Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

太ももの脂肪を燃やしセルライトを消すエクササイズBEST 3

ダイエット

太ももの脂肪を燃やしセルライトを消すのに効果的な3つのおすすめエクササイズをご紹介します。

太もも燃しセルライト消す

このエクササイズは太ももの内側も外側も鍛えれます。

Sponsored Link

エクササイズの3つの要素

女性には嬉しい3つの要素が盛り込まれたエクササイズです。

  • 太ももがスリムになる
  • セルライトを目立たなくする
  • 股ずれ防止する

このエクササイズを定期的にやると、体の他の部分の脂肪も燃やす事が出来ます!

それでは具体的に3つのエクササイズをご紹介しますね。

サイトレッグレイズ

このサイトレッグレイズは、どこでも簡単にスペースさえあれば出来ます。

お尻全体を引き締めてくれますが、もっと効果的なのは太ももの外側です。

セルライトがある人は、このエクササイズを重点的に行えば、太ももの外側を鍛えるので滑らかな太ももを手に入れ、ジーンズのサイズダウンも出来ますよ。

具体的なトレーニング方法

サイトレッグレイズにはスタンディングと横になって行う二つの方法があります。

スタンディング・サイトレッグレイズ

まず、スタンディング・サイトレッグレイズからご紹介します。

立ったまま、足は肩幅にくらいに開き足が地面と平行になるまで上げます。左右の足を交互に行います。

最初は地面と平行まで足を上げることが難しいかも知れませんが、無理せず少しずつ平行になるように近づけて下さい。

※無理すると筋を伸ばしてしますので、無理は禁物です。

回数は、20回を1セットとして3セットして行います。

横になるサイトレッグレイズ

下記動画を参考にしてもらえればいいと思います。

動画では足に重りをつけていますが、最初は付けずにスタンディングと同じく20回を1セットで3セットで行います。

Side-Lying Leg Lift – Glute Strengthening Exercises for Runners

サイドランジ

このサイドランジで鍛えられる筋肉は以下の3つです。

具体的に各筋肉の効果を見てみましょう。

  • 大殿筋
  • ハムストリングス
  • 内転筋

大殿筋

大殿筋はお尻を覆う筋肉で、股関節の動きに関わります。

具体的に言えば、「ジャンプする」「走る」「椅子から立ち上がる」などに使われるため、足を動かす上では欠かせない筋肉です。

大殿筋はお尻の膨らみを作っている筋肉でもあるため、鍛えることでヒップラインを整えることができます。

ハムストリング

ハムストリングは太ももの裏側に位置する筋肉です。

主に「ヒザを曲げる」役割を担っています。日常生活においては「歩く」「階段を上る」などの動作で使われます。

ハムストリングを鍛えることで太もも裏を引き締めることができ、下からお尻を支えてくれるためヒップアップにもつながります。

内転筋

内転筋は太もも内側の筋肉です。

主に「足を内側に閉じる」動作を担っています。

鍛えることで内ももが引き締まるため、太ももの間に隙間が生まれやすくなります。また、たるんだ内もものお肉を引き上げてくれます。

このトレーニングも20回を1セットして3セット行います。

How to Do Side Lunges
Sponsored Link

ワンレッグ・ヒップスラスト

「ヒップスラストとはヒップを押し出すという意味です。

ヒップスラストはヒップラインのシルエットを良くしたいと思う方に最適なエクササイズです。

ファッションモデルの中にはスタイルの維持のためにヒップスラストを取り入れている人もいます。

動画は床の上に寝て行うヒップスラストですが、最初はこのパターンで1セット20回を3セット行って下さい。

次に少し慣れて来たら、高さ30センチくらいの台に足をのせて同じく1セット20回を3セット行って下さい。

Wznos biodra jednonóż / one-leg hip thrust

まとめ

ご紹介した3つのエクササイズは太ももの脂肪とセルライトをなくすのに最適です。

脚は、体の他の部分が細くなっても、しぶとく脂肪が残りやすい場所ですので、すぐに脂肪が落ちなくても、諦めないで下さい。

最初はあまり負荷をかけずにテレビなどを見ながら、ちょっとした空いた時間に行うようにして下さい。

まず習慣にしてから少しづつ負荷を上げて行くのが効果を早く出す早道です。

ワンクール三か月を目途に頑張って見て下さいね。


Sponsored Link
Sponsored Link