Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

世界で最も稼ぐ俳優 TOP 3 平均年収は? Twitterとインスタは?

お金
Sponsored Link

Photo by Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic

フォーブスがまとめた今年の「世界で最も稼ぐ男優」ランキングTOP3をご紹介します。

1位 ジョージ・クルーニー 約264億円

ここ数年映画でのヒット作に恵まれていないジョージ・クルーニーですが、その年収がハンパなくすごい。

自身が手掛けるテキーラブランド「カーサミーゴス(Casamigos)」を最大10億ドル(約1100億円)で売却したクルーニーが、自己最高額の年収2億3900万ドル(約264億円)で首位に輝いた。

英酒造大手ディアジオは昨年6月、カーサミーゴスを7億ドルで買収した上で、今後10年間の売り上げに応じて最大3億ドルを支払うと発表しました。

これにより、クルーニーは税引き前で推定2億3300万ドルの収入を得てました。

クルーニーの年収にはこれに加え、広告契約や過去作品からの収入が含まれています。

2位 ドウェイン・ジョンソン 約137億円

2位は「ザ・ロック」ことドウェイン・ジョンソンの1億2400万ドルです。

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』などの大作への出演で、巨額の前払い出演料と収益に応じた配当を手にしたジョンソンは、受け取った出演料の年間総額がフォーブスの芸能人収入ランキング「セレブリティ100」史上最大を記録しました。

さらに、ソーシャルメディアで多くのフォロワーを抱えていることから、広告契約料も増大し、昨年の収入はほぼ倍増しました。

Sponsored Link

3位はロバート・ダウニー・Jr. 約90億円

3位はロバート・ダウニー・Jr.の8100万ドルです。

ロバート・ダウニーJR

『スパイダーマン:ホームカミング』ではお馴染みのアイアンマンとして登場し、脇役での出演ながらも1500万ドルの前払い出演料を受け取りました。

一方、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』での出演料はその数倍に上っていいます。

同作で共演したクリス・ヘムズワースは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』などのマーベル作品への出演により年収6450万ドルを得て4位に入っています。

ランキングの対象となったのは、2017年6月1日~18年6月1日の収入で、各種手数料や税金が引かれる前の金額です。

トップ10人の年収総額は7億4850万ドル(約827億円)です。

一方、世界で最も稼ぐ女優ランキングのトップ10人の年収総額は、このわずか4分の1に当たる1億8600万ドルでした。

男女格差の要因の一つとして、多額の出演料が得られるシリーズものやアクション作品に出演する機会が少ないという利用のようです。

アメリカ人以外の俳優

ランキングには米国以外の顔触れも入っています。

ジャッキー・チェンは、年収4550万ドル(約50億円)でアジア勢トップとなる5位に入っています。

Top 10 Amazing Jackie Chan Fights

ジャッキー は昨年公開の6作品に出演しているほか、各種広告契約や、プロデューサー業、さらには自身が所有する映画館チェーンからの収入も得ています。

まとめ

ジョージ/クルーニーが友人と共に起業したテキーラの会社カーサミーゴスを売却した利益が年収に反映していますが、それにしても264億とはスゴイです。

ちなみに日本人の俳優で年収ランキングでトップが福山雅治さん3億2千万円、2位が木村拓哉さん2億8千万円と言われています。

トップ3の合計年収が491億円なので3で割ると163億円になります。この平均年収はあまり意味がないですが、同じ俳優でも日米の差はありますね。

Sponsored Link