NHKドラマ10 人気 理由 視聴者層は? 主題歌は誰が歌ってる?

Sponsored Link
更新日

NHKドラマ10 人気 理由

連続テレビ小説(朝ドラ)や大河ドラマで知られるNHKにおいて、金曜午後10時放送の「ドラマ10」が新たな人気ドラマ枠となりつつある人気の理由を調べてみました。

Sponsored Link

NHKドラマ10 人気 理由

現在も女優の小芝風花さん主演で、丹羽庭さんの同名マンガを実写化した「トクサツガガガ」が好評です。

小芝風花さんのTwiiter

視聴者から「今期(2019年1月期)ナンバーワン!」といった意見のほか、早くも続編、または特撮パートをメインとしたスピンオフの制作を望むファンの声が上がっています。

NHKの“金10”なぜ人気か?

金10”に枠移動してから今春で丸3年を迎える「ドラマ10」

「ドラマ10」が現在の金曜午後10時に放送されるようになったのは、今から約3年前の16年4月からです。

その第1弾として放送されたのが、石田ゆり子さん主演の「コントレール~罪と恋~」です。

戸田恵梨香さん、ムロツヨシさんが共演したTBS系連続ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」のヒットも記憶に新しい脚本家・大石静さんによるオリジナル作です。

小さな子供を持つ母親でもあるヒロインの“禁断の恋”を描き、ヒロインと同世代の子供を持つ40代女性を中心に支持を得ました。

以降、昨年度までに九つのドラマが制作されてきた「ドラマ10」です。

「知る人ぞ知るドラマ枠」からはみ出るようなヒット作が続くという状況にはならず、最近のドラマ視聴の盛り上がりの一つのバロメーターとされる“SNSウケ”という意味で、大きな話題になるようなドラマは多くありませんでした。

人気の転機は…

そんな「ドラマ10」の潮目が変わり始めたのが2018年に入ったあたりからです。

特に昨年7月期に放送された「透明なゆりかご」がターニングポイントになったと言っても過言ではないようです。

“真実の産婦人科物語”といわれている沖田×華(おきた・ばっか)さんの同名マンガの実写化で、当時16歳だった女優の清原果耶さんを主演に迎え、人工妊娠中絶(アウス)をはじめ、原作同様に妊娠や出産の“陰の部分”を正面から描き、20~30代の女性を中心に大きな共感を呼んだ。

清原さんらキャストを含む制作陣の熱意は、30~40代の男性や未成年といったメインターゲット以外にも親子2世代視聴「娘と一緒に見ています」という“うれしい誤算”もあったようです。

「昭和元禄落語心中」では

「昭和元禄落語心中」では、主人公の10代から老年期までを一人で演じた岡田将生さんをはじめキャスト陣の熱演がSNSでたびたび話題になりました。

“質の高いドラマ”を表彰する「第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」で岡田さんが主演男優賞、共演の山崎育三郎さんが助演男優賞を受賞しました。

「トクサツガガガ」でも

エッジーな作品作りという意味では今年1月に始まった「トクサツガガガ」も前2作に負けていません。

隠れ特撮オタク役の小芝さんの存在、オタクたちの生態に迫るあるあるネタや共感必至の名言の数々、「仮面ライダー」「スーパー戦隊シリーズ」で知られる東映の協力によって実現した、本気すぎる特撮パートに劇中ソング、他局のパロディーも取り込んだ演出に至るまで、人気の要因は多岐にわたるが、どれも“攻めている”というのが特徴だ。

視聴者層は?

視聴者層は大きく3つに分けることが出来ます。

  1. 30~40代の中間層
  2. 原作マンガのファン層
  3. 特撮ファン層

特に特撮パートは高評価

さらには仮面ライダーやスーパー戦隊が放送されている“日曜の午前(朝)”を引き合いに「ニチアサ感がハンパない」と言われるほどの特撮パートは子供のハートもとらえたようで、「息子と一緒に見ています」という視聴者の声も聞こえます。

まさにエッジーな作品作りが奏功した形の“うれしい誤算”ですね。

「トクサツガガガ」の人気を受け

SNSでは:

「透明なゆりかご、昭和元禄落語心中ときてトクサツガガガ。大変良き」
「透明なゆりかご→昭和元禄落語心中ときて、コレ!この枠のドラマ。ハズレなし!」「NHKドラマ10。相変わらずの作り込みの極み」
といった投稿が数多く見られるます。

このドラマの主題歌は?

ゴールデンボンバー/ガガガガガガガ Full size
Sponsored Link
Sponsored Link

ネットの声

  • 原作の世界を全く壊すこと無く見事に表現している。
  • 役者さんの熱が伝わってくるし、制作陣のプロ意識の高さを実感できる秀逸なドラマ。
  • 原島浩美とガガガは今期とても楽しみにしている。
  • ガガガは今期と言わず、過去も含めて上位に食い込む作品。本当に面白い!
  • これは面白い。子供も見られる7時台で、是非続編を放送して欲しい。
  • 劇中劇のキャラクターや、主題歌も半端でないし、七回程度で終了はもったいない。
  • 特撮の作り込みはしっかりしてて凄いよな。原作の感じとニチアサ感をしっかり再現出ているし、派手さはないけど実力のある役者さんがしっかり演じてて面白い
  • NHKの金曜10時のドラマが大好きです。俳優、女優の選択もいいし、脇を固める方たちもすばらしく、スタッフの愛も感じます。CMもないので内容が途切れず濃いです。毎回楽しみです!
  • この枠は、視聴率気にして有名俳優に頼りがちな民放より、脚本やキャストで自由にやれている感じ。主演俳優も、民放なら脇役になるような若手、あるいは昔は活躍したが今は傍に回っている人を主役にしている場合も多い。今回の「トクサツガガガ」は、ドラマ枠を減らしている民放なら深夜ドラマにしか入れられないはずで、この枠は、朝ドラ、大河に並ぶ俳優発掘再生の意味からも重要なドラマ枠になってる。
  • 昔はNHKといえばお堅いイメージだったけど、最近は民放のほうがとにかく無難なもの、普遍的なものに走ってる感じがある。
  • 録画を一緒に見ている4歳の息子が「ジュウショウワン見たい」って言い出し始めてます。漫画原作読んでる身としては、NHKでほんと良かった…。と。映像やカラオケの歌の凝り方が大好きです。俳優陣もぴったり。吉田さんの彼氏も出てくるみたいなので、個人的には大好きな駄作上映会までやってくれたら感激でしたが、駄作映画の映像を作るのはさすがに大変かなあ…。
  • 全七回じゃ足りないし、原作エピソードいっぱいあるので続編ほんとにやってほしいです。
  • 面白いです。オタクではないけれど、共感できる部分が多い(笑)ドラマ10は丁寧に作られているし、内容も様々で鋭いものも多い。ここ3作は特に素晴らしい。ただドラマ好きとしては、火曜の時も金曜に移った今も、時間がドラマ被りなのがもったいない。
  • この時間のNHKが意外に面白いので気付いたら見てしまっている。前作も含めて時代背景もジャンルも全く異なる作品を提示しながら作品自体もキャスティングもとても楽しめるし民放ではチャレンジしない企画と構成が従来のNHKらしくなくて好感をもてる。自分が興味の無かった俳優を認識させられる事も多く、年齢を問わず良い俳優を教えてくれます

まとめ

ドラマ全体がとても丁寧に作られている印象はさすがNHKさんと言わずにいられません!

小芝風花ちゃんの演技も周りを固める役者さんも息が合っていて本当に素晴らしいです。

このドラマの主題歌ゴールデンボンバーの『ガガガガガガガ』!このドラマに歌詞やメロディー共にめちゃめちゃぴったりです。

Sponsored Link