Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

仮面ライダー俳優 竹内涼真に続く ブレイク寸前 俳優9人は誰?

Sponsored Link

仮面ライダー俳優 竹内涼真に続く ブレイク寸前 俳優9人は誰?

仮面ライダーを経験した俳優の中で竹内涼真に続くブレイク寸前の俳優9人がネットで話題になっています!!

Sponsored Link

仮面ライダー俳優 竹内涼真に続く ブレイク寸前 俳優9人は誰?

こちらが仮面ライダー俳優 竹内涼真に続くに関する記事詳細です。↓

Sponsored Link

仮面ライダー俳優 竹内涼真に続く

佐藤健、菅田将暉、吉沢亮ら “仮面ライダー俳優”と呼ばれる役者たちの活躍が、以前にも増して目覚ましい。近々で大ブレイクを果たしたのは『仮面ライダードライブ』(2014~2015年/テレビ朝日)の竹内涼真といえるが、“ドライブ”以降の仮面ライダーに出演した俳優たちも、ブレイクを目前に控えた注目株ばかりだ。

■『仮面ライダーゴースト』(2015年~2016年)

 主人公・天空寺タケル役を務めたのは、オスカープロモーションの男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」のメンバーでもある西銘駿。2014年11月に「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞して芸能界入りし、1年以内に“ゴースト”の主演に抜擢というシンデレラボーイだ。“ゴースト”放送以後はシェフ、刑事といった社会人役を演じることが多かった西銘だが、昨年公開された映画『走れ!T校バスケット部』では、気弱な高校1年生バスケット部員役を瑞々しく好演。今年2月公開の映画『リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』では主演を務め、恋に不器用な理系男子を演じるなど着実にキャリアを重ねている。

 “ゴースト”出演後、大きく躍進したのがアラン役の磯村勇斗。2017年上半期の朝ドラ『ひよっこ』(NHK総合)で清純派イメージを定着させたかと思いきや、すぐさま『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)や『今日から俺は!!』(日本テレビ系)で、そのイメージを打破。昨年だけで『ういらぶ。』をはじめ3本の映画に出演するなど、絶好調である。また今月25日からは4夜連続で『ひよっこ2』が放送。一層の役者経験を積んだ磯村扮する“ヒデ”との再会が楽しみだ。

 深海マコト役の山本涼介は、雑誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルを務める傍ら、昨年は映画3本に出演。現在は舞台『PHANTOM WORDS』が上演中で、4月には映画『JK☆ROCK』の公開も控えている。さらに修行僧・シブヤ役の溝口琢矢は、『ドリフェス!』から誕生したユニット・DearDreamのメンバーとして活躍。一方で、今年だけで早くも4本の舞台出演が発表されるなど(公演終了・公演予定作含む)、いま注目の舞台俳優のひとりでもある。

■『仮面ライダーエグゼイド』(2016年~2017年)

 主人公・宝生永夢役を演じたのは、西銘の翌年に“ジュノン・ボーイ”グランプリを獲得し、同じく「青山表参道X」のメンバーでもある飯島寛騎。昨年『サーティワンアイスクリーム』のCMで藤田ニコルと共演すると「イケメン」と反響を呼んだ。今年は、映画『愛唄 -約束のナクヒト-』が公開されたほか、今月21日公開の『PRINCE OF LEGEND』では、虎視眈々と昇進を狙う下克上王子・鏑木元役を担う。6月スタートの舞台『ちょっと今から仕事やめてくる』では主演を務め、今後の飛躍に期待がかかる。

 鏡飛彩役の瀬戸利樹は、昨年『深夜のダメ恋図鑑』(ABCテレビ・テレビ朝日)で残念なダメ男を熱演し、5月10日公開の『チア男子!!』では本格的なチアリーディングに挑戦。檀黎斗役の岩永徹也は、人口上位2%のIQを持つ者による団体「MENSA」の会員という秀才ぶりを生かし、クイズ番組でも頭角を現す。

 ほかにも九条貴利矢役の小野塚勇人(劇団EXILE)は、天狗の特殊メイクで挑む舞台『春の修学旅行「妖怪! 百鬼夜高等学校」~一条通と付喪神~』東京公演が千秋楽を迎えたばかりで、まもなく京都公演が開幕。パラド役の甲斐翔真は、昨年出演した『花にけだもの』(フジテレビ系)、『覚悟はいいかそこの女子。』(TBS系)、『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)というイケメンだらけのドラマでも、独自の存在感を発揮。現在は映画『君は月夜に光り輝く』が公開中と、勢いに乗っている。

■『仮面ライダービルド』(2017年~2018年)

 主人公・桐生戦兎役を演じたのは犬飼貴丈。犬飼もまた “ジュノン・ボーイ”グランプリ受賞者だが、それは西銘や飯島以前の話。すでに演技経験を重ねていただけに、“ビルド”放送開始直後から、その表現力で視聴者を驚かせた。“ビルド”終了後には『獣になれない私たち』(日本テレビ系)に出演し、天才物理学者からポンコツ新入社員に早変わり。4月からはNHK朝ドラ『なつぞら』にも出演が決定し、“仮面ライダーから朝ドラ”という王道パターンで、大ブレイクまであと一歩に迫る。

 桐生戦兎の相棒・万丈龍我役を演じ、スピンオフ映画『ビルドNEW WORLD仮面ライダークローズ』で主演を務めたのは赤楚衛二。現在は『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系)に、パラリーガルの石和役で出演中だ。石和は、地上3階地下2階の家に住むお坊ちゃまで、仕事ではミスしがち。それでも憎めないどころか、重いストーリーの中で癒しキャラとして大きな魅力を放ち、ますます人気を集めている。

 いまや若手俳優を語る上で、絶対に欠かせない“仮面ライダー俳優”の存在。誰もが名を知る人気俳優へと駆け上るのは、一体どの役者か。今後の活躍から、目が離せない。

引用元:仮面ライダー俳優大渋滞!? 赤楚衛二、飯島寛騎、西銘駿らブレイク目前の注目株

仮面ライダー俳優 竹内涼真に続くに対するネットの反応の詳細です。↓

仮面ライダー俳優 竹内涼真に続くに対してのネットの反応

  • ちょこっとシブヤのことも書いてくれてるのが嬉しい。変身はしないけど良いキャラだったなー。赤楚君は演技も上手いし好青年なんで応援してます。
  • 競争の激しい世界だけど、みんな頑張ってほしいですね。
  • 福士蒼太や竹内涼馬は仮面ライダー主演からそれぞれ研音、ホリプロのプッシュでトントン拍子にブレイクした例ですが、佐藤健の後輩の渡部秀はオーズ主演すぐ朝ドラという王道コースでもブレイクせず、わたしが思うに作品のめぐり合わせもあるだろうけど本人の積極性も影響してる気がします。この中だと磯村勇斗は当初から演技力がずば抜けてましたね。個人的には犬飼くんもいいですがブレイクするには難しいポジションですかね。あえていえば西銘くんはセリフがひどくて、飯島くんもそれに準ずる感じで、相当奮起しないとブレイク要素皆無です。
  • 仮面ライダースナイプの松本さんも事務所はお辞めになりましたが、改めて舞台やドラマ映画などでお目に出来る日が来るのを期待しています。
  • 体制が整うまでお待ちしているので、改めて頑張って頂きたい。
  • ビルド陣の演技は素晴らしかったと思ったら皆どこかで何かしら経験積んでからだった。
  • 仮面ライダーで主演をやっても最終的には事務所の力なんだよなー
  • ホントに!どの人も気になる!!特撮出身俳優をいつもチェックしている私からすると、嬉しい記事です。もっと言って!
  • エグゼイドに出演してた松本享恭さんどうなったんだろう。
  • 仮面ライダー俳優と高校サッカーの女子マネージャーやった女優はわりとみんな売れてる印象ある。
  • シブヤは電王だから!実際変身(スーツ着た)佐藤健の後釜を立派に努めてますから!ライダーとしてのキャリアはあるよ。
  • 5歳の息子カメンライダーシリーズ、戦隊モノ大好きです。一緒に見ているのてま、CMやドラマに出ていた俳優さん女優さんが出ていると、何故か応援したくなります。

Sponsored Link

コメント