Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイエットに適した筋トレでダントツでおすすめ種目は?

ダイエット


ダイエットで筋トレするのはいいと話には聞きますが、どんな種目がいいのかよく分からない方にお勧めのダイエット筋トレお勧め種目をご紹介します。

ダイエット筋トレおすすめ種目は?


ダイエットに一番いい筋トレ種目はスクワットです。

スクワットです。
スクワットです。
スクワットです。

大切なので3回言ってみました。

Sponsored Link

なぜスクワットなのか?

ダイエットのための筋トレの目的は、筋肉量を増やして基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい体をつくることです。

そのため、体の体積の占める割合の多い部分の筋肉を鍛えて、筋肉量を増やすことで効果がさらにアップします。

ちなみに、人の体の上半身と下半身の筋肉量の割合は3:7です。

下半身の中でも、筋肉量の多い体の部分は、太ももの筋肉です。

もちろん、腕の下のぷよぷよとした二の腕や、ぽっちゃりお腹を引き締めるのも大切ですが、筋肉量とすれば下半身の占める量が一番多くなります。

下半身の筋肉を鍛える最も効果的で代表的な筋トレが、スクワットです。

太もも筋肉3種類

  1. 太ももの前の大腿四頭筋(だいたいしとうきん)
  2. 太ももの後ろのハムストリング
  3. お尻の大臀筋(だいでんきん)

時間があればこのビデオを見てスクワットのトレーニングの仕方の全体像を掴んで下さい。

下半身を鍛えるスクワットとは?

特に、女性がお尻や足を綺麗に見せたいときは、太ももの裏側の筋肉を鍛えるスクワットのやり方をマスターすることが大切です。

太ももの前の大腿四頭筋を使うと、膝(ひざ)の上が盛り上がった筋肉太りのゴツゴツとした脚になってしまいます。

太ももの後ろの筋肉(ハムストリング)に効かすスクワットをして、それにつながるお尻の筋肉(大臀筋)を引き締め、ヒップアップ効果を狙いましょう。

ハムストリングに効かすスクワットとは?

太ももの後側のハムストリングに効かすスクワットのやり方は、空気椅子に座るような形で、深く腰を下げることです。

下の図が空気椅子に座る感じです。

自分で注意できるポイントは:

  • 腰を下げたときに、膝がつま先より前に出ないようにする
    ※上図「✖」が膝が出ている悪い例です。
  • 脚が床と平行になるまで、深く腰を下げる
    ※上図「〇」が平行になっているいい例です。
  • 3カウントで下げる(イチ、ニ、サン)
    2カウント止める(イチ、ニ)
    1カウントで戻る(イチ)

効果的に下半身を引き締めるには、このような正しいフォームでスクワットすることが大切です。

余裕があれば、完全に脚を伸ばさず、脚に負荷をかけ続けながら繰り返しましょう。

スクワットの理想的な回数は?

10回を1セットにして3セットからスタートするのが無理がないと思います。

その後、徐々に回数を増やして1セット15まで回数を増やすことが出来れば効果が実感出来るとはずです。

Sponsored Link

効果的な時間帯と頻度は?

時間帯は?

朝です。
朝です。
朝です。

大切なことなので3回言います。

朝は忙しいですよね。

そんな時間はない…
と怒られると思いますが、

朝3セット出来るようになれば、最初は疲れるかも知れませんが慣れれば体力もつきます。

朝、シャワーを浴びるなら髪の毛をタオルで乾かしてる時に3セット。

朝テレビでニュースを見るなら、CM毎に1セットづつでもOKです。

どうして朝は無理なら朝1セット帰ってから2セットでもありですね。

頻度は?

脂肪と筋肉量のバラスを変えダイエット筋トレであれば、スクワットは出来れば毎日がベストです。

最初は手の反動を使って10回を3セットやってみましょう。

まとめ

ダイエットのためには、体の体積の占める割合の多い部分を鍛えて、筋肉量を増やすのがおすすめです。

人の体で筋肉量の多い体の部分は下半身の太ももの筋肉ですので、スクワットはダイエットに効果的です。

スクワットを効果的に続けるには朝を押さえることです。

最初は手の反動を利用してもOKです。

何よりも大切なことは続けることです。

歯磨きと同じで「磨かないとスッキリしない」となればバッチリですね。

Sponsored Link
Sponsored Link