Island

消滅した島の場所は?

消滅したのはホノルルから約885キロ北西にある無人島のイースト島です。

10月に島々を襲ったカテゴリー5のハリケーンワラカで高波にのまれ、水没したと複数のメディアで報じられています。

海洋保護区パパハナウモクアケア海洋国立モニュメントのフレンチゲート礁にあります。

このフレンチゲート礁の中では2番目に大きく4.5ヘクタール。

ちなみに、東京ドームが4.7ヘクタールなので、東京ドームの一回り小さいサイズの島が無くなってしまったことになります。

この地域の島々は、海底に沈んだ火山の上に砂が堆積してできています。

なので…

海面が上昇すると消滅してしまいます。

今回のイースト島の消滅は気候変動も一因となっているのではないかと専門家は言っています。

Sponsored Link

イースト島のBefore/After

ホノルル・シビル・ビートのTwitterだとイースト島のビフォーアフターがよく分かります。