Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイエットに良い食事のレシピ!1週間の食事の取り方

ダイエット

ダイエットを始めようと思っても、具体的にどんな食事のレシピにしたら良いのか悩みますね。

1週間の食事で、ダイエットに良い和食・洋食のメニューをいくつかご紹介します。

ダイエット食事レシピ

そんな時は、和食と洋食を交互に調理したり、コンビニや外食で低カロリーなメニューや食材を探しましょう。

Sponsored Link

ダイエットに良い食事のレシピ:和食編

朝食:野菜スープ

日曜日に、大鍋で野菜スープを作っておきます。

野菜を豊富に入れたスープは、根野菜の橋切れやブロッコリーの芯で簡単に作れて、脂肪の燃焼を助ける効果や、デトックス効果があります。

休みの日に作り置きをしておき、忙しい朝だけでなく、1週間の食事のメニューに応用することができます。

また、納豆キムチと冷奴の朝食や、ひじきと高野豆腐、五穀米のおにぎりなども忙しい朝の朝食におすすめです。

昼食:和定食

昼食は、一汁三菜の和定食をいただきましょう。

アジや鯖の焼き魚に小松菜のおひたし、酢の物にお味噌汁と、日本の昔の食事のメニューを堪能しましょう。

お蕎麦やうどんと炊き込みご飯の定食セットでも、野菜も同時に取ることができ、また、その日の間に消費できる範囲の炭水化物の摂取カロリーになります。

昼は運動による消費があるので、糖質制限をするよりもご飯を食べたほうが良いでしょう。

食べ過ぎはNGですが、軽くご飯も食べて、仕事の合間に駄菓子やチョコレートなどを間食しないほうがダイエットには良いですね。

夕食:こんにゃくステーキ

こんにゃくは、表面に格子に切れ目を入れて、臭みを取るのに塩で揉んで熱湯でさっと湯がきます。

それから水気を取って、ごま油をひいたフライパンで、表面が少し白くなるまで焼き、鷹の爪、料理酒、醤油、みりん(糖質あり)を入れて、煮詰めます。

また、チンゲンサイ、きのこ類、玉ねぎ、キャベツなどお好みの野菜も一緒に炒めるとボリュームが出ます。

その他に、お刺身と海藻サラダ、茶碗蒸しなど、消化に良い油を使わない和食メニューがおすすめです。

Sponsored Link

ダイエットに良い食事のレシピ:洋食編

朝食:スムージー

バナナベースに、ブルーベリーやミックスベリー、キウイやリンゴ、小松菜などをブレダーにかけてスムージーにします。

カロリーは高くなりますが、ヨーグルトや牛乳を入れると、カルシウムも摂ることができ、お昼までのお腹の持ちも良くなります。

昼食:コンビニサラダとサラダチキン

サラダチキンはダイエッターの必需品ですね。

自前のナイフで綺麗にスライスして、しっかりとサラダセットの上に盛り付けましょう。

また、かぼちゃや人参を電子レンジでチンしたものや、ゆで卵、キャベツやブロッコリーの温野菜、寒天ゼリーなどの簡単お弁当を持参しても良いでしょう。

夕食:肉類の蒸し焼き

牛肉、豚肉、鶏肉など、肉類の脂身のない部分をさっと炒めて、野菜と一緒に蒸し焼きにします。肉類のタンパク質は豆腐よりも吸収率が高いので、しっかりと食べるのがおすすめです。

また、カルパッチョや温野菜のバーニャカウダなど、脂肪分を抑えたレシピならば、夕食の摂取カロリーを抑えることができます。

この和食と洋食のメニューを交互に取り入れ、日曜日はチートデイにして、何か好きなものを食べましょう。

絶対に食べてはいけないと言われているからあげやとんかつ、ピザやスパゲッティー、パンケーキやアイスクリームも、自分の1日の摂取量を超えなければ、日曜はオッケーです。

まとめ

摂取と消費のカロリーバランスを取れば、絶対に食べてはいけないものはありません。

問題は、ストレスを溜めて、暴飲暴食に走ることです。

平日は低カロリーレシピを和食と洋食と交互に食べて、日曜日は1週間の自分をねぎらい、楽しくダイエットしましょうね。

Sponsored Link
Sponsored Link